Griffith's Favourites

ライフハックとまでは行かないけど、物好き記録の場所。良いものを永く使いたいな。(*Flickrリンク切れは随時修正予定)

 

望遠マクロの世界


Category: Photo, Camera   Tags: ---




Tokinaのミラーレンズですが、300ミリという超望遠にも関わらず0.5倍の撮影が可能です。

35ミリ換算ですと等倍ですから、立派なマクロレンズです。

以前、ピント合わせが難しく上級者向けのレンズだといいましたが、

ちゃんとコントラストの出る被写体・場面を判断するのも必要なので、難しいレンズなんです。

逆光でなくてもダメなときはダメなんですよね~

ISO12800


Category: Photo, Camera   Tags: ---


普段、E-M1はISO2000をオートの上限に設定してて、それ以上を使うことはほぼ無いのですが、

ちょっと試しにISO12800までゲインアップさせてみたらJPEG撮って出しも中々イケるものでした。


昔、夜中にDSC-R1でISO3200で同じアテンザのメーターを撮ったのですが、ノイズだらけ&レンズの暗さでブレブレで、

まだまだ使えたものではありませんでした。

それが開放F1.8という明るさに加え、換算150ミリながら強力な手ぶれ補正でブレない。

加えて画像処理エンジン随分と良くなっていると感じます。

カメラを買い換える毎にRAW現像から出してきた画像の割合が少なくなりつつ有ります(笑

試写編 - Tokina Reflex 300mm F6.3


Category: Photo, Camera   Tags: ---
購入直後に近所を出歩いてみました。








画角が狭くなるほど無意味なモノを撮りたくなる気がします(笑

換算600ミリの望遠となると、去年の夏にLumix100-300を手放して以来になりますね。







そしてリングボケ。日が暮れる頃だとあまり出せる場面がなかったので、わざとアウトフォーカスさせてw







川辺に鴨さん見つけましたので、積極的に撮ってみます。






この場面ではボケがちょっと煩く感じますね。

F6.3とはいえ、焦点距離300ミリ。被写界深度が凄く浅いです。

正直コレ、初心者さんには無理なレンズです。

MF慣れしてない人だとマトモにピントが合わせられないかと。

Finepix F700やDSC-R1の頃からMFをやってますが、E-M1の素晴らしいEVFでもピント合わせに迷う場面があります。

正直ここまで微妙だと、本当に良いOVFかEVFの拡大機能に頼る感じがあります。

場面によっちゃ拡大せずとも合わせられるので、E-M1のEVFは素晴らしいなと思いますが(^^*)ゞ







実はこの日、もう一枚鴨さんの写真があったのですが、ピン甘でボツになってます。

羽にピントが合うと目にはもうピントが来てないというね・・・

300ミリだから分かっちゃいるんだけど、MFのみってのは慣れが必要だと思います。

逆に言えば、それだけ像面コントラストAFの精度って良いものなのよね(笑






鳩さんも追いかけてみました。リングボケが綺麗(笑

鳩さんの目とリングボケがよく合う一面かと思います。

かのプロ写真家の作例と、若干似てるかもしれませんが、こちらの方がだいぶ引いて撮ってますしね(^^*)ゞ






F6.3なので日が暮れるとマトモにシャッター切れる速度(1/250)でもISO2000までゲインアップします。

E-P3だったらISO800、1/80程度になるでしょうから、もうお手上げですよ(笑

極力な手ぶれ補正と共に、E-M1の能力に感嘆するばかりです。

しかし、3ヶ月少々で1万1000回シャッター切ってるらしいけど、大丈夫なんかな・・・

計算上、2年は大丈夫っぽいけど、動きモノ撮り出したらすぐにシャッター潰しそうな予感(笑

Tokina Relfex 300mm F6.3 Macroを買いました


Category: Photo, Camera   Tags: ---
つい出来心で、安くて遊べるレンズを買い足してしまいました。



発売前から欲しくて本当に買いそうな勢いだったのですが、やっぱり勿体無いかなーと思いあのときはなんとか堪えました(笑






Tokinaはアクセサリー類でお世話になることはありましたが、レンズは初めてですね。






レンズ本体の仕上げですが、そこそこ良いかと思います。

同じ価格帯のM.Zuiko 45mm F1.8と同じぐらいの満足感はあるかな?






さて、到着時はこんなに小さく丸まってました。

レンズフードが逆付け出来るので、実焦点距離300ミリながらも本当に手のひらに収まります。






例のごとくヤフオク中古で、箱は無かったのですが付属品は完備でした。








ちなみにレンズフード内側は植毛仕上げです。

仕上げというかまあ、貼ってるだけなのでしょうが、コストの範囲内で精一杯頑張ってる感じです。

ミラーレンズはほんとフレア・コントラスト低下が起きやすいですからね。

しかし、こうやって少し斜めから除くと反射が見えるので面白いです。

ミラーレンズが初めてだとこれだけでなんとなく自己満足が得られますね(爆






エロいけど反対側からも覗いてみちゃう(謎

同心円上の模様はまさにミラーレンズ特有!







一応定番のプロテクターが付いてました。

折角なので使いますが、邪魔してるようだったら外します。

600ミリとなるとレンズフードも深いので、レンズの安さもあって正直プロテクターはどっちでも良かったります。

(実際45mm F1.8は生で使用中)






E-M1に取り付けた感覚ですが、凄くバランスが良いです。

とても600ミリの望遠とは思えない身軽さです。

M.Zuiko 12-40mm F2.8 PROよりも一回り細く、軽くて身軽です。

意外と重いんだな、あのレンズは(笑







次回、試写編です。どんだけの人が見てくれてるのか知りませんがお楽しみに( 。・ω・。)ノ

Amazonギフト券


Category: Uncategorised   Tags: ---
_7020022.jpg

まさか本当に当たるとはなぁ(笑

新社会人+ひろぎん口座開設+クレカ作成+Paspy加入という条件で抽選100名までに当たるもの。

あんまりこういう懸賞に応募したり当たったりした事が無いタイプなので、地味に嬉しかったりします笑

iTunesをMacへ移行させました


Category: PC&Game   Tags: ---
Twitterの方ではときどき呟いてますが、そろそろ自作のWindowsを止めてMacに一本化しようと思っています。

理由は色々とあるのでまた書こうと思いますが、端的に言うと「PCを2台持ってる意味が無くなってきた」、

「楽でスマートな環境を作りたい」、「Windowsが面倒くさい」といった感じだと思います。

ちょっと時間があったので、手始めにiTunesを丸ごとMacに移してみました。

iTunesは初代iPod nanoが発売されてからずっと使い続けていて、音楽とiPhone&iPadのバックアップを任せています。

MacBook AirのSSDが128GBと少ないのと、Windowsの方にOnkyo SE-200PCIを搭載してるのとで、

Apple製品を3つも使いながらiTunesはWindowsの方で使ってたのです。





さて、iTunesを移すとなると、30GB近い音楽データを移動させねばなりません。

そこで外付けHDDとなるのですが、WindowsとMacではフォーマットが異なる(MacはHFS+でWindowsはNTFS)ので、

そのまま繋いだだけではダメなのです。

ちょっと調べたり試してたりしてるうちに、Windowsでもフリーソフトを使えばHFSのドライブも読めるのですが、

書き込みは無理だと分かりました。

そこでまずは、MBAのTimeMachine用に使っている1TBのポータブルHDDをexFATでフォーマットします。

Screenshot 2014-07-05 14.44.40

フツーにexFATを選択してからフォーマットするだけです。簡単です(笑



Screenshot 2014-07-05 14.46.43

フォーマットしたのはいいのですが、Time MachineはHFSでフォーマットし直さないと使えないようです。

まあ、どのみちexFATだと暗号化だとかファイル検索機能だとか諸々が対応してないらしいので、

exFATのまま使い続けるのもそんなに意味がありません。

Windowsの方も特に問題なく接続・認識してくれましたので、ポータブルHDDにコピーしてMacに再度コピー。




Screenshot 2014-07-05 15.40.09

WindowsからHDDに読み出すのと、Macへ書き込むのとではだいぶ時間が違いました。

USB2.0なのもあり、Windowsの方は15分ぐらい掛かってたような・・・

MacのSSDが速いっていう事もあるかと思います。

iTunesフォルダ毎コピーしたはずなのですが、何故か☆マークとかプレイリストが消えてしまいました。

ま、☆は別にいいしプレイリストもあんまり使ってないので作り直すのは1つだけで良いのですが、どうせなら復活させたいな~

もうちょっとあれこれしてみてもいいけれど、この夏からApple Loss Lessでライブラリを再構築しようと思うので、今回はこれで良しとします(爆

リンゴのマウスパッドを買ってみました


Category: PC&Game   Tags: ---
_6230080.jpg


今までずっとTSUKUMOで買い物したときに付いてたマウスパッドを使ってました。

多分、2012年にPCを組み直したときに付いてたものだと思うのですが、

薄くてじゃまにならなかったし、性能的にはマウスの滑り、動きの正確さともにとても良かったので意外と使い続けてたのですよね。

ところが引っ越しのときに捨ててしまったので(さすがに、もういいでしょう・笑)暫くマウスパッド無しだったのですが、

机にビニールシートを敷いてるせいもありまして、レーザーマウスでもあった方が動きが良いようなのでAmazonさんで適当に注文してみたのです。

760円ぐらいだったような気がします。



_6230081.jpg

フェルトって事でこれまた何年も使えるものでは無いと思うのですが、マウスの滑り・ポインタの正確さ、

共にパーフェクトに近いです。

そして何より見た目や色も気に入ってしまいました。

まあ、またリンゴが増えただけなんですけど(笑

実は身の回りのものでちょいちょい、この派手目の黄緑のものがあるので相性が良いという理由もあります。

思ってた以上に良かったので、職場にも置いてしまおうかな・・・(笑

07 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

06

08


 
Profile

griffith5000

Author:griffith5000
趣味や雑記を、気の向くままに書いていこうと思います。最近はカメラ・文具・デジタル機器の話題が中心です。
コメントはお気軽にどうぞ(^^)

TOTAL: 検索エンジン登録
TODAY: SEO対策
YSTRDY: メール配信

アクセスアップ


  • Administrator
  •  
     
     
     
     
    Internal Search
     
     
     

    Archive   RSS   Login