Griffith's Favourites

ライフハックとまでは行かないけど、物好き記録の場所。良いものを永く使いたいな。(*Flickrリンク切れは随時修正予定)

 

オリンパスE-M1を買いました!


Category: Photo, Camera   Tags: ---


堪え切れませんでした(笑

19日(水)に我が家にやってきて、Twitter上でも一言もつぶやかずにニヤニヤ(・∀・)してました。

発売前にE-M1を触ったときにも言ったと思うけど、こういう機種がいずれオリンパスから出るんじゃないかと思ってE-P3を買ったんですよね。

だからもう、自分にとって(現状では)完璧な一台だし、絶対欲しかった。

値段も正直、カメラとして高いとは思わないし。まあ、大学生が趣味で買うにはかなり高価だけどw

単発では人生で3番目に高いお買い物となりました(笑

微妙に、Lacroixの時計の方が高かったりする(笑





とにかくもう・・・

このさき1ヶ月の旅行でガシガシ使えると思うとタマラナク嬉しいですよ!

梅が咲く


Category: Photo, Camera   Tags: ---



先週までつぼみだったのが咲きました。

この梅の木も今年で見るのが最後なのかなぁ、と思うと寂しくなりますね。

夜遊び


Category: Photo, Camera   Tags: ---


D200にて撮影。ISO800でF2.8だからSSは1秒なんだけど、もちろん手持ち。

10MP機なのと手ぶれ補正もあるけど、2キロ近い機材は非常にホールド性が良くて、ちゃんと構えたときは全然ブレないね。

2枚撮ったうちの1枚が使えるショットで、ちょっとビックリ。

ほんの僅かにブレてるけど、A4印刷もギリいけるかも。





それにしても、D200はハマれば十分いい画が撮れますね。

昼間の空のヌケの悪さだとか、LPFの効きの強さだとか、ハイライトの粘りが無いとかありますが、

分かった上で使うのなら今でも現役で使えるんじゃないのかな。

今回のなんか全く色調整してませんし、あの時代でISO800がこれだけクリアに撮れるとは・・・

撮ってる感じはすごく軽快です。シャッターの音もいいし、サクサク切れる。

さすがハイエンド機だけあります。

いざとなってもライブビューが使え無いのは、逆にフィルムカメラ感覚に近くて懐かしいぐらい。

これならS5 Proはとりあえず買うことにして、あとはどれだけS5 Proにハマるかが楽しみですなw






ただ、レンズがちょっと気に入らないかもしれない。

使えるんだけど、なんか面白くないというか、イマドキD200を使うんだからそこはもっと気の利いた組み合わせの方がしっくり来る予感がする。

ベタだけど35/F1.4とか50/f1.4(or f1.8)あたりを買い直すのが幸せになれる気がする。

B&W


Category: Photo, Camera   Tags: ---


以前よりもモノクロ写真が好きになってきたかも。

僕は元々色彩感を重視する方なんだろうけど、うまーく使えば光の感じを表現出来る気がする。

だいぶ前から徐々に分かるようになった(気がする)んだけど、やっぱりコトバじゃ説明出来ない(汗

モノクロの写真が好きな人って、全部モノクロで撮る人が少なからずいますよね。

見る度に、なんでもかんでも白黒で撮ればいいってもんじゃねーぞ?

と、思ったものですが、フィルム感覚でシャッター切る人たちなのかなーと。

そういう意味では僕はスナップ如きでも乱射し過ぎかもw

より良い研師を目指して修行中


Category: Gourmet   Tags: ---
キッカケは去年の年末。

例年通りおせちの仕込みを毎日15時間ぐらいやらされたのですが、

例年以上に切り仕事をやらされるようだったのもあり、ミソノの牛刀を持参で行ったのです。

ここでちょっとびっくりしたのが、寿司職人なので洋包丁は全く知らないウチの大将は一目見て、

「その包丁、1万円どころじゃないな?」

「なんとなく、顔で分かる」

やっぱりプロは凄いと思いました。まあ、30年以上寿司屋やってますもんね・・・w

それはまぁ別に良かったんですが、ちょっと残念な一言も。

「この包丁、プロの切れ味ではないな。まあ、切れんことは無いし、家庭で使うには十分だけどな」

僕はずっと分かってたんですよ、自分では。

どうしても丸刃になってて、この包丁の能力を100%出しきれて無いことを。

ただ、同時に原因も自分の中では分かってたので、次の日砥石まで持って行って、空いた時間にコッソリ研いだんですよね。

「なんや、昨日と全然違うや無いか。プロの俺が使ってみても一瞬、おっと思うぐらいなんだが!?」

結局自分で研いだんでしょ?何が違うかって?

そう、実は1Kの我が家はあまりにも狭すぎて、広くてしっかりした場所を確保するのが難しくて、今までずっと折りたたみの台の上で砥いでたのです。

しっかりした台の上に砥石を固定して研ぐ、というのは基本事項なのですが、環境によっては確保出来ないわけで(汗

ま、1Kの部屋でここまでやる人はそもそも想定外なのでしょうが

そこで、ちょっと考えて風呂場で研ぎが出来ないか工夫してみました。

_DSC1622.jpg

工夫と言っても、コーナンで300円ぐらいの板を見つけてきて、浴槽の長さに切り出しただけです・・・(爆

ちょっと低いので作業台としてベストとは言いがたいのですが、

なんで今ままで思いつかなかったんだろうと思うぐらいに、ちょっと頑張れば良い刃が付きます(笑

ただ、板が一枚ですとまだ微妙にたわみがあるので、2~3枚重ねにしてみようかと目論んでおります。







研ぎの技術の向上自体にも励んでおります。

最近いいと思ったのが、この藤次郎のページでしょうか。

http://tojiro.net/jp/training/sharpen_movie_new.html

とある研師らしき方が言うには、同じマニュアル・異なるマニュアル、何度も読み込み実践することにより、

その度に異なる事を感じることにより、一歩一歩先に進むらしいのです。

なるほど、ははん。今回ばかりはちょっと、ピンと来るものがありました。

そういう意味では、数年前に本格化した包丁研ぎも、第二段階へ進んだのかもしれません。






包丁の研ぎって、理屈自体はすごく簡単なのですよ。

面倒くさいとか敷居が高いというイメージが大衆にはあるらしく、特に後者の理由で包丁を研がないのは勿体無い事だと感じています。

3000円のステンの包丁でも綺麗に研げばビックリするぐらいに切れますし、

ほぼ毎日使う人ならちょっとした手入れと気遣いをもって鋼包丁と接することにすれば、1万円以下でミソノのステン包丁と同じ切れ味を堪能出来ます。






僕個人としては次はやっぱり出刃ですね。小魚はペティでさばいちゃいますけど、最近片刃気味に仕上げているのでやっぱり刃の上部なのが欲しい。冷凍モノも切れるし。

その次は・・・必要かどうか分からないけど、27センチの筋引きを殆ど片刃ぐらいに砥いで使ってみたいなと。

実は柳刃は既に一本持ってるのですが、21センチしか無いし、たまに持ち出すほどの価値も感じなくて・・・(汗

もうちょっとで咲きそう


Category: Photo, Camera   Tags: ---



近所の梅、毎年楽しみにしてます。

再来週あたりには満開かなー?

四日市工場夜景


Category: Photo, Camera   Tags: ---


四日市の工場夜景は綺麗なので絶対見に行った方がいいよ、と言われてましたので行ってきました。

去年の10月の事ですけどね(笑

去年の夏から秋にかけて、旅行はかなり行きましたし写真も沢山撮りましたが、

そんだけ遊ぶと写真を整理してる時間が無いわけで、これから思いついた時に整理していこうかなと思ってます。








工場夜景が撮れる場所はあまり真剣に調べずに、取り敢えずコスモ石油のプラントへ行ってみたのですが、

人工光に照らされるメカメカしい人工物は圧巻でした。

工場夜景なら働き出しても仕事終わりに撮影に行けそうだし、最近は明るい単焦点に手ぶれ補正でかなり暗い夜景まで手持ちで撮影出来ちゃうので

三脚使って腰を据えて撮影する機会って減ってるんですよね。

色んな意味で攻め甲斐のある被写体なのではないかなと思いました。

この四日市の工場夜景の写真も、移動して写真撮るだけでかなりヘロヘロになってた時期なのでベストとは言い難いし、

3月あたりにもう一回ぐらい行ってこようかな〜

本日は節分、恵方巻きの日


Category: Gourmet   Tags: ---
_2036237

現在のバイト先も入ってから早5年と4ヶ月が経とうとしています。

本日は節分、関西ではメジャーなイベントである恵方巻きの日。

平日だけど、今年も仕込みの手伝いをやってきました。

本業の方はこの時期のことですので、心身ともにピリピリしてるのでちょっと短めにさせてもらいましたが・・・(^^;)

包丁持って仕込みをするイベントも、これで最後だと思うとちょっと寂しいですね。

帰り際に巻き寿司を頂いたので、家に帰ってから自分で切って食べてますw

ま、作業中も色々つまんでましたけど(笑






ところで、関東だとこのイベントって今の時代どの程度流行ってるんでしょうか?

大阪は発祥地だけあって、30年ぐらい前から風習があったそうで。

広島に浸透してきたのは、確かまだ小学生の頃だったので15年ぐらい前だったかな~

家族4人で黙ってかじって・・・感想。



うん、



「美味しくないね(-ω-;)」



やっぱり巻き寿司はフツーに切って、フツーに食べたほうが美味しいですよ(笑

大阪でもたまに切ってくれ~ってお客さん、いますもん。

それか自分で切って食べるか、ですね。

ただ、巻き寿司を綺麗に切るのって案外難しいらしくって、よほど包丁の手入れがいいか、ちょっとしたコツを知っておかないとダメなので、

フツーの家庭で丸まま一本の巻き寿司がどういう運命を辿っているのかは、若干の興味があります。

Osaka Photowalk 2014 その3


Category: Photo, Camera   Tags: ---


面白ろそうなアンティークのショップだって沢山。





ここでもまた二眼レフへの誘いが・・・w






しかしアートフィルターNo.6、pin-hall effectはついつい多用してしまいます。

ちょっと頼りすぎかもー(^^;)







パートカラー(2色バージョン)に仕上げてみました。







こういうショットも昔から好きです。もうちょっと絞れば良かったかなー?





日本橋方面へ・・・気がつけばもう3,4年、日本橋に遊びに行ってない事になります。

ま、巷で流行りのアニメだとか萌えキャラだとか、僕には興味ないですしね。

それに自作PCも、あくまで十分なスペックを最小の費用で形成し、自分で組めば運用も取り回しが効くからやってるだけで・・・あくまで手段です♪





なんか懐かしい看板が。ミノルタだけじゃないですよ?

フジのロゴもニコンのロゴも、今と異なりますw






大阪の古ぼけた小さなお店を眺めて回るのも非常に面白いものですね。

大阪を離れる前に一度、一人で歩きまわってみようかな。

フォトウォークだとどうしても周りの人と会話するのが楽しくて、その上写真撮るだけで精一杯なんですけど、

よく分からんけど安くて美味しそうなお店に入りつつ、アンティークなショップを眺めて回ったらそれこと1日中楽しめる予感w






この五階って建物、なんなんでしょうか?





新世界に戻って解散です。

今までの写真、あまり時系列的に並べませんでしたが、楽しんで頂けましたでしょうか(^^*)

Osaka Photowalk 2014 その2


Category: Photo, Camera   Tags: ---


目についたものを取り敢えず撮ります。

この感覚、久し振りだ〜





最近はガツガツ写真を撮る機会が無かったので、なんとなく感覚が鈍ってました。

特にE-P3の使いにくい露出補正を回す感じとか(笑





でも、スナップを中心に4万枚以上を撮ってる機械ですから、体が覚えてるもので、意外と考えるよりも先に手が動いてたり。






参加者の半数がフィルムカメラをお使いで、今年も二眼レフ持ちの方がいらっしゃいます。

ついつい感化されてしまいまして、この日はずっとPentaxのTakumar 55mm F1.8を使いました。

お陰で45mm F1.8は出番なしです(笑

早くこのレンズを元のフォーマットで撮りたいなぁ。

フィルムでいいので。(がいいな、の間違いかもw)





看板の赤が目について撮ったショット。

なんとなくLightroomで後からパートカラー化してみるw (もちろん手動で)





普段絶対に行くことのない、何気なく面白いスポットに沢山めぐり合います。

このフォトウォークの面白さ、色々あるのですが一つはそれかな〜

02 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

01

03


 
Profile

griffith5000

Author:griffith5000
趣味や雑記を、気の向くままに書いていこうと思います。最近はカメラ・文具・デジタル機器の話題が中心です。
コメントはお気軽にどうぞ(^^)

TOTAL: 検索エンジン登録
TODAY: SEO対策
YSTRDY: メール配信

アクセスアップ


  • Administrator
  •  
     
     
     
     
    Internal Search
     
     
     

    Archive   RSS   Login