Griffith's Favourites

ライフハックとまでは行かないけど、物好き記録の場所。良いものを永く使いたいな。(*Flickrリンク切れは随時修正予定)

 

ヨドバシにてレンズ遊び


Category: Photo, Camera   Tags: ---
_2256008.jpg

先日のOLYMPUS Photo Festa2012の後、そのまま梅田のヨドへ遊びに行ってみました。

NEX-7を真面目に触ってみたかったし、X-pro1の実物も見たかったし、

いくつかの気になるレンズも、よく考えると実物は見ただけだし、というわけです。

まずはLumix G 8mm F3.5 Fisheyeから。

_2256018.jpg

当日は自分のE-P3を持ってたので、装着しても良いか店員さんに確認してみたところ快諾。

こういうつもりでE-P3を持ってたわけではなかったのですが、

こういう試し方があるとは自分でも思いも寄りませんでした(^^;)

_2256021.jpg

↑開放、ほぼ最近接。

_2256022.jpg

↑F8まで絞ってみた。




このレンズはマイクロフォーサーズを選ぶにあたり、ひとつの指標にしたレンズです。

これだけ小さく、軽く、苦手な倍率色収差も抑えられた魚眼があることに驚き、

またマウント設計によりレンズの自由度が変わるということを思い知らされた一本です。

・・・といいつつ、魚眼は魚眼なので結構いいお値段がするので、まだ手に入れてません(^^;)

(先にM.ZD 9-18mm買っちゃったのもありますw)

その内絶対手に入れるつもりではいますが、魚眼はMFでも良い気がするのでSamyangの7.5mmも気になるところです。

しかしあまり韓国製品を増やしたく無いので触手が伸びないという・・・。






お次はLEICAの25mm F1.4。

_2256017.jpg

ボケ味は開放から綺麗で柔らかいですね。

流石にNokton程の溶けるような味わいまではありませんが、普通に使うにはこちらで良い気がします。

_2256014.jpg

↑F5.6

絞ればカリッとしてきますし、とても出来の良い標準レンズな感じです。

それでいて一回り小さく軽いですし、AFもあるのでやはりちょっと羨ましくなりました(^^;)




Lumix G Vario 45-200mm F4.0-5.6

_2256036.jpg

↑ワイド端換算90mm

このレンズはM.ZD 40-150mmと散々悩んだレンズですが、換算400mmまで無くてもよさそうだし、

中望遠なので軽くて気軽な方が良い、なによりオリの方が安い(笑

のでオリのレンズを買ったわけです。

改めてパナのレンズを触りますと、大きさはあまり変わらない気がしますが重いです。

_2256038.jpg

↑テレ端換算400mm

M.ZDと比べてそんなに劣るようにも感じないけどなぁ。

まあ、お店で適当に撮ってるだけなのでそうなのかも。

レンズ内手ブレ補正はあったらあったでやはり便利です。

でも、M.ZDには軽いしテレ端300mmだから必要ないかな。




ついでに100-300mmも試してみよう。

_2256037.jpg

↑ワイド端換算200mm

_2256031.jpg


↑テレ端換算600mm

600mmだと流石に普段とは違う世界なので、ぐっと寄れる感じがします。

Exif見るとお分かりですが、1/50秒手持ちですが、僅かにしかブレてません。

もちろんレンズ側の手ブレ補正を使いましたが、スゲー効果です(笑



あとはM.Zuiko ED 45mm F1.8

_2256045.jpg

_2256046.jpg



セットでM.Zuiko ED 12mm F2.0も触らせてもらいます。

_2256050.jpg

_2256055.jpg



どちらも良いレンズですが、主にガワの部分で価格の差はあると思います。

しかし45mmは恐るべしコストパフォーマンスです。

最初はこの画角は要らないし、このレンズ自体寄れるわけでも無いし、と思っていたのですが、

M.ZD 40-150mmのワイド端を使うことが意外と多いことに気づいたので、最近急に欲しくなって来ました。

というか、中望遠の単焦点はやはりあった方が良いっぽいので、開発発表されてる60mm Macro、75mmの3本のうち1本はいずれ購入するつもりで居ます。

12mmの単焦点はガワの作りも描写も大変素晴らしいですが、等倍で完璧にきっちりシャキッとするわけでも無いのと、

流石にM.ZD 9-18mmを持ちながら12mm単焦点はゼイタク過ぎるので買いませんw






レンズはこれぐらいであとはNEX-7、X-pro1、GX1、GH2、他APS機・・・と触って来ました。

E-M5については先日書いたとおりですが、簡単な感想を述べますと、

 
 ダイヤル、ボタン周りの作りは流石。操作感はほぼ申し分無いように感じました。値段なりの価値がありそうです。四角いボディは賛否両論あれど、安っぽい感じはしないし僕は好みです。
 但しEVFは何故かそんなに見やすいとは感じなかった・・・のはOLYMPUSのに慣れてるから?

 
 初めて手にしましたが、ボディの作りはあまり良いとは思いませんでした。X100のときも期待してたよりはチープな感じにガッカリしたのを思い出しました。ファインダーのギミックは大変面白く、工夫されたものではあったけれど、あくまで実用的なものではないように感じます。(でも、ぶっちゃけた話嫌いじゃないです) 35mm, 60mmのレンズを試したけどAFはE-P3よりはもっさりした感じでした。センサー性能は素晴らしいようですが、全体的にレトロさを押し出しているようで、好きな人には良いのかもしれませんが"撮るため"でしたらもっと頑張るところがあって良い気がしました。(主に操作系)

 
 普通に使う分にはマイクロフォーサーズ機の中では現状、最も良いと思いました。E-P3よりももうちょっとちゃんと考えられた操作系は羨ましくも思います。但しEVFは内蔵されてませんので、そういう意味ではそんなに変わらないかも。

 
 もうそろそろGH3も出るようですが、触ったことがなかったので一応。ミラーレスに於いてはレンジファインダーライクなデザインが好きなのであまり注目していませんでしたが、やはり操作系ではピカイチに感じます。けれど僕がミラーレスに求めてるものからやはりちょっとだけ、ズレてるような気がしますが、GH3が出るのがとても楽しみです。









もう3時だ・・・

ちょっと適当ですが、思い付いたままに書いてみました。

まとめると、この先の予定としてはやっぱりレンズですね。

中望遠単焦点、そんなに高くなくて持ち運びにも困らないもの、かつそこそこ寄れるものを一本。

あとは400mmF8か300mmF6,3のミラーレンズを狙ってます。

前者は既に発売済みですが、MFT専用モデルでないのでちょっと損した気分なのと、

値段なりでそれ程シャープに写るわけでも無いらしいので躊躇するところです。

後者はまだどの様なものになるか現時点では正確なことは不明です。

ただし電子接点アリでExifを記録してくれるらしいので、この点に関して特に魅力的です。

でもなんだかんだ言って400mmぐらいあった方が望遠として楽しめるのかな、という気もしなくもないです。

あとは・・・魚眼ですね。魚眼は絶対欲しいです。

でも、将来的にAPS-Cのシステムを構築したときのことも考えてレンズを揃えないと(^^;)


Comments

Leave a Comment



03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

06

07


 
Profile

griffith5000

Author:griffith5000
趣味や雑記を、気の向くままに書いていこうと思います。最近はカメラ・文具・デジタル機器の話題が中心です。
コメントはお気軽にどうぞ(^^)

TOTAL: 検索エンジン登録
TODAY: SEO対策
YSTRDY: メール配信

アクセスアップ


  • Administrator
  •  
     
     
     
     
    Internal Search
     
     
     

    Archive   RSS   Login