Griffith's Favourites

ライフハックとまでは行かないけど、物好き記録の場所。良いものを永く使いたいな。(*Flickrリンク切れは随時修正予定)

 

箕面の滝と紅葉


Category: Photo, Camera   Tags: ---
前回は夏のライトアップでしたが、今度は紅葉を観に行って来ました。


_B227174



ライトアップもやってるようですが、絶対人が多いだろうし、学校もあるので平日早朝のお出かけです。


_1090417



レンズは僕の中でトレンディーなNokton 25mm F0.95, Pentax Takumar 55mm F1.8, M.ZD 9-18mmの3本です。

_1090416



M.ZD 45mm F1.8とタクマーさんはわりと被るので併用することが少ないですが、なんだかんだで超広角ズームは手放せないみたいですね。

PB227193



Noktonはね、メインでも使えるけど、やっぱりナシってのは無理なの(笑


_1090420


_1090435


_1090427


去年はBest Buyの選択に悩んだのですが、初めての単焦点&MF専用レンズということでNokton 25mmを選びました。

一昨年前のMisonoの包丁程のインパクトも当時は無かったので、かなり迷ったのですが・・・

今となっては、間違いでもないかもw




道中の屋台が微妙に誘われるんだよなぁ~

_1090441




でもさっきのはパス。

とりあえず滝へ・・・



_B227204

んー、ちょっと盛りを過ぎてただけにこんなもんか?

真夏に買ったND16フィルター、今回が初めての登場でした。





時は過ぎ行き、朝の10時ですが、おでんにそそられます。

_1090443




そいえば昨日の晩はバイトで、夜遅くに食べたので今朝は朝食抜きでした。

丁度いいかも。ってことでおでん2品~

_1090452





_B227219


この頃は既に寒い日が続くようになっていたのですが、心身ともにほっこりしました。

京都紅葉写真 - 智積院、詩仙堂


Category: Photo, Camera   Tags: ---
1週間ほど前ですが、年に2回ほど関西でプチ同窓会をやるのが定例となりつつあります。

去年も紅葉のこの時期で雨だったのですが、今年もなんと雨でした(^^;)



Kyoto Coloured Leaves


去年はNoktonばっかりでたまーにパンケーキを使った記憶があるのですが、

今年はNokton 25mm F0.95, Takumar 55mm F1.8, M.ZD 9-18mm, M.ZD 45mm F1.8をメインに2台体制ですw


Kyoto Coloured Leaves


雨の中での撮影・移動は面倒ですが、雨の紅葉・京都はまた風情があり、悪くないと思います。




Kyoto Coloured Leaves

Kyoto Chiseki-in

Kyoto Coloured Leaves

Kyoto Coloured Leaves

色んな角度から雨を切り取ってみたつもりだけど、どれがお気に入りでしょうか?(笑






Kyoto Coloured Leaves

紅葉をバックに。

滴るしずくを見ているのもいいですが、雨や曇天の日は光そのものが違うので、こういうのも撮りやすくなります。




Kyoto Coloured Leaves

夏の間は殆ど使わなかったPentax Super Takumar 55mm F1.8ですが、最近妙にしっくり来るんですよね。

M.ZD 45mm F1.8のギラッとした感じが気になる時は、焦点距離が近く用途が同じであるこのレンズをよく使います。


Kyoto Coloured Leaves

このTakumar 55mm F1.8、やはり古いレンズなので、色ノリやコントラストが不足する場面が多少あります。

しかし今やデジタル全盛時代。"加工"ではなく、"補正"と呼べる範囲でなら、見栄えの調整を施します。




Kyoto Chiseki-in

Nokton 25mm F.095をF1.7まで絞って撮影。

おんなじ大口径MFレンズでも、40~50年の月日でこれだけ描写が異なります。



At Pattisier Okumura

女子ウケしそうなカフェが毎回繰り込まれるのも、面白い点のひとつですw

レンズの分解清掃 - Kern YVAR 16mm F2.8


Category: Photo, Camera   Tags: ---
_9161704.jpg

ピントリングが重かったので、きっと古いグリスが固着してるんだろう。

レンズの分解はやったことがないけど、どうにかなる気がする・・・

気がするだけでしたが、やってみました。

とりあえず慎重に、慎重に・・・

分解し過ぎて、必要も無いのに絞り羽までバラバラにしてしまったときは焦りました(汗

1日おいて、落ち着いて組み上げればすぐに直せました。

肝心のヘリコイドは、アセトンがなかったのでトルエンで超音波洗浄。

レンズ用のグリスなんぞ持ってませんので、そこそこ良さ気なやつを塗ってみました。

いざ組み上げてみたら、まだちょっと重いもののスムーズさは改善されてて、やり甲斐はあったようです(^^)






これでMFレンズの基本的な仕組みはよーくわかりました。

しかし、個人的にはこれぐらいの画角のレンズは、17mm F1.8が気になります。

コスパが良ければそっちにいっちゃいそうです(^^;)

English Breakfast Milk Tea


Category: Gourmet   Tags: ---
English Breakfast Milk Tea

ティーパックだけど、基本的にフレーバードかミルクティーが多いのでそんなに気にならないタイプです。

English Breakfastは濃い目に入れて、ミルクを四分の一ぐらい入れるのが好みです。

砂糖は入れませんが、甘くないとダメな人は入れた方が良いでしょう。

入れてもいいのですが、習慣的に甘いモノは飲まないだけでして(^^;)





で、ふと思ったんだけどやっぱり。去年もほぼ同じことを書いてたようです(^^;)

Lamy Swiftのリフィル、全員死亡?


Category: Stationery   Tags: ---
_1090240.jpg

夏前に青の純正リフィルを買い直して以来、ずっとペントレイに常駐してますのでコンスタントに出番はあるのですが、書く量はそれ程でもありません。

最近、どうもインクの出がおかしいようなので、キャップを付けて保存している他色のリフィルで書き比べてみました。

ところが黒と赤の方が余計に調子が悪そうな感じです。黒に至っては使い物にならないレベル。




Lamy Swift

おかしいな、この春には赤のリフィルもこの通り、バリバリに生きてたんだけど。

購入から5年経っても、キャップを付けてるからか全く劣化がなくて安心してたところなのに。

なにか条件が変わったわけでもないのに、全部死んじゃうんなんて・・・



_1090243.jpg

折角なので青リフィル購入時に書いたApicaのCDノートに、書き加えてみた。

ほら、全然違うでしょ?

リフィルは600円とあまり高くない(←常識的には感覚は麻痺してるだろうが)とはいえ、こんなにすぐにダメになるのはさすがに無理。

リフィル如きに今更クレーム付けてもダメだろうか?買い直しもちょっと躊躇っちゃうしなぁ。

M66互換でなんか別のリフィルあったっけ?

昔、情報を漁りまくってた頃の記憶では、並行輸入品ならファインライナーとかオレンジ・グリーンなんかの特殊色も手に入ったような。

(でも、M63って言うんだっけ、ステュディオとかあっちの互換タイプで、M66は本当にM66しか使えなかったような気がする)

まぁ、手放すつもりはないので、なんとか使い道を探る予定です。

冬眠は有りうるかもw

 

ついでにE-P3のインプレ


Category: Photo, Camera   Tags: ---
ついでだし、E-P3で今思うことも買いちゃおう。

半年以上使い込むと、購入直後に書いたことと違うことを感じますので。



良い点

 ・コントロールダイヤル、すっごく使いやすい

  AモードでのF値、再生時の拡大再生ともにここを使うんだけど、適度なクリック感で素早く、過不足無く操作できる。実はかなりよく考えられて作ってるのでは?と思ってしまうほど。特にスーパーコンパネを止めてライブビューで操作するようになってからは、横の操作がコレでできることに気づいてますます便利に。

 ・AFは本当に速くて正確

  正直ニコン1とか触ってても、どこがAF速いの?と思ったほど。条件が悪くなければこれが本当にコントラストAFなの?というぐらいに瞬時に合います。使い始めた頃はピントを外すことがたまーにあったし、とある海外レビューでもそれが指摘されていましたが、ちょっとクセをカラダで掴めばピントはほぼ外しません。自分の場合AFを使ってビミョーにピントが甘いなぁ、って感じるショットは0.5%も無いかと思います。

 ・VF-2、じゃまなんだけどカッコいいし、性能はピカ一

  どうしても覗いて撮らなきゃ気がすまない人向けだと思ってましたが、日中では圧倒的な見やすさです。購入直後はコントラストが高すぎて気に入らないとも思いましたが、ここは慣れなのかなぁ。G2よりもコントラストは高いです。それに、室内ぐらいの明るさだと、一眼レフよりも明るいので実はずっと楽です。たまーに一眼レフ使うと、暗いなぁと思うばかり(笑 
  あと、例え90度だけでもファインダーが動かせるのは思った以上に便利です。ローアングルや上を見上げるショットはとても楽になります。あと、レンズが軽い時は80度ぐらいの角度にして両手でボディを持ち、すると通常よりも下げて構えることになる。この状態で親指でシャッターを切るのですが、楽に脇が閉まるのでブレにくくて便利です。真面目に撮るならVF-2は買って損はないですね。NoktonのようなMFレンズも、拡大せずにピントをビシッと合わせることも可能だし。これは後からどんどんと、正解だったと感じるアクセサリです。


 ・ダイナミックレンジ、意外とあるよね

  DSC-R1よりも一回りセンサーが小さいのに、ハイライトがよく粘ります。技術の進歩はすごいなと。この点、撮影も楽になりましたし新品でE-P3を買って良かったと思うところでもあります。でも、シャドーはあんまり変わらないかな。


 ・LPFが弱めなのは好印象

  等倍での解像感はなかなかです。DSC-R1は10MPでしたが、12MPという解像度以上の大きな差を感じました。それでいて困るほどモアレが出たことって、殆どないです。Lumix G2の方がLPFが強いのにモアレは出ます。

 ・拡大MFは使いやすく便利

  ボタンの位置はちょっと微妙なのですが、慣れると結構サクサク拡大MFできます。ピントがかなりシビアなときも、しっかり合わせられます。

 ・AF補助光が使い物になる

  DSC-R1は特定のギリギリの条件でやっと意味を成す程度でしたが、E-P3は更に明るくなってるのと暗いところでもAFが効くので、本当に効果があるのがよく分かります。補助光って殆ど役に立たないイメージだっただけに、ちょっぴり新鮮でした。

 ・フラッシュ内蔵はやっぱり便利

  フラッシュを使うときは日中シンクロや、逆光対策が多いので、出来れば咄嗟に使いたいです。E-PL3は外付けですが、やはりポップアップさせるだけなのは便利で助かります。最近のデジカメはバッテリーの管理も上手いので、光量の調整もそこそこ安定してて、使い物になります。

 ・絵作りは意外と好みかも

  実はいつも色調を1目盛だけ緑に振って使ってます。それでもちょっと赤いことも多いですが、これは補正でどうにかなるレベル。それよりオリンパスブルー、というだけあって、確かにこの青は好みのようです。i-finishがたまーにハマる場面があるのですが、ちょっと派手ながらも気に入っております。Lumixだと弄らないと似た色は出ないし、Canonはベッタリしてるのが最近嫌になってきた。


 ・外装の仕上げは現代機としてはまずまずかと

  やっぱり安いものは上手く作れないんだと思います。でも、一眼レフのような強固なボディではない上に使い方が荒いので、傷だけでなく凹みも出てきました・・・もう手放せませんな(笑





苦言を申し上げるとすれば・・・

 ・起動が遅い

  これはオリンパス機の欠点かと。1秒以内には撮影状態に入れる機種を出して欲しいです。まあ、次にでるOM-Dシリーズはより上層の方へ振ってるそうなので、これぐらいの事は改善されるでしょうが。

 ・露出をコントロールするダイヤルは未だに使いづらい

  購入直後にかなり苦言を申したけど、やっぱりダメ出しします。もうちょっとクリック感があった方が、誤動作も少なくて使いやすかったかも。ボタンを押す向きにも、もうちょっとだけ強い力で以って、クリック感と共に動作するようにすれば使いやすくなるかと。こういうところ、製品を作る上ではとっても難しいところなんですけどね。(設計思想、生産という点で特に)

 ・もう少し専用ボタンが欲しい

  設計思想的には致し方ないことですが、ISOとアートフィルターぐらい専用ボタンがあっても良いかも。押したらライブビューの選択画面に飛ぶ、なんてどうでしょう?

 ・ライブビューのメニュー操作が遅い

  かなり細かい事だけど、ちょっと遅いんだよねぇ。シャキシャキッと動かないかしら。今のようにアクション付きでも、MacのExposeやMission Control並にサクサク動いたから便利で気持ちいいものになるかと。

 ・基礎感度がISO200なのにSSが1/4000まで

  やっぱり困りますよねぇ。真夏の日中ですと、ISO200 1/4000だとF5.6でもギリギリになることがあります。ISO100が欲しい、というよりはどちらかというと普段は基礎感度が高いほうが便利なので、SSの方が1/6000とか1/8000ぐらい欲しかったですねぇ。次期OM-Dあたりはそうなってそうですがw

 ・基礎感度での長秒露出には向かない

  星を撮ってる時、正直こんなもんかぁ、と思ってしまいました。DSC-R1の方が綺麗に撮れてた可能性すらあります。この点、ソニー製の新しいセンサーがどうなっているのか気になるところです。






ふぅ、G2と一気に書いたので、疲れた・・・

Lumix G2 インプレ


Category: Photo, Camera   Tags: ---
_9263970.jpg

Lumix G2も購入から一ヶ月あまりが経ち、京都美山・ベルリンを中心に本格的に持ち出す機会もありました。

特にベルリンのスナップショットは、あれだけやろうと思うと2台無いと絶対無理でしたので、重宝しました。

バッテリーは一本でやりくりする気でしたが、あれを機にやっぱり買い足してしまったし(笑

2年以上も前の機種なのでインプレなんて必要ないと思うけど、一応書き留めておこうかなと。

まずは良い点から・・・


 ・EVFが内蔵なのはやっぱりコンパクト

  カバンにすっぽりと収まります。特にFMBP-CEにはVF-2付きのE-P3よりも圧倒的に出し入れしやすいです。


 ・グリップはやっぱりあった方がいい

  Lumixの100-300mmを取り付けた時の安定感が全然違います。まあ、ここはE-P3はデザイン優先なので仕方ないです。

 ・起動が速い

  地味だけど一番の違いはここかも。オリンパス(E-P3もE-M5も)は正直、起動が遅すぎです。
  DSC-R1よりも少し遅いかもしれないぐらい。そのかわり終了がちょっとだけ、G2の方が遅いです。
  ですので電源切ってすぐに入れて、の時間は同じぐらいかも。

 ・動画ボタン、案外いいね

  E-P3は動画ボタンをデジタルテレコンに充ててますが、G2は動画ボタンのままにしています。
  意外と咄嗟に動画を撮れるのは良いことかも。それに間違って押してしまったことも一度もない。
 
 ・バリアングルはやっぱり便利

  その便利さは6年前から使ってるDSC-R1のせいで、すでにカラダに染みこんでます(笑
  ただ、DSC-R1って普通でいうホットシューの位置にモニタがあるから、開きっぱなしで首にかけても全く鑑賞しない。大して背面バリアングルは開きっぱなしだとストラップと干渉して支障がある。この点DSC-R1のLCDの位置は改めて素晴らしいと思った。



よくも悪くもない点が、

 ・AF枠がタッチで動かせること
  
  AF枠がタッチで簡単に動かせるのは案外便利でした。ただ、勝手に動いてしまうことが多いのが難点・・・



一方、気になる点・悪い点は、

 ・シャッター音が安っぽい

  かなーり悪いです。一番気に入らないポイントかも。E-P3って案外いい音するじゃないですか。それと比べると全然。ペコンっ、っていう情けない音でテンション低下。

 ・EVFが見づらい

  VF-2は明るさマックスで使ってるせいか、特に明るいところでは雲泥の差。日中だとVF-2だと綺麗に見えるのに、G2は暗くてよく見えないってことは多い。あと、自分は普段から1.00Dも度の違うメガネを2本使い分けてるのですが、視度調整つまみが使いにくいのでG2では頻繁に動かせないのが欠点。まあ、普通はそんなに動かさないだろうから、不意に動かないという点で評価されるのだろう。

 ・縦横が自動で検知されない
 
  E-P3で地味に便利で知らなかったので最初ちょっとだけ驚いたのが、縦横が自動で検知されてLightroomで回転操作をする必要が無いこと。G2にはボディ内手ぶれ補正や電子水準器が無いためか検知してくれない。E-P3に慣れちゃうとちょっとだけ不便。

 ・起動後にメニューの位置がリセットされる

  正確にはメニューの位置じゃなくて、例えばAモードの場合、露出ダイヤルとF値との切り替え。
  コントロールダイヤルでF値の設定をしたあと、電源を切ると、次に起動した時にはコントロールダイヤルでは露出の設定モードになっている。これが電池を節約しながら使うミラーレス機だと結構迷うことが多い。特にG2のコントロールダイヤルは押すのも回すのも硬すぎてなんだか使いづらいから余計に。メニューの方は前回最後の位置を覚えるorリセットを選べるのに、ここも連動しないのは惜しいところ。

 ・iAボタンは要らない

  あれを押すと強制的にsRGBになる時点で使えない・・・。オリンパスのように、モードダイヤルに繰り込むべき。代わりにFnボタンにでもした方がいいでしょ?ISO設定とか特に。(すみません、パナソニックさん、全否定で・・・)

 ・クリエイティブフィルターはつまらない

  いや、これは分かりきってたからどうでもいいんだ。オリンパスのアートフィルターも、たまに使うだけだし。

 ・センサー性能

  コレ言っちゃだめでしょ?と言われそうですが、やはりダイナミックレンジ・解像感は気になります。でも、A4印刷はできるから解像感は別に不満でもないかな。高感度ノイズはRAWだと特に、それ程大きな差もないのも事実。E-P3よりはちょっと輝度ノイズが多いかな、という程度かもしれない。詳しく比べてもないけど。

 ・動体性能はE-P3よりも完全に劣る

  これで動いてる飛行機を撮る気にはならないです。プレビューOFFにしてるのに、実際には0.5~1秒ぐらいプレビューされてる感覚。Lumix 100-300mmはG2で使うつもりだったのに、これは無理だ。完全に誤算。







G2は使い込んだ、とは言えないものの、ひと通り操作に躊躇しない程度にはなってるつもりです。

1000~2000ショット、撮ってるハズ。

Beaujolais Villages Nouveau 2012


Category: Gourmet   Tags: ---
Beaujolais VillagesNouveau 2012


もはや年間行事となりつつある、11月のこの日。

もちろん、昨晩美味しく頂きました♪




Beaujolais VillagesNouveau 2012

今年はLouis TeteのVillagesで、初めて予約で買いました。

だって予約するとこのカマンベールチーズが丸々一個付くっていうので、つい(笑

そして半分以上食べてしまった。根っからのチーズ好きですから(笑



_B156801.jpg

因みに今回付いてきたのはこの、Ch.Vallieres(シャトー・ヴァリエール)のカマンベールチーズ。

フランス本国の生乳使用でミルクの風味たっぷりとありますが、言うほどでもないですねぇ。

やや固めのカマンベールで、ミルクの風味だけだったらちょっといいブリーをそこら辺で買えば十分堪能できるかと。

でも、味わってみると素性は悪くないですね。平均的な日本製カマンベールよりは良い感じ。

後味の固めの油脂分といいますか、僕の舌じゃあんまり偉そうなことも言えないけど・・・

ってことは、やや脂肪分多めなのかな。

それから感じる風味としては、生乳自体は割りとは良いものだと思います。

最も問題なのは、カマンベールらしい風味が少ないことでしょうか。

これは国産のカマンベールによくあることで、この製品が日本向けにチューニングされてる証拠なのかも。

フランス本国生産なのだから、現地基準の風味豊かなカマンベールに仕上げてもらいたかったですね。

これがもし300~400円ぐらいだったら、日本の某大手製カマンベールよりは確実に素材の味が良いので、オススメです。

僕は貰い物なので定価を知りません(笑

M.Zuiko Digital 17mm F1.8発売


Category: Photo, Camera   Tags: ---
index_image01.jpg


OLYMPUS HP M.ZD 17mm F1.8

噂通り本日発売発表されましたね。デリバリーは12月中旬だそうです。

オリンパスの直販店でも49,800円だったので、あとでポイント使って純正フードを買っちゃうのもいいな。

ついでに今なら先着200人限定で3年間の保証と無料点検付きらしいし・・・

と、一瞬予約しちゃおうかと本気で思いましたが、とりあえず待って見ることにします。

問題は17mm F2.8パンケーキを手放すかどうかですねえ。

パンケーキは全長が22mm、それに対して17mm F1.8の方は全長が35mmで、径はどちらも同じ。

まあ、実際にはレンズフードもつけっぱなしにするでしょうから、その分全長も増えちゃいますが。

意外とコンパクトなのが魅力です。そんでもって12mmと同じくスナップフォーカス機構付き出し。

パッと見、写りは問題なく、乗り換える価値は十分ありそうです。

ひとつだけ欠点がありまして、それが接写性能。

パンケーキは35mm換算で0.22倍ですが、F1.8は0.16倍です。

今使ってるパンケーキぐらい接写出来れば完璧だったのですが・・・

パンケーキはとりあえず付けておいて、扱いやすい焦点距離なのでささっとモノ撮りしたり、記録やメモに使うことが多いです。

なので必要最低限、接写出来ることは必要なのです。

それにパンケーキの方は全群繰り出しなので接写では焦点距離が伸びるんですよね。

最近接では換算で38mmぐらいになってるはずです。

これはこれで、僕の使い道としては都合が良かったんですけどね。

F1.8はMSC機構(=インナーフォーカス)ですから、45mm F1.8みたいに静かで速くて、開放F値のお陰で暗い所にも強いでしょう。

そうなると総合的にはやはり、F1.8イッちゃっても良いような・・・w

E-M5にVF-2を装着するとどうなるか?


Category: Photo, Camera   Tags: ---
_A316657.jpg


かなりつまらないネタですが、気になったことがあるので先日、ついでに試してみました。

結果はというと・・・


 ・VF-2、普通に使えます

 ・使えるけど、内蔵EVFは使えなくなる。アイセンサーも働きません。

 ・VF-2に付いてる黒いボタンと、E-M5のファインダー右についてるボタンとが両方、VF-2 ←→ LCD切り替えボタンとして作動

 ・そんだけ(笑




そんだけ、です・・・

個人的にはVF-2とE-M5の内蔵EVFとの差を知りたかったのですが。

ま、E-M5のアクセサリーポートにはフラッシュかマイクだけにしておきましょう。

OLYMPUS PEN E-P3の隠しコマンド


Category: Photo, Camera   Tags: ---
E-P3ユーザーで知ってる人は知ってたみたいですが、僕はつい最近まで知らなかったのです(^^;)

恐らく修理などのサービスのために搭載されてる機能なのですが、レリーズ回数やストロボ発光回数などの統計が出せます。

やりかたは、

 1.MENUボタンを押しながら電源を入れる
 2.MENUボタンを離し、もう一度MENUボタンを押してMENUに入る
 3.十字キーの下と右のみを使ってモニター調整画面を開く
  (十字キーの上やOKボタンの使用はできないらしいが、何故か1度だけ、モニター調整画面ってどこだっけーとグルグルやってからでも成功したことがある。)
 4.モニター調整画面でOKボタンを押すと、次のような表示が



_1090257.jpg


ここで、INFO→上→下→左→右→シャッター→上 という順番でボタンを押す。

なんか昔のゲームの隠しコマンドみたいだな(笑

ヨッシーアイランドの素早くXXYBAを押すとミニゲームが出来るってのだけ未だに覚えてる(笑

するとPAGE1ってのが出現します。

_1090252.jpg

これが何を表しているかは不明。

んで右ボタンでPAGE2、下でPAGE3、左でD、上でPAGE1と移動出来きます。

PAGE2が統計情報で、PAGE3が個体識別情報、Dは知らない(笑

_1090253.jpg

上から、

 R : シャッタレリーズ回数
 S : ストロボ発光回数
 C : センサクリーニング回数
 U : ダストリダクション回数
 V : ライブビュー回数 (常にゼロらしい。よく分からんw)
 B : 手ぶれ補正作動回数
 L : 不明

だそうです。ということは14ヶ月で2万6000ショットぐらいってことですね。

ストロボ発光回数はたったの175回w

僕は日中シンクロがメインで、あと集合写真のときはみんなストロボが光ると安心するので焚いてあげることが多いですw

水族館でも遠景でもバシバシ炊いてる人がいるけど、意味ないor逆効果だし迷惑ですよー(笑

センサークリーニングは出して無いのでゼロってことですかね。

1年保証の切れる前に一回ぐらい出しておけばよかったかなぁ、と最近。

ダストリダクションは起動時に掛かるので、電源投入回数とほぼ同じです。

(↑確認しました。暇人ですね 笑)

手ぶれ補正は5枚に一枚ってところなんですね。限界まで使わないから、こんなもんでしょう。





因みに、INFO→上→下→左→右→シャッター→上という操作でPAGE1が出現すると説明しましたが、

INFO→上→下→左→右→シャッター→右 とやればPAGE2から表示できます。

要するに、INFO→上→下→左→右→シャッター と操作すれば、あとはダイヤルの4方向でPAGE1~3とDへ飛べるという仕組みなのですね。





あ、そうそう、統計情報を出して遊んでて気づいたんですけど、

_1090256.jpg

LCDの表示ってVividとNaturalを切り替えられるのですね。

これ、知らなかった(笑

多分ずっとVividのままで使ってたんだろうけど、Naturalに戻すかどうか悩むなぁ。

慣れちゃったし、一般の方には写真見せたときのウケが良いので(笑

ミザール単眼鏡 MD-718


Category: Uncategorised   Tags: ---
_B036736.jpg

ベルリンに行く直前にふと思い出して購入したのがこのミザールのMD-718の単眼鏡。

無限遠倍率7倍、対物レンズ18mmで2,000円ちょっとです。

本当は5,000円ぐらい掛かってもいいからもうちょっとだけマシなものを、と思ってたのですが、

5,000円は中途半端過ぎて良いのが無いという結論に。

それだったらそもそも単眼鏡自体初めてで必要なものかも分からないし、

2,000円で最も評価の高いコレを試しに買って使い勝手を確かめてみよう、ということに。



_B036739.jpg

Nokton 25mmでF2.8撮影。ここに単眼鏡をかざすと・・・



_B036738.jpg

大きさ的にはこれぐらいに拡大できます。

フレアっぽいのはもちろんNoktonにかざしたからで、実際には像はシャキッとしてます。

シャキッとしてるけど、写真レンズと比べれば随分と像は眠いです。

フレアとかは無いんだけど、色が若干悪い(=オールドレンズみたいな感じ)のと、明るさが暗いのとで。

日中でしたらほぼ実用に耐えると思います。

飛行機の中から外を眺めたり、空港でタキシング中の機体を確認するのに使ってみましたが、

正直これがないとダメ、という機会はありませんでしたね。

どちらかというと、遠くから時刻表などのディスプレイを確認するのに使えたら便利かな、と思ったのですが、

そういう機会もあまりなかったので(^^;)

ディスプレイされてる商品を眺めるのなら、もうちょっと倍率が低くて(4~5倍)、近距離からピントの合うものが良いと思います。





で、ヨドバシで行ったついでに他のも触ってて気づいたのですが、どうやらメガネとの相性は良くないみたいですね。

試しに裸眼で覗いてみたら、ド近眼の自分でもピントが合いました(笑

視界が倍ぐらい広くなってて、凄く見やすいです。

コンタクトの人は大丈夫だと思います。ちゃんと押し当てられるかどうかが重要なので。

というわけで、あまり良いのを買わなくて正解だった、ってことでしょうか(^^;)

クルマ好きには堪らない - Classic Remise Berlin


Category: Photo, Camera   Tags: ---
少々間があきましたが、もう少しだけベルリンネタを続けさせて下さいな。

1日だけの観光の日、朝イチで行ったのがこのClassic Remise Berlinでした。

前日借りておいた自転車で向かったのですが、慣れない道に少々迷いつつも、通りに入ると建物自体は見つけるのが非常に簡単でした。

何故なら、

_1080554

Rover V8が置いてあるわ




_1080556

シトロエン DSが2台もあるわ




_A134689

ファミリア アスティナがいるわ 超久々のご対面~ このクルマ、大阪ではずっと会えなくて困ってた♪



で、中に入ります。因みにクルマにあんまり興味のない先輩同伴です(笑

_1080558

ほっほー。早速ドイツ車を中心に旧車がずらり。




_1080560

早速縦目のメルツェデス二台ですよ~(笑 今回だけメルセデスとは言わず、ドイツ語読みでいきましょうか♪




_1080561

シトロエンSM。初めて日本自動車博物館で目の当たりにしたとき、そのデザインに感銘を受けましたな。



_1080563

SAAB 900S Turbo Cabriolet

サーブは日本よりは当然沢山走ってますので、ベルリン4日目としてはあまり珍しくも思えず(笑

因みに売り物でしたよ、これ。40万円ぐらいでした。意外と高い?(笑




_1080566

XJ12だ~ やっぱり意外とこういうのが好きなんですw



_A134694

mesh-alloyホイール、イカスなぁ~




_1080568

Jaguar好きだけど、ここまで古くなると逆にわかんなくなるんだよなぁ。




_1080570

ベルリン限定?のチンクチェントw




_1080572

_1080573

そしてことごとくモデル名が分からない、フェラーリ・・・(泣



_1080575

DTM仕様っぽいE190がありました!

マルチリフレクターが当時モノっぽくないですが、やっぱツーリングカーは大好き!(笑




_1080576

マセラティ グラントゥーリズモ。現行モデルでも展示されるのですね。




_1080579

シトロエン 2CV。どうやら商業車仕様っぽい?これは初めてですねぇ~

ふと思い出したけど、そういえば空広さんて2CV好きなんでしたっけ。

で、このあたりから僕の解説が白熱化。

一緒に居た先輩、日本語ガイド付きで滅多にない経験だったと思いますよ!

後から詳しすぎてよく分かんない~とも言われましたが




_1080580

オースチンヒーレー1000。

旧車もマニアってほどでは全然無いので、ヒーレーは詳しくないでっす。




_1080581

フェラーリ・・・308とか328っていうやつなんですかね?




_1080582

フェラーリには詳しくなくても、内装には完全にウットリします(*´ω`*)




_1080593

メルツェデスSLはデザイン・スタンスともに好みですねぇ。



_1080594

お、4代目コルベットじゃん!

これと色も同じでほぼ一緒のが、小学校高学年~中学ぐらいまで、酒屋の駐車場にずっと停まってたんだよなぁ、懐かしい。

ウチの弟はコルベットが大好きなので、もっと喜んでました(笑

しかし今見ると、幅がそれ程無いですね。昔はそこそこ大きく感じたのに、不思議な感じです。



_A134701

その内装~ 見た感じ、どう考えても90年以降の型のようですね。

現代車はもっとリッチな造りですが、当時はこれぐらいでも高級スポーツカーを名乗れましたね。

見た目は古くても仕上げはそりゃ、良いことでしょう。




_1080603

ちょっとそこ、ぶつかってますよ~w

BMWの方は中を覗いてみると、シフトセレクターがNに入っててパーキングブレーキも引いてなかったので、試しにタイヤを手で回してみたらやっぱり動きました。

いい加減だな~ww 今回唯一、車両の一部に触れたのがこれでしたw





_1080608

プジョー504。これぐらいの年代のクルマはあまり詳しくないのですーorz




_1080616

ボルボ760 GLE カブリオレ

実はボルボ結構好きだけど、この年代となると殆ど見かけないよねぇ。





_1080614

気に入ったので内装も撮ってあります(笑




_1080619

ここで館内全体の写真を。





_A134711

だいたいこんな雰囲気でして、建物自体もとってもお洒落ですね(笑






_1080626

フォード マスタング




_A134709

やっぱりこういうクルマって夢があるでしょう♪

V8の鼓動が、今にも聞こえてきそうです(笑




_1080622

フロントエンジンでもポルシェは大好き!

928は日本では殆どお目にかかれませんね。

もう何年ぶり?というぐらいのご対面。




_1080623


こんなにつるんつるんだったっけ?

好きってわけじゃないけど、妙にクセになりますな・・・w





_1080627

W126メルツェデス。デカイ&長い(笑




_1080633

こっちはW100で6リッター。デカすぎ、デカすぎ(笑




_A134713

豪華でリッチなこと極まれり♪ 

こんなのをゆったりと乗れたら楽しいだろうなぁ~




_1080634

オペルGT-A L 1900。こいつはこの場で初めて知ったなぁ。





_1080638

メルツェデス230SL。




_1080637

70~80年代のヨーロッパ車のテールって、総じて好みです。

ボルボ240ステーションワゴンを大阪で時々見かけるのですが、あれのリアビューもホント好み(笑




_A134715

内装はまさにクラシック♪




_A134721

Aston Martin DB5。実車は初めて。

アストンは大好きだけど、DB5はその名のわりにはあまり印象が無く。

でも、実車見たらやっぱりその美しさに翻弄されました(ノ∀`*)



_1080646

シャルビーコブラもグランツーリスモ以外(笑)ではこれが初めて。

エキゾーストパイプがマッシブでいいわぁ~




_A134724

マツダ ファミリア・・・おっと、こっちでは323だった(笑

あ、これは展示車ではないです。従業員の方が乗り付けてたので、パシャリ(笑



_1080650

ランボルギーニにSUVがあったのを忘れてました(笑

今となってみれば、高級SUVの走りでしたねぇ。




_1080652

6リッターのメルツェデス。デカイデカイ!



_A134729

このSLはまだ日本でも走ってるな。あの場では随分と新しいクルマに感じました(笑




_A134728

それにしてもこんな内装色、今は無いですよねぇ。



_1080656

やっと建物西側の列を制覇!端っこは歴代ポルシェばっかり!




_1080661

BMW8シリーズ。豊中に紺色のが一台います。

メカ好きの自分としは、BMWのコレは外せないんですよねぇ。




_1080662

バックランプ&ウィンカーもレッドなのがますます良い(笑

あ、でもBMの8は日本仕様でもコレだったかな?




_A134736

す、すとらとす!!



_A134740

WRCファンとしては無視できない存在です(笑

実車はこれが本当に初めて!

ドライビングライトにメッシュのガードに、ほんと当時のWRCのままで素敵過ぎる(笑





_1080672

ブガッティEB110。これ見るまでこのクルマの存在が完全に頭の中から消し去られてました。

姿カタチはインプットされてたのに(笑

正直これは自分の中で、不細工モデルに分類されてしまってます(^^;)




_1080675

最後のほうで気づいたんだけど、ここって展示だけでなくって整備工場併設なのね。




_A134750

Eタイプがフツーにリフトアップされてるあたりが、素敵過ぎる・・・w



_A134752

SLSの実車が初めてならば、動いてるSLSも初めてだし、ハッチの開く姿を拝めるのも初めて!

おい、そこの小僧たち、SLSには興味が無いのかね(笑






_A134764

_1080694

整備工場も一箇所だけじゃないようです。




_A134765

お、クアトロポルテだ。もう見ないよね、この型は。

いかにも90年代っぽい感じがなんとも言えぬ感じ・・・w




_1080696

内装すげーな!いいないいな~







そして、最後の方で見つけた意外な一台がこれ。






_A134754

む?










_A134755

お??








_A134756

まさしく!?






_A134771

デロリア~ン(笑

V6エンジンの鼓動は拝められなかったけど、UFJのレプリカ以来のホンモノの車両に、興奮しまくりでしたww




_A134759

_A134772

最初に見たときはエンジンルームだけ空いてたのですが、後にドアが跳ね上がってるところを見つけました。



折角なので・・・


_1080699

ドライバーズビューも撮ってみました(笑

触れちゃいけないので、車両には触れてません。カメラだけ付き出して撮影しました(笑






_A134789

結局2~3時間は長居しました。

カメラは2台で撮影したのですが、どちらも丁度バッテリーを使いきりました(笑

航空写真 TXL, FRA, KIX


Category: Photo, Camera   Tags: ---
10月は伊丹は一度だけやる気なく行ったのですが、そういえば海外出張してましたのでその時撮った写真がありました(笑


_1080250

これはKIXに前泊したときのショット。あ、これは前にも載せたっけ?




_1080253

あんまり撮る場所が無いと思いますね、KIXは。

日の出ているうちに行って、橋と飛行機を絡めたショットを狙うのが一番でしょうか。



_1080865

TXLでの魚眼ショット。色は珍しくLightroomで変えました。

このトーンはちゃちゃっと出した割りには、よく出来てるかと。

わりとお気に入りのショットです(笑




_A104505

これはFRAで、B747タキシング中の機内から。

比較的窓がクリーンだった&光線条件が良かったので、40-150mmですが綺麗に撮れました。

ただ、タキシング中は数百分の1のSSでも結構ブレるので、注意が必要です。



_A104512

同じくFRAで。タイは初めてヨーロッパへ行ったときに乗りました。

ちょっぴり懐かしい(笑



_A104599

これもFRAにて。今度はタキシング中のA321機内から同じくタキシング中の機体を撮影。

こういうとき、秒間5コマぐらいの連写が欲しくなります。



_A114614

Lufthansaばっかりだったけど、そういえばこんなカラーもあったなぁ。

airberlinって書いてあるから、これだけ集まってるのはテーゲルでしか撮れないショットかもしれませんね(笑




PA114618

ポップアートIIを使いました。SiXTって沢山広告があったけど、未だに何なのかよく分かってない(笑




_1080851

これも魚眼を使ってみたかっただけ(笑

映り込みとかが気になるので、これもLightroomで適当に色を付けました。

もうちょっと近づけたらインパクトがあっただろうけど、原理的に無理だなぁ(^^;)ゞ



_A144936

んーと、これは45mm F1.8で撮ったのか。

ホワイトバランスが寒色にコケてるけど、それがなかなかぐっどd('ー^*)




PA144942

エアバスでけー(笑

ポップアートIIを+0.7EVあたりで使うと、フィルムっぽい色調が出ることがあります。

ただ鮮やかで派手なポップアートIよりも断然使うことが多いです。

アートフィルターは露出補正と組み合わせて使うと、表現の幅が広がります。







この冬は1度か2度でいいので、雪の降るようなくっそ寒い中、伊丹へ撮影に行ってみたいです。

言ってるだけで行かないような気もしますが(笑

10月の伊丹空港


Category: Photo, Camera   Tags: ---
10月は三連休の中日に一度だけ、行きました。

撮りに行きたかったのは事実ですが、どちらかというとLumix G2のテストを兼ねてましたね。

人、めっちゃ多かったし(^^;)


_A074237



_A074263




_1080229



最近本当に連射性能が欲しくてたまらないです。

E-P3買うときはRAWでサクサク撮れるのがそもそもの目標でしたので、それはそれで良いのですが・・・

やっぱり、秒間5コマぐらいは必要!

E-M5やE-PL5ぐらいに連写出来ればなぁ、と思う日々です。

鈴鹿へWTCCを観に行って来ました


Category: Photo, Camera   Tags: ---
すげー間が空いちゃって申しわけ無いんだけど、鈴鹿へWTCCを見に行って来ました。

土曜日予選、日曜日が決勝だったのですが、両方見に行って来ました。

周りからは元気ですねー、と言われました(笑



パレードランも結構盛大に行われていましたね。

大量のNSXや歴代フェアレディZ、いすゞ ベレット、マツダ コスモスポーツなど。



鈴鹿だからもうちょっとホンダ押しでも良かったけどね(笑






予選の方は、カーレース自体初めてだったので、ちょっとは下見になるかな?

という算段だったのですが、WTCCの方はあまり見ることが出来ずS耐ばかり観てました(^^;)



シビック ユーロR。

英国生産になった初号機ですが、んー、いま見てもやっぱデザインは微妙かも。






レクサスGSが出てたのは面白かったなぁ(笑

こういうクルマって案外こういうレースも似合うと思うんですけどね。

僕はやっぱりハコが好きなので(^^;)





デミオくんも元気に走ってましたw

当然下のクラスでの参戦で、ヴィッツも居たんだけどデミオが抜いてました。






一番強烈な印象を持ったのは、やっぱりこのSLS AMGかなぁ。

排気量のケタが違うせいか、V8でももの凄く野太い音がするんですが、あんまり回して無いのか静かなんですよね。

そんでぶっちぎりに速かった・・・w





逆に一番うるさかったのがZ34たち。

やっぱりNAエンジンがうるさくていいですね。ちょっと聞いてる分にはね・・・w





決勝当日は空広さんと合流。

当日、サーキットの駐車場は大変込みますが、空広さんはバイクなので余裕の駐輪。羨ましい(笑

とりあえずホームストレートから第二コーナーまでは指定券が必要なので、逆バンクで観戦しました。




ローリングスタートでこの込み具合。

でも今年は第一コーナーでのクラッシュはなかったみたいです。





先頭はやっぱりシボレークルーズでした。

シボレークルーズは今年限りらしいですが、結構カッコいいですよね。






あの速度でこのテールトゥノーズ。いやー、凄い凄い!

場所が場所だけにオーバーテイクのシーンは見れなかったのですが、張り付いてるのは存分に楽しみましたw





しかし流し撮りって難しいなぁ。

完璧に動きが止まってる写真だけで、10枚に1枚もなかったきがする。

そして周りには便利そうで立派な機材を揃えた方が沢山・・・

ミラーレスって中途半端過ぎて、あんまり使ってる人は見ません。

ニコン1とNEXを1台ずつ見かけただけでした(^^;)





結局狙ったようなショットはなかなか撮れませんでしたが、

箱車のレース、それも国際レースをこれだけ楽しめましたので十分ですね(笑

やっぱりサーキットを走ってみたくなりました。

鈴鹿ぐらい広いサーキットだったら、ロドスタよりももうちょっとしっかりしたので走ってみたいなぁ。

それこそ空広氏のシビック タイプRとか、個人的にベスト。一度、いかがですかー(殴




次は個人的に一番好きなラリーカーを見に行きたいですな。

実は北海道までRALLY JAPANを見に行くのが以前から目標なのですが、手始めに来年あたりにJRCAを見に行こうと、密かに企んでおりますw

11 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

10

12


 
Profile

griffith5000

Author:griffith5000
趣味や雑記を、気の向くままに書いていこうと思います。最近はカメラ・文具・デジタル機器の話題が中心です。
コメントはお気軽にどうぞ(^^)

TOTAL: 検索エンジン登録
TODAY: SEO対策
YSTRDY: メール配信

アクセスアップ


  • Administrator
  •  
     
     
     
     
    Internal Search
     
     
     

    Archive   RSS   Login