Griffith's Favourites

ライフハックとまでは行かないけど、物好き記録の場所。良いものを永く使いたいな。(*Flickrリンク切れは随時修正予定)

 

広島弁


Category: Uncategorised   Tags: ---
大阪って案外普通に喋っても、普通ってのは広島弁なんだけど、大丈夫なんだよね。

というのは単語単位のイントネーションは大阪弁と似てるのが多いことに気づいた。

でも文章全体の流れが全然違う。

広島弁ってのは、標準語の波形(上がり下がりの調子)をちょっとキツくして、一部の単語の

イントネーションを英語と同じにした感じなんです。

ところが関西弁ってのはイントネーションの流れが標準語と全然違ってぐちゃぐちゃ。上がり

下がりの調子の波形自体が完全に崩れてるように感じる。(勿論自分らから見ると、ね) 

普段話してる限りは別にいらつくことはないけれども、英語の和訳なんかをあの流れで話され

るとものすっごいイライラします…岡山出身の先輩もそう言ってました(^^;



で、やっぱり方言って言うと地方でしか伝わらない言葉ってのが存在します。

例えば北海道でいう"しばれる"とかそんな感じのです。

大阪へ来ると、案外標準語だと思って使ってたのもあったりしてちょっと驚くことがあるわけです。

 自分) ○○するのはみやすいから大丈夫じゃね。

 相手) そうやね、××するのはみにくいからねぇ。←本当は語尾もなんらかの大阪弁だったはず

このとき自分はなんでみやすいに対してみにくいって言葉が返ってきたのか全然分からず、この人言葉通じないのか…と思ってしまったのです。

が…先ほどたまたまMixiのコミュを眺めていて気付いたけど、この"みやすい"って言葉は広島弁

なんですよねぇ(´・ω・`) 意味としては簡単、やりやすい、易しいです。

他にも"たいぎぃ"(しんどい+ダルい、面倒臭い)とか、あと"たわない"(届かない)ですかねぇ。

てっきり自分は、"たわん"が広島弁で"たわない"が標準語だと思ってました。

ちょっと面白そうなのでWikipediaを見てみました。

広島弁(ひろしまべん)は広島県で使用される日本語の方言。広島県は安芸地方と岡山県と接する福山市を中心とした備後地方に分かれ、方言もかなり異なっている。一般に広島弁といえば、広島市を中心に分布する安芸弁のみを指すことが多いため、本項でも広島県西部で使用される安芸弁を中心に紹介する。 備後弁については、備後弁の頁を参照の事。



備後弁(びんごべん)は広島県東部で使用される日本語の方言。広島県は安芸地方と岡山県と接する福山市を中心とした備後地方に分かれ、文化起源も異なるため方言もかなり異なっている。一般に広島弁といえば、広島市を中心に分布する安芸弁のみを指すので注意。



ふむふむ、ちゃんと純広島弁と備後弁(福山弁)をわけておるな、宜しい宜しい。

自分とその家族は仮にも広島市内出身なので、福山の人が結構これに気づいてないのに

ちょっとイライラしてましたがね(^^;

京都と大阪が100km離れてないのに方言にかなりの差がある。が、広島と福山は丁度100km

離れている…というとどれ程差があるのかお分かり頂けるハズ。

呉地方には、山口東部の言葉で江田島などの広島湾にある諸島部を経由して来たものがある。例えば「~だから」にあたる語は「~じゃけぇ」ではなく「~じゃけん」で、語尾に「ちょる」や「ちゃる」などが用いられ、一般的な広島弁とは少し異なる方言を持つ。江田島や能美島、倉橋島でも同じ傾向が見られる。



父方の祖父母がこれですな。今でこそ呉市内となってしまいましたが、確かに呉に近い

瀬戸内海の島に住んでるので(^^;

かつては、「ハワイの標準語」又は「カリフォルニア州の標準語」と言われたくらい海外で幅を利かせた言葉で、現代のアメリカでは、日系人は四世、五世の世代となって使わなくなったが(但し80歳代以上の二世が、たまに使用する場合がある)、19世紀から20世紀半ばのアメリカで日本語といえば山陽・北部九州ミックスの日本語が主流であり、とりわけ「広島弁」の影響が最も強かった。



なるほど、確かに海外移住者の人数が最も多かったのは、実は広島県なのですよ。

そういうことを考えればこれは必然ですな…でも知らなかった(^^;

備後地方の備後弁は基本的に岡山弁に近く、尾道市、三原市といった備後地方東部は語彙・イントネーションともに岡山弁(特に備中弁)と大差ない。安芸弁よりも口調が早いとの印象を持たれることがある。「福山のなぁなぁ語」といわれることもあり、上記『のう』のかわりに『なぁ』に変化する。「じゃけぇなぁ;ほやけんなぁ(だからね)」「ほいでもなぁ;せぇでもなぁ(けれども)」



これこれ。小学校の頃まわりの友達が「なぁなぁ、~」って会話を始めるのに凄く違和感を覚えた

記憶が蘇ってきた。広島弁と備後弁でイントネーションのキツさが違うんだけど、この境界は

確かに三原なんだよなぁ。



Wikipediaではこのあと語彙が沢山続きます。といっても半分近く知らないし、半分以上は使わない。

使わないけど意味・イントネーション共に分かるのも多い。けど使ってるのは…暫く治りそうには

ありません(^^;



あずる…てこずる、苦労する。「車がぬかるみにはまって、あずってあずってのう(車がぬかるみにはまって、苦労しました)」(県北)



これ一度Mackeyに使われて困惑した記憶が。広島市内じゃ使いません(^^;

いっこも…一つも、全然。「あんたぁいっこも分かっとらんじゃない(あなたは全然分かってないじゃない)」



あれ、これも方言だったんだ(・∀・;)

うち…私



これも…通じないの(・ω・;)?主に女性が使いますが。

おいい…標準語では、多い(おおい)であるが、広島在住者、及び出身者は、この言葉を標準語と思い込んでいる場合が多いため、東京などに居住が長くてもしゃべりにこの言葉が残る場合が多い。



これ治りませんねぇ…(;`ω´)

~よりか…~よりは。比較で使う ~よりは、が、~よりか、となる。「思ってたよりか、こまかった(思っていたよりは小さかった)」



んー、これ使ってるな、絶対…

こまい は使いませんが(^^;

押しピン…画鋲



エエエエェェェェ(゚Д’)ェェェェエエエエ

かける(駆ける)…走る。広島では「はしる」は別の意味にしか使わず(「は行」の項参照)、もっぱら「かける」と言う。



これは別に年寄りを除けばはしるで通じると思う。

くる…切る。トランプをくる(トランプを切る)。トランプ以外では使用はしない。



気づいてて、治らないという良い例(・ω・;)

~けえ、~け…理由や約束を表す「から」。元は古語の「~けに(故に)」と言われるが異論もある。今でも広島の話し言葉に根強く残っている。「今度、こうたげるけえ(今度、買ってあげるから)」「今から行くけえのう(今から行くからね)」「怒らんけゆうてみぃ(怒らないから話してみなさい)」。方向を表す「から」は、広島弁でも「から」である。「どっからきんさったんの(どこから来られましたか)」



これも使いがち(;`ω´)

~さい…しなさいの意。標準語の「~しなさい」よりも強制度は低い。「はよ寝んさい(早く寝なさい)」「これ食べてみんさい(これ食べてみたら)」。子どもや家族など親しい人に対しては「~ちゃい」とも言う(主に女性)。「持って帰りんちゃい(持って帰りなさい)」



福山の人はあまり使わないけど、自分は使ってしまうという良い例。

そんなん…そんなの、そんなこと、そこまで。近年、広島の子供たちが「そんなんなろーとらんし(そんなの習ってないのに)」「そんなん笑わんでも(そこまで笑わなくても)」等という。



これ県外だと違和感あるのかな…

そんなん知らんわ!とか言うけど(^^;

たいぎい…面倒くさいなどネガティブな意味。古語の「大儀」が変化したものと言われる。一部ではせんない(山口県の方言)という説があるがあまり有名ではない。広島県人が世代を問わず非常に良く使う言葉。じゃけぇと並んで広島弁の中でも有名な言葉のひとつ。「たいぎいけぇ行かんかった(面倒くさいから行かなかった)。」また、たいぎいを人に対して使うことによって、うざったいという意味を表すこともある。「○○君はたいぎい(○○君はうざったい)。」「おまえたいぎいんじゃーや(あんただるいね)」など(全域)



これか…この世代を問わず、ってのが重要なんだよね。

方言って大抵年寄りになるほど使うから。

でも逆に老若男女問わず使うものは本当に標準語だと思ってしまうことも多い。

たう…届く。「天井に手がたう(天井に手が届く)」「プールに足がたう(プールに足が届く)」広島県人が標準語だと思っている言葉の1つ。



さっき言ったとおりですな。

つぐ…「注ぐ」が転じて、車にガソリンを給油する、ストーブに灯油を継ぎ足すときに用いる(標準語ではそれぞれ「給油する」「継ぎ足す」)



えっ、これいけないの(・∀・;)?

つまらん…駄目な、面白くない、機能しない、くだらないの意。結構多用する言葉。「電話がつまらんようになった(電話が壊れた)」(西部)



あー…これも気をつけなきゃなw

どしたん?(どうしちゃったん?)…どうしたの?の意。親しい間柄だけで使う。関西弁で、どないしたん、にあたる。



なるほどなるほど、確かにそうだ…でも どしたん?は治らないだろうなぁ。

ぬるい…(お湯の温度が)低い。冷たくもなく熱くもない様子を表す。



えっ、標準語じゃないのこれ?

ぶち…とっても、ものすごく、の意。比較的新しい方言で、昭和50年代に九州地方の方言が流入し、広島の若者に定着した。強調するときは「ぶちくそ」となる場合もある。「ぶちえらぁ(とってもしんどい)」(全域)



これ新しいんだ…普通に使いますがw

ちなみに福山は ぼれぇ とか ぼっけぇ とか言うよな…自分は全然使わないのですが(^^;

みやすい…簡単なの意。「そりゃ、みやすいの(それは、簡単だね)」県北・東部は「みやしぃ」(西部)



福山は東部なのですが、確かに福山人は ~しぃ、~しゃぁ とか使いますねぇ。

○○ら…名詞・代名詞の後に付けて複数形になる。標準語では「彼ら」のように人を意味する名詞・代名詞にしか付かないが、広島弁ではあらゆる名詞・代名詞に付けてよい。「うちら(私たち)」「子供ら」、「あれら」、「車ら」、「あんたら」「横ら(横の辺り)」「そこら、そこいら(その辺り)」「昨日ら(昨日なんか)(全域



え、これ知らなかった…"自分ら"ってさっき使ったような、気のせいかな・・・

○○れん…広島弁は「○○しない」という動詞は「○○せん」という「野球せん(野球しない)」が、同様に「○○れない」という動詞の時は「○○れん」となる。「食べれん(食べれない)」「走れん(走れない)」



これも暫く離れそうにないですな(^^;








はい、長かったですが終了です。お付き合い頂いた方どうも~(^^*

単に自分が暇なだけ

広島人なら読んで面白かったハズ(笑

次は大阪弁を勉強しましょうか(・∀・)


Comments

俺教育国語科だから前期方言を結構やったけど面白いよね(^o^)

三原が方言の境界ってのはわかる気がするよ
 
No title
遅くなってしまいましたが、合宿お疲れ様です(*´∀`)
自分にはそんな自由な日常が羨ましい(ノ∀`*)自分もやってみたいなぁw

広島弁の中には自分でも使ってる言葉がちらほら。たぶん発音?は違うかもねぇ(´・ω・`)
暇じゃないけどなぜかすべて読んでしまった俺は何?(ぇ
 
No title
σ(・∀・らが使ってる言葉で
わかったのは


いっこも
うち
~よりか
かける(駆ける)
押しピン…画鋲
~さい
そんなん
つまらん
どしたん?
ぬるい
○○ら
○○れん

だね。
みやすい、は見易いとしか思えないで
自然と反語が見難いになってしまうが('A
押しピンは理解できるって程度で
それ以外の↑にコピペした奴は全部普通に使ってるんだけどね。

因みに ~よりか
は更に ~よか
に省略されてたりするんだが。
 
No title
>>ミライ
そうだったんだ(笑
方言って凄い狭い範囲でしか通じなかったり、逆にかなり広範囲でも通じたりするから面白い。

>>空広s
どもー(^^*)ゞ 自由な日常、かぁ…w

んー、どうだろう?確かに文字だけだと発音は分かんないからねぇ~ チャットでも"つまらん"とか"そんなん"とか使っても全然平気なぐらいだから、その系統のはかなり標準語的なのかな?

全部読んでくれただなんて、嬉しい限りですょ(・∀・)


>>ろれ
おぉ、なるほどなるほど。結構通じるんだな…でも"みやすい" "たいぎぃ" "たちまち"は要注意だな(;`ω´)
なんか自分は押しピンと画鋲では形状が違うように感じる。丸いのに針が刺さってるだけのが画鋲、持ち手がついてるのが押しピン、って感じかな。きっと普通は両方とも画鋲っていうんだろうねぇ。
 

Leave a Comment



01 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

12

02


 
Profile

griffith5000

Author:griffith5000
趣味や雑記を、気の向くままに書いていこうと思います。最近はカメラ・文具・デジタル機器の話題が中心です。
コメントはお気軽にどうぞ(^^)

TOTAL: 検索エンジン登録
TODAY: SEO対策
YSTRDY: メール配信

アクセスアップ


  • Administrator
  •  
     
     
     
     
    Internal Search
     
     
     

    Archive   RSS   Login