Griffith's Favourites

ライフハックとまでは行かないけど、物好き記録の場所。良いものを永く使いたいな。(*Flickrリンク切れは随時修正予定)

 

ブルームーン


Category: Photo, Camera   Tags: ---
Blue moon

いつしかひと月に2回満月があるのをブルームーンと呼ぶようになったそうです。

日本では今月それにあたり、前回の満月は8月2日でした(確か)

今日の大阪は夕方に強い雨があったので月の撮影が懸念されましたが、現在雲はあるものの比較的晴れてきました。

普段わざわざ月を見ることも無いと思いますが、ちょっと特別な気持ちで夜空を見上げてみてはどうでしょうか。

iTu nesのネットラジオを録音する


Category: PC&Game   Tags: ---
iTunesのネットラジオ、2年ぐらい前から時々聞いてます。

バロックやボサノヴァも時々流しますが、一番のお気に入りは80年代のフレンチポップスを永延と流してくれるFRANCE80です。

ずーっと聞いてると耳に残る曲も沢山出てくるわけで、最初はYoutube等で検索し、当時の映像を楽しんでいましたが、

そのうちPCやiPhoneに保存して、特定の曲を好きなときに聞きたいという欲求が出てきました。

そこで録音できないか考えたところ、MacならRadio Loverというソフトがこの欲求にぴったりだという事がわかりました。

Screen Shot 2012-08-13 at 16.36

使い方は至って簡単で、まずはiTunesで録音したいラジオを開き、

次にRadio Loverの右上の方にある、[iTunes...]をクリックしてラジオのリストを読み込みます。

あとは録音したいラジオをダブルクリックすれば録音開始です。

当初、ラジオが連続的に一つのファイルとして録音されるのだと思ってたのですが、

このソフトの凄いところは、一曲一曲切ってくれた上にちゃんとArtist毎にまとめて自動でアーカイブされるところです。

しかも録音された曲はiTunesのプレイリストに自動登録されます。

従って、大量に録音した後も、iTunesのRating機能を用いる等して、好みの曲を選別するのが非常に楽でした。

僕の場合最終的にWAVに戻してCD-Rに焼くのが目的だったのですが、

デコーダーソフトにiTunesからドラッグ&ドロップが可能でしたのでまたまた楽ちんでした(笑

ただし、無料版ですと30分毎に一旦録音が終了してしまうのが不便なところです。

有料版は永延と録音してくれますが、15ドル程度だったのですぐに払っちゃいました(^^;)





Windowsの場合、標準のRecorderなんかで録音できるみたいですが、普段ONKYOのSE200-PCIから出力してますので、この手の手段が使えないみたいでした。

(ま、標準のオーディオデバイスを優先的にONにすれば出来そうな予感がしますが)

今回はMac向けのRadio LoverがiTunesとの連携も抜群でとっても良いと分かったので、個人的には大満足です(^^)

SSD導入完了


Category: PC&Game   Tags: ---
_8230668.jpg

イマイチぱっとするのが無かったけど、送料とか信頼性とか速度とかも考えて、これになりました。

7000円ちょっとでしたが、今週のソフマップの週末セールで128GBのが6,980円でした・・・

ま、もういいですけど(^^;)



_8230669.jpg

2.5inch→3.5inchのアダプターがついてました。

でも、HDD冷却の為の空間を考慮すると入れる場所が無いので、使いませんでした(笑




_8230672.jpg

超いい加減な設置法・・・SSDならではですね(笑




SSD.jpg

シーケンシャルは最新のTBストレージと変わらんけど、小規模ファイルの読み書きが異常に速い!

SSDの速さ自体は2年前の秋にMBAを購入してから既に体感済みですが、やっぱり速いもんは速い。

特に、ココアを作ってる間にSP1の導入が終わったのには正直笑えました(笑



WS000102.jpg

Windows Experience Indexも5.9から7.7に。

ま、ボトルネックはグラフィックですが、HD25000は省電力なのでこのまま使いたいところです。

実は相性問題なのか、ディスプレイの出力にちょっと不安定な要素があるので、HD5550のボードを売らずにとってあります。

最初はHDMIとDVIでデュアルしてたんですけど、再起動後いきなり片方の出力からしか出なくなりました。

しかもその後、その片方がHDMIだったりDVIだったりして、そのたんびに繋ぎ変え。

OSの再インストール時もそんな感じだったのですが、今度はHD Graphicsのドライバを入れて再起動後に復活しました。

これが一昨日の昼の話で、あれからは安定してデュアルで使ってます。

かなり原因不明なんだけど、このまま安定してくれれば・・・と思ってます。

魚眼レンズ


Category: Photo, Camera   Tags: ---
A lighthouse and my younger cousin

父の実家、下蒲刈にて。右に写ってるのは年下の従兄弟です。






I'm bored

その従兄弟のところが飼ってる猫ちゃん。

名前はミカンちゃんと言います。由来は知りません(笑

猫はいいですねー。最近猫ちゃんがだいぶ好きになってきたので、飼ってみたいぐらいですw







魚眼レンズ、まだあまりしっくりと来ないですねぇ。

是非使いこないしてみたいものですw

ペンとインク - Diamine Teal


Category: Stationery   Tags: ---
Pen & Ink - Diamine Teal + Waterman Perspective


Diamineらしいサラサラしてて粘度の低いインクです。

でも、Feathering(毛が生えるやつ)や裏抜けはそんなにありません。

青緑のことを"TEAL"と言うのですが、このインクに出会ってから知りました。

写真は少しだけ派手で、実際にはもう少しだけ落ち着いた色をしています。

Diamineのブルーブラック系のインクは、blue black < twilight < teal の順で緑っぽさが増します。

耐水性や耐光性を見る限りどれも酸化鉄系では無いみたいなのですが、特にこのブルーブラックは扱いはやや難しい気がします。

それに比べればTealはフツーの染料系インクに比較的近いように感じます。





パースペクティヴの出番は今のところ年に2回ほど季節色インクを入れるぐらいですね。

殆ど完全に気分転換用のペンになりつつあります(笑

OLYMPUS PEN E-P3を購入して丁度一年が経ちました


Category: Photo, Camera   Tags: ---
1-year anniversary for my PEN!

E-P3が家に到着してから丁度1年が経ちました。

オリンパスがE-P1を出したときはかなり冷ややかな視線を送ったものですが、

レンズの大切さに今一度気づき、マイクロフォーサーズのレンズラインナップも充実、

ボディも一眼レフには及ばぬものの、ビギナー向けからは脱しつつあったので魅力的に映ったため、

時計を売ったお金で一式購入してしまったのです。標準レンズだけは売りましたが(^^;)

EVFなどのアクセサリーも積極的に購入してしまい、今やMFT専用レンズだけで7本所持しているなど、完全にやられております(笑

しかし今まで以上に本気で写真にのめり込み初め、E-P3だけでも2万ショットを超えました。

今までと根本的に異なるのが、写真を撮るのが目的になりつつあることです(笑

写真を撮ること自体は昔から楽しかったのですが、わざわざ撮影の機会を設けたり被写体を探したりするようになったのはここ1年の話。

スナップ、という撮影スタイルに楽しみを感じるようになったのも、E-P3に出会ってからです。




それと、長らくレンズ非交換式に拘って来た(半分は予算の都合ですが・・・w)のですが、やはりレンズ交換式はいいですね。

一番のお気に入りはM.ZD 9-18mm F4.0-5.6ですね。

購入直後は標準レンズ慣れしててピンと来ないレンズでしたが、今では無くてはならないレンズです。

最近は換算18mmでも広角不足だと感じる事もあり、今なら換算14mmでもガンガン使えそうな気がしますが、

あの気軽さと36mmという準広角までカバーする使いやすさが止められないです。

ただ、最近は撮影の幅が広がった分動体も撮るようになりましたので、そのうち望遠はAPSに移行する予定です。

しかし魚眼と広角ズームに関しては、かなりの間MFTに任せられるでしょう。




明日はオリンパスから60mmマクロが発表されるみたいですが、やはり気になるのはお値段ですね。

マクロレンズだけ無いと言えば無いので、実はちょっと欲しいのですw

ま、先にボディをひとつ増やす予定ですが(ぉ?

9月のphotokinaでの発表祭りも楽しみです。それで中古ボディーの値段が下がってくれればなおよし(笑

Desktop Gadgets


Category: PC&Game   Tags: ---
更に備忘録もういっちょ。

Desktop GadgetってMSの公式サイトでは配布終了したみたいですね。

MeやXP時代からずっとシステムをモニターしながら使ってきてますので、

僕にとってこの手のユーティリティは必須です。

Windows7に乗り換えてからはずっとDesktop Gadgetを使ってました。


SystemMonitorII.jpg

DriveActivity.jpg

ここ2年ほどはずっとSystem Monitor IIとDrive Activityを愛用しています。

System Monitorは自分の欲しい表示機能がそこそこコンパクトに、かつ殆ど全て表示できてしまうのが便利です。

Core2 Quad時代はコアの倍率変化やどのアプリがマルチコア対応なのかすぐに見分けが付きましたし、

3450Sに乗り換えてからはTurbo Boostが効く瞬間が本当に目で見て分かります。

そしてCPUの温度とRAMの使用率ぐらいは常に把握しておきたいものです。

これらを表示してくれるガジェットは結構沢山ありますが、温度までキッチリ出してくれるものはそう多くなかったと思います。

実際にはもう少しコンパクトな表示にして使用してます。





もう一つがDrive Activityというソフト。

これがあればどのドライブが今ビジーなのか、瞬時に判断できます。

今ビジーなのでファイルの移動はちょっと後にしておこう・・・なんて使い方ですかね。

移動を開始してしまってからすごーく遅くて後悔する、なんてことが減ります。

HDDのガジェットといえばストレージの容量を表示してくれるものが多いですが、

時々Computerを開けば瞬時に分かるものですし、そもそもあんなのを常に監視しても意味が無いです(^^;)

ストレージへのアクセスを表示してくれるガジェットは意外と少ない上に、

このガジェットは必要最小限にして十分な情報を得られるので重宝しています。

Windows7 インストールの際の備忘録


Category: PC&Game   Tags: ---
今回OSを入れるときや過去のパーツについて知るとき、やはり自分のブログが役に立ちました。

ここの立ち上げ自体が元々備忘録が主な目的ですので、4年も経ったせいかその意味で最近随分と助けられることが多くなりました。

なので今回(も)苦労した部分を記録しておきたいと思います。



[1]日本語キーボードが英語キーボードに認識される

初めにControl PanelのRegion&Timesにおいて、日本語をインストールしたのは良かったのですが、

今回は何故か全角/半角キーをおしても「`」が入力されるだけで、どうやら英語キーボードに認識されている模様。

一瞬それなりに苦労したのでこれを機に英語キーボードに乗り換えようかとも本気で思ったぐらいですが、そんなに難しくない対処法がありました。

WS000081.jpg

レジストリを開き、HKEY_LOCAL_MACHINE>>SYSTEM>>CurrentControlSet>>services>>i8042prt>>Parametersを開く。

そしてLayerDriver JPNを101→106に、OverrideKeyboardIdentifierを101→106、OverrideKeyboardSubtypeを0→2

に変更するだけです。最初は見事に101、101、0でした。

最近日本語JISキーボードが随分と使い難く感じるようになっていますので、そのうちテンキーレス英語87キーボードに乗り換えると思いますが、

またFILCOのキーボードでWin7を入れることがあるのでここに示しておきます。





[2]勝手にスリープ/ハイバネート復帰してしまう

この現象は今回が初めてでした。最初はマザーと電源との相性で起こるものかと思いガッカリしたのですが、

その動作をよーく観察してると何かがモゾモゾ動いてる予感がしたのでちょっと調べてみると、

やはりWindows7では強制スリープ復帰も可能になっているとのことです。

WS000080.jpg


Task Schedulerに入ります。そしてConditionsとTriggerの項でそれっぽいのを虱潰しに覗いていきますw

自分の場合、Triggersの項にそれっぽいのが2つありました。

正直こんなのでスリープ復帰してたのかと思うと半信半疑でしたが、一応ここ2,3回は静かに眠ってくれてますw




[3]自動ログイン

複数アカウントは使用していないので、シェルの起動後はそのまま勝手にログインして欲しい。

XPだと簡単にできた記憶がなんとなくあるんだけど、そういえば7に乗り換えてからは煩わしい思いを毎回してるような。

WS000082.jpg

ここではControl Userpasswards2というタスクを呼びます。こんなのあるとは知らんかったなー。

検索しても出てこないらしく、ファイル名を指定して実行(RUN)から直接呼ぶしか無いです。


WS000083.jpg

WS000084.jpg

Users must enter~のチェックボックスを外せば、ログイン操作が省略されるらしいです。

それでもスリープ復帰はログインボタンクリックしなきゃいけないですよね・・・どうにかなりませんかね?








とりあえず今回はこの三つです。。。

六色林檎ステッカー for MacBook Air


Category: PC&Game   Tags: ---
ココで売ってます。とあるブログを見て、瞬殺で注文してしまいました。


_8080150.jpg

注文時に入金したら、メール便なのに翌々日の朝には届いてました。

一枚220円で、送料は80円だったのですが、予備とか人に上げるとかなんとかで3枚ぐらい買ってみました。




_8100191.jpg

早速貼ってみました。ん~なんか不思議な感じですなw




Oldie six-coloured apple mark

一応透明ですので、ちゃんと光ります。うん、めっちゃいい!お気に入り!

後は他人がどうツッコミを入れてくるかですねぇ。

これに関しては自己満足ですので、一人で静かに(・∀・)ニヤニヤ してれば満足ですけどねw

HDD速度計測


Category: PC&Game   Tags: ---
各々HDDの使用状況が異なるので、測定条件は揃いませんが、現状把握という意味で計測してみました。


WS000070.jpg

今回購入したST2000MD001です。2TB、7200rpm、3枚プラッタだそうな。

さすがにシーケンシャル、中々速いですね。

512Kも一昔のUATAのシーケンシャルと変わらぬ値。なぜかReadが遅いのが気になりますが・・・w




WS000072.jpg

WD1001FALSです。2年前に購入したウェスタンの黒キャビアモデルです。

43%も使ってるので結果は微妙ですね(^^;)

いつも2~4度ほど温度が高いので、発熱は大きい模様です。その割にスペックは微妙。



WS000073.jpg

WD10EALXです。去年購入のブルーモデルです。

カラなのでいい値だしてますね。上記2つはSATA3.0接続でしたが、これ以降はSATA2.0での接続です。

(多分、変わりませんw)



WS000074.jpg

最後にST3500320AS。Seagateの11世代目Barracudaの500GBモデルで、2008年3月購入です。

何気に黒キャビアに肉薄する性能ですね・・・




WS000079.jpg

実は今回、OS入れるのをちょっとミスったようです。

Product Keyが入らないんでおかしいな~と思ってましたら、今持ってるOSはUpgrade版でした。

あと29日で起動不可に。。。

悔しいので、1,2週間したらSSDを購入して再度入れなおそうと思います。

自作PCを組み直しました。3世代目へ~


Category: PC&Game   Tags: ---
Windowsが手放せないのは自作という手段があるから。

そして自作のPCは僕にとっては目的を達成する手段であり、それ自体が楽しみというわけではないのです。

2012年8月初頭における構成は、極端に大消費電力でもないのですが、ケースやFANを工夫することにより

静音は十分確立していたのですが、夏場はその消費電力による熱さが気になっていました。

CHASSIS: Antec P183
M/B: ASUS P5K-E
CPU: Core 2 Quad Q6600(定格運用)
CPU cooler: サントラスト 薙刀(NAGINATA) STNAG-UN
Memory: UMAX DDR2-800 2GB x4(8GB total)
HDD: ST3500320AS
WD10EALX(OS)
WD1001FALS
VGA: HD5550
POWER: Antec Neopower 500W
Others: Onkyo SE-200PCI


この状態で大体、アイドル時で130W、ベンチマークではないけどかなり働かせて190Wでした。

この4年間でメモリ追加、HDD追加、ケース入れ替え・・・と色々ありましたが、

CPUとM/Bはそのままでしたので基本要素はIntel 3世代で組まれていました。

最近ごく細かい点において動作がおかしい(OS入れなおしで解決?)のと、最近のパーツの動向を見て主要パーツを入れ替えることにしました。

基本コンポーネンツが3回目の更新になりますので、3rd generationという事です(笑



_8080135.jpg

当初はSandy Bridgeで中古パーツメインで考えていたのですが、どう考えてもCPUはIvy Bridgeの新品を買った方がお得でした。

従ってマザーも必然的に7世代目を選ぶことになりました。

CPUはQ6600よりも倍は速い上にTDP65Wと少食な3450Sをチョイス。お値段16K弱。

マザーはHD Graphicsを一度使ってみたかったので、マトモなメーカーでZ77 or H77で所定の機能(RAID、PCIの数)を持ったものに絞りました。

そこで今回初めてMicro-ATXで組むことに。

拡張性がこれで十分なのが分かってるのでATXに比べ4Kは安く買えるのも大きかったですが、

今回消費電力削減は大きな目標でしたので、無駄は省いてみたい、ということとでMicro ATXをチョイスです。

(Micro ATXだから消費電力が下がる、とは思っていませんが)

これだけヤフオクで新古品を購入して、9K弱でした。

その気になれば2400Sと6世代目マザーで組むとこの2つで16Kにも抑えられましたが、まぁ今回はそこまでせんでいいでしょう(^^*)



_8080149.jpg

写真の撮り過ぎで足らなくなってきたHDDの容量、今回はSeagate製2TBのHDDを1機追加しました。

そして一応手持ちの中では最も高速ですので、これにOSを入れます。





それでは、組み直します。レポートあるけど、そっちは後回しにしました(笑

_8080139.jpg

現在、中身の最終的な外観はこんな感じ。

AIT HD5550が見えますが、こいつはHD Graphics 2500に満足できなかったら復活させます。

5インチベイはパイオニアのDVDドライブと、ファンコン、そしてクーラー付きの3.5インチHDDラック。

今回このラックは外して使用せず、代わりに下段の3.5インチシャドウベイにHDDを縦置きしました。

今まで縦置きは避けてましたが、まー、スリムタワーとか皆そうだし、もういいでしょ(笑




_8080140.jpg

マザーボードごっそり取り外しました。薙刀クーラー、汚れはまあまあです。

1,2年前に一度清掃してるはずですので、この汚れは確か2年分かな。




_8080142.jpg

新しいマザボにCPUを入れます。この瞬間、なんだか好きです。自作してる~って感じがします(笑

写真がないけど、メモリはADATAのPC12800の8GBを2枚、計16GBとしました。

これだけあればPhotoshopでLow On Memory!って怒られる可能性が減りますね!



_8080147.jpg

Micor ATXのマザボを組み込むのは初めて。

当初、背面板とマザボとの間に入れるネジ(雌ねじと雄ねじがペアになってるやつ)を入れ忘れてて、

そのせいで4本しかネジ止めできずにペラペラしてて作業しにくかったです。

24ピン電源端子のある右端はネジ止めできないので、ペラペラは避けられない模様。




_8080144.jpg

一瞬アレっ?と思ったのがCPU給電用の4ピン端子。今まで6ピンだったんですよね。

4ピンなんてねーぞ(゚Д゚)ゴルァ! と思ったら、ケースの底にタイラップで畳んでました。




_8090169.jpg

そんで起動&OSインストール。消費電力がほぼ半減・・・HDD一機追加してるのに、こりゃすごい!

CPUが3450Sになったのが大きくって、確かに背面ファンから出てくる風の温度が桁違いに下がりましたが、

グラボ削除、5インチベイの8cmFAN削除、メモリが4枚挿しからから2枚挿しに・・・

と、細かい点も確実に効いておるのではないかと思います。

次の日Lightroom3も入れましたが、ファイルの置き場をWDの黒キャビアにしたのと、

単純にメモリ速度&CPUパワーが上がってるのとで確実に処理速度が違います!

今回のアップデートは本当に満足度が高過ぎる!

パーツの選定&コスト計算に何時間も費やしただけはあるなーと(^^*)


WS000077.jpg

Windowsによるレーティングはこれぐらいでした。GraphicsはHD5550と比べてもちょっと落ちますね。

全画面での動画再生など出来ればそれで良いので、現状ではHD5550は売却方向でしょうかね。

Keian KTV-FSPCIE購入


Category: PC&Game   Tags: ---
_8060122.jpg

前々から地デジだけで良いので録画のできるTVチューナーが欲しかったのでした。

しかしPCの消費電力が大きすぎてずっとつけておくと部屋が暑いだとか、

HDCPとかデジタル暗号化とか面倒だなーとか、そんな理由でずっと延期。

でも、今回ちょっと思い立ったので格安であるKeianのチューナーを購入したのです。



_8060124.jpg

とりあえず接続テストの図。いい加減過ぎる(笑




_8060130.jpg


純正のソフトでとりあえず動作確認してみました。ついでに録画も。とりあえずちゃんと映ります。

実はゴニョゴニョするとか正直面倒だし、そこまで必要だと思ってなかったのであまりやる予定では無かったのですが、

ちょっと使ってみて問題なのが録画放置させるためにディスプレイの電源だけ切ると、

復帰の際Ctr+Alt+DelのあとESCを押すというオマジナイが必要なことです。

まぁ、とりあえず付属のソフトはそれなりに使い勝手が悪いということで、やはりアレをやるべきなのですかね。



_8060129.jpg

リモコンは超チープですw

でも前画面時はこれがないと操作できません。

んー、個人的にはキーボード&マウスでも操作が完結するようにして欲しかったなー。

やっぱりゴニョるか・・・w





ま、とりあえず見れるもんは見れますし、暇なときまた考えますかね。

E-P3での撮影枚数が2万ショットを超えました


Category: Photo, Camera   Tags: ---
DSCF1555.jpg


E-P3購入から丁度11ヶ月経った先月、2万ショットを超えました。

5月までは月に1000ショットぐらいだったのですが、伊丹に通い始めてから一気に撮影枚数が増えました。

伊丹の通い始めの頃は、とにかく色んなタイミングで撮りたくて無駄に連写を重ねてたのも一因です。

最近はある程度狙いを絞れるようになったので、少ない撮影枚数でも満足出来るようになりました。

それでも秒間3コマでの連写ですので、もしもEOS7DとかSONY Alpha Seriesで動体撮影を始めたら

とても2万ショットやそこらでは済まないでしょう(笑

それでも結局メインは静止体やスナップ、風景撮影ですので、やはり月1000ショットぐらいに落ち着くでしょう(笑

DSC-R1では書き込みに5秒もかかるRAW撮影だった為、5年間で8000ショットでした。

ファイル名は4桁ですので、1万枚超えたらオーバーライトされないかちょっと不安でした。

E-P3の場合、ファイル名を自動化しておくと取り敢えず大丈夫みたいで、フォルダも100→101→102→・・・と増えていくみたいです。

102Olympus.jpg


やはりDSC-R1と比べるとやはり撮影テンポは良くって、特にお散歩&スナップには丁度良いカメラです。

画質には不満点もあるものの、撮影の幅は大幅に広がったので総合的にはやはり満足してます。

ライブビューを使い始めてから操作性にはほぼ不満が無くなりました。

コレ以上はGHシリーズかAPS一眼レフ中級機種以上でないと無理です(笑





マイクロフォーサーズ参入を決めた当初、E-P2やE-PL2、E-PL1sあたりの中古ボディを安く狙っていました。

しかし、結局のところ当時出たばかりのE-P3を新品を購入してしまいました。

VF-2などの高価なアクセサリまで揃えてしまい、時には若干後悔したのですが、これだけ使うとなるとこれで良かったなと思っています。

ま、これだけレンズ資産を蓄えれば撮影に行きたくなりますよね・・・(^^;)

驚異のレンズ購入スピード - LUMIX G FISHEYE 8mm F3.5購入


Category: Uncategorised   Tags: ---
Lumix G Vario 100-300mmを買ってしまってから、もう暫くは何も買うまいと思ってたのに、これですよ・・・w


20120730-DSCF1552.jpg


それだけに、今回も相場より少し安く手に入れました。

100-300mmは落札価格に見合わない程に美品でしたが、今回のは少しだけ使った感じがあります。

それでも僕が本気で使い出したら1ヶ月も経たないうちにこれ以上に使い込むだろうし、

レンズ自体はホコリの混入もなくとってもキレイなので、やはり御値段の割には良かったかなと(笑





20120730-DSCF1550.jpg

キャップは被せ式です。純正だけあって過不足無く良い感じです。

Takumar 55mm F1.8のキャップも過不足無く良い感じなのですが、あちらは金属です。(恐らくアルミ)




20120730-DSCF1548.jpg


さて、この外見からも普通でない瞳。これから写し出される景色はどんなものなのでしょうか。




20120726-_7269375.jpg

適当に通学道中スナップ。暑いです、暑いです・・・。

そして手ぶらでカメラのみぶら下げて学校に登校する人なんて、僕以外に見たことありません(笑

このショットはプランターの植木を写してみたもので、とりあえず中央のモノがディストーションが少ないという例、としておきます。



20120727-_7279381.jpg

大きな木を見上げて撮っても、そのほぼ全貌を収めることができます。

超広角レンズらしく、少しの立ち位置、少しの角度で大きく画が変わります。




20120727-_7279384.jpg

これは全体的に煩雑で、整理されてなくって、作例としても微妙です。

Jpeg出しでも緑がわりといい色が出てたのと、絞って撮ったときの光芒の出方が比較的好みなので載せました。

この光芒の出方、僕のイメージではとっても一眼レフっぽいです。

六枚絞りだから?と思ってよく見たら、7枚絞りだし。

他に撮った写真を観察しても、どう見ても7枚絞り・・・だから絞りの枚数は関係ない(^^ゞ

どう表現したらいいんだろう・・・








とりあえず、久々に購入時にはしっくり来ないレンズを買っちゃいました。

購入時にしっくり来なかったレンズとしては、M.ZD 9-18mmが一番思い出深く、

Nokton 25mmなんかも実は若干・・・

M.ZD 40-150mmも航空機を撮り始めるまでは、とりあえず望遠を確保してるだけ、という意味合いが強かったです。

しかしごく最近購入したレンズは比較的用途が決まっていたこともあり、最初の1,2回の持ち出しでおっと思えるようになっていました。

それがM.ZD 45mm、Lumix 100-300mmです。Carenar 135mm F2.8、Takumar 55mm F1.8もそうかも。

Lumix 100-300mmなんか、飛行機撮りだしたら一発で購入したのを良かったと思いましたよ(笑

そういう意味では、買った後にちょっとやばいなーと思えるレンズは、M.ZD 9-18mm以来です。

そんなM.ZD 9-18mmも今ではスナップには必須のレンズで、広角側も換算14mmぐらい無いと超広角だとは言い切れないや。

そう思うまでになりました。

マイクロフォーサーズに求めることとしてはM.ZD 9-18mmで満足してますので、Lumix 7-14mmを買うことは絶対にありえません。

ま、とりあえずこういった個人事情はこれぐらいにして・・・

8mm対角魚眼、使いこなしていきたいですねー。

これさえ使いこなせれば、対角魚眼から600mmの超望遠まで、標準領域は単焦点を主体としつつも、

ひと通り殆どの画角を扱えるようになったと言えます。

だからどうした、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、僕の場合適材適所、そこそこ面白い、あるいは満足できるクオリティで目の前の風景を収めたい。

というのがそもそもの出発点ですので、プロやハイアマチュアの方とは異なります。

ですので魚眼に関してはこのレンズが本命で、余程の変化が無い限りこれ一本で済ませる見通しです。

Olympus VF-1購入


Category: Photo, Camera   Tags: ---
M.ZD 17mm F2.8パンケーキ用の光学ビューファインダー、VF-1を購入しました。

DSCF1543

↑F700で撮りましたが、この様な場面では本当に良いカメラだと思わざるを得ません・・・

これは大して必要でも無かったので、ヤフオクで3000円程度でひたすら入札してたら、

いつの間にかそのまま落ちてました。ラッキーな事に送料込みで3000円でした。

何故コレを購入したのか?どなたもきっとそう思われるでしょう。

実際、17mmのパンケーキを使う分にはEVFであるVF-2さえあれば十分というか、機能的には断然VF-2のものです。

ということは当然、他に意図があったのです(・∀・)

ま、まずはその外観や機能から。



20120721-DSCF1538.jpg


VF-2と比べると当然コンパクトで軽量です。軽量といっても、精々数グラムか十数グラムでしょうが・・・

VF-1装着時、アクセサリーポートの電子接点は開いたままで、カバーはできません。

まあ、E-P3自体防塵防滴を謳ってるわけじゃないし、この点は全く気になりません。




20120721-DSCF1536.jpg

このファインダー、一応単体で買うとなれば1万4千円程度のシロモノらしいです。

それだけに、一昔前のコンデジについてた(それこそF700とか)光学ファインダーとは全然異なり、

明るさや歪曲など、そこそこだとは思いますが、ちゃんと考えて作られていると感じました。

特にファインダー内の四角い枠は見やすく便利です。

ただし、これ自体は17mmよりもやや狭い領域を示してるようなので、撮影範囲は考慮する必要があります。

デジタル全盛時代、この点はそれ程問題ではないでしょうね。最悪トリミングで済みますので。

しかしパララックスの問題は根本的に解決不可能ですし、当然AF枠・露出に関する情報といったものは

VF-1を覗いている限り一切得られません。

それでもVF-1を後から購入するには、17mmパンケーキをパンフォーカス・感覚頼みの露出補正で用いて昔の気分を楽しむか、

他に特別な意図が無いと有り得ないでしょう。

僕の場合、その意図とはこれでした。



_7228533

伊丹空港にて、千里川土手で広角レンズで撮りたい、ということです。

広角・日中を前提としてるので、置きピンMF・絞ってマニュアル露出というのが前提です。

こうなるとあとはフレーミングだけ。

E-P3の場合、秒間3コマの連写が可能ですが、VF-2を覗いてるとブラックアウトしてる時間が気になります。

それでも気にせず飛行機の速度に合わせてカメラをスイングさせればいいのでしょうが、なかなかそうは行かないのです。

広角レンズの場合、その歪曲を考えるとトリミングは不適切で、フレーミングも特に大事だと思っています。

トリミングで対処できる範囲が望遠レンズと比べると極端に限られるか、寧ろトリミングしたくないというのが本音です。

こうなると、VF-1を用いて正確にフレーミングするのは有用だと感じたので、購入に至った次第です。

_7228597

当然ながらM.ZD 9-18mmでは殆どの焦点距離でVF-1で見るよりも広い場所が写ります。

ちなみにモニターと見比べてみたら、VF-1の白線外も含めると換算32mmぐらいまで見えるように感じました。

これでも広角側は不十分ですので、あとは使って慣れて、カンを頼りにするしかありません(笑


_7228563

Q400クラスの機体ですと換算18mmでスッキリ収まります。

ふと見たら色収差、ちょっと目立ちますね。グリーン&マゼンタ方向。

最近あまり気にならなくなったので殆ど補正することがありませんが、印刷用には色収差を補正しておきますかね(笑





この日、帰り際に首から3台のカメラをぶら下げたオジサンを見まして、

そのうち1台がE-Pシリーズの黒ボディで、VF-1をつけて動画を撮っておられました。

きっとVF-1を使う人って、こういう用途ばかりなんじゃないかな(笑

08 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

07

09


 
Profile

griffith5000

Author:griffith5000
趣味や雑記を、気の向くままに書いていこうと思います。最近はカメラ・文具・デジタル機器の話題が中心です。
コメントはお気軽にどうぞ(^^)

TOTAL: 検索エンジン登録
TODAY: SEO対策
YSTRDY: メール配信

アクセスアップ


  • Administrator
  •  
     
     
     
     
    Internal Search
     
     
     

    Archive   RSS   Login