Griffith's Favourites

ライフハックとまでは行かないけど、物好き記録の場所。良いものを永く使いたいな。(*Flickrリンク切れは随時修正予定)

 

ヨドバシにてレンズ遊び


Category: Photo, Camera   Tags: ---
_2256008.jpg

先日のOLYMPUS Photo Festa2012の後、そのまま梅田のヨドへ遊びに行ってみました。

NEX-7を真面目に触ってみたかったし、X-pro1の実物も見たかったし、

いくつかの気になるレンズも、よく考えると実物は見ただけだし、というわけです。

まずはLumix G 8mm F3.5 Fisheyeから。

_2256018.jpg

当日は自分のE-P3を持ってたので、装着しても良いか店員さんに確認してみたところ快諾。

こういうつもりでE-P3を持ってたわけではなかったのですが、

こういう試し方があるとは自分でも思いも寄りませんでした(^^;)

_2256021.jpg

↑開放、ほぼ最近接。

_2256022.jpg

↑F8まで絞ってみた。




このレンズはマイクロフォーサーズを選ぶにあたり、ひとつの指標にしたレンズです。

これだけ小さく、軽く、苦手な倍率色収差も抑えられた魚眼があることに驚き、

またマウント設計によりレンズの自由度が変わるということを思い知らされた一本です。

・・・といいつつ、魚眼は魚眼なので結構いいお値段がするので、まだ手に入れてません(^^;)

(先にM.ZD 9-18mm買っちゃったのもありますw)

その内絶対手に入れるつもりではいますが、魚眼はMFでも良い気がするのでSamyangの7.5mmも気になるところです。

しかしあまり韓国製品を増やしたく無いので触手が伸びないという・・・。






お次はLEICAの25mm F1.4。

_2256017.jpg

ボケ味は開放から綺麗で柔らかいですね。

流石にNokton程の溶けるような味わいまではありませんが、普通に使うにはこちらで良い気がします。

_2256014.jpg

↑F5.6

絞ればカリッとしてきますし、とても出来の良い標準レンズな感じです。

それでいて一回り小さく軽いですし、AFもあるのでやはりちょっと羨ましくなりました(^^;)




Lumix G Vario 45-200mm F4.0-5.6

_2256036.jpg

↑ワイド端換算90mm

このレンズはM.ZD 40-150mmと散々悩んだレンズですが、換算400mmまで無くてもよさそうだし、

中望遠なので軽くて気軽な方が良い、なによりオリの方が安い(笑

のでオリのレンズを買ったわけです。

改めてパナのレンズを触りますと、大きさはあまり変わらない気がしますが重いです。

_2256038.jpg

↑テレ端換算400mm

M.ZDと比べてそんなに劣るようにも感じないけどなぁ。

まあ、お店で適当に撮ってるだけなのでそうなのかも。

レンズ内手ブレ補正はあったらあったでやはり便利です。

でも、M.ZDには軽いしテレ端300mmだから必要ないかな。




ついでに100-300mmも試してみよう。

_2256037.jpg

↑ワイド端換算200mm

_2256031.jpg


↑テレ端換算600mm

600mmだと流石に普段とは違う世界なので、ぐっと寄れる感じがします。

Exif見るとお分かりですが、1/50秒手持ちですが、僅かにしかブレてません。

もちろんレンズ側の手ブレ補正を使いましたが、スゲー効果です(笑



あとはM.Zuiko ED 45mm F1.8

_2256045.jpg

_2256046.jpg



セットでM.Zuiko ED 12mm F2.0も触らせてもらいます。

_2256050.jpg

_2256055.jpg



どちらも良いレンズですが、主にガワの部分で価格の差はあると思います。

しかし45mmは恐るべしコストパフォーマンスです。

最初はこの画角は要らないし、このレンズ自体寄れるわけでも無いし、と思っていたのですが、

M.ZD 40-150mmのワイド端を使うことが意外と多いことに気づいたので、最近急に欲しくなって来ました。

というか、中望遠の単焦点はやはりあった方が良いっぽいので、開発発表されてる60mm Macro、75mmの3本のうち1本はいずれ購入するつもりで居ます。

12mmの単焦点はガワの作りも描写も大変素晴らしいですが、等倍で完璧にきっちりシャキッとするわけでも無いのと、

流石にM.ZD 9-18mmを持ちながら12mm単焦点はゼイタク過ぎるので買いませんw






レンズはこれぐらいであとはNEX-7、X-pro1、GX1、GH2、他APS機・・・と触って来ました。

E-M5については先日書いたとおりですが、簡単な感想を述べますと、

 
 ダイヤル、ボタン周りの作りは流石。操作感はほぼ申し分無いように感じました。値段なりの価値がありそうです。四角いボディは賛否両論あれど、安っぽい感じはしないし僕は好みです。
 但しEVFは何故かそんなに見やすいとは感じなかった・・・のはOLYMPUSのに慣れてるから?

 
 初めて手にしましたが、ボディの作りはあまり良いとは思いませんでした。X100のときも期待してたよりはチープな感じにガッカリしたのを思い出しました。ファインダーのギミックは大変面白く、工夫されたものではあったけれど、あくまで実用的なものではないように感じます。(でも、ぶっちゃけた話嫌いじゃないです) 35mm, 60mmのレンズを試したけどAFはE-P3よりはもっさりした感じでした。センサー性能は素晴らしいようですが、全体的にレトロさを押し出しているようで、好きな人には良いのかもしれませんが"撮るため"でしたらもっと頑張るところがあって良い気がしました。(主に操作系)

 
 普通に使う分にはマイクロフォーサーズ機の中では現状、最も良いと思いました。E-P3よりももうちょっとちゃんと考えられた操作系は羨ましくも思います。但しEVFは内蔵されてませんので、そういう意味ではそんなに変わらないかも。

 
 もうそろそろGH3も出るようですが、触ったことがなかったので一応。ミラーレスに於いてはレンジファインダーライクなデザインが好きなのであまり注目していませんでしたが、やはり操作系ではピカイチに感じます。けれど僕がミラーレスに求めてるものからやはりちょっとだけ、ズレてるような気がしますが、GH3が出るのがとても楽しみです。









もう3時だ・・・

ちょっと適当ですが、思い付いたままに書いてみました。

まとめると、この先の予定としてはやっぱりレンズですね。

中望遠単焦点、そんなに高くなくて持ち運びにも困らないもの、かつそこそこ寄れるものを一本。

あとは400mmF8か300mmF6,3のミラーレンズを狙ってます。

前者は既に発売済みですが、MFT専用モデルでないのでちょっと損した気分なのと、

値段なりでそれ程シャープに写るわけでも無いらしいので躊躇するところです。

後者はまだどの様なものになるか現時点では正確なことは不明です。

ただし電子接点アリでExifを記録してくれるらしいので、この点に関して特に魅力的です。

でもなんだかんだ言って400mmぐらいあった方が望遠として楽しめるのかな、という気もしなくもないです。

あとは・・・魚眼ですね。魚眼は絶対欲しいです。

でも、将来的にAPS-Cのシステムを構築したときのことも考えてレンズを揃えないと(^^;)

OLYMPUS Photo Festa 2012へ行ってきました


Category: Photo, Camera   Tags: ---
大阪では新大阪の会場にてお昼の1時からやってるらしい。

この手のイベントって殆ど行ったことが無いのですが、近いので簡単に行けちゃうってことで行ってみました。

_2255996.jpg

開場から20~30分遅れて行ったのですが、会場前には殆ど人が居なくてなんとなく心配になりました(^^;)

しかも雨だしなぁ・・・なんて考えつつ、2階にあがってみれるとちゃんと賑わっている様子が。

_2255980.jpg

入ってすぐにところにはデジタルを含めた歴代PENシリーズ・OMシリーズの一部が展示されていました。

_2255981.jpg

なんだかワクワクしてきますね((o(´∀`)o))

E-M5のカットモデルも展示されています。

_2255983.jpg


E-M5の体感コーナーは何処だろう?

と思いつつも、どうせ時間には余裕があるのでとりあえず目に入ったものから触ってみます。

_2255985.jpg

E-5、E-PL3、E-PM1、E-P3が置かれたテーブルが3つ4つありましたので、M.ZD 12-50mmが装着されてるE-P3を手にとってみます。

_2255986.jpg

電動ズームなので毛嫌いしてましたが、マニュアルズームも咄嗟に出来ますし意外と悪くないですね。

マクロボタンもあり、意外と寄れます。マクロボタン自体はなんだかちょっと使い辛い様に感じましたが。

動画を撮る要請が出てきたらこのレンズは高くも無いし、ありかなぁ。





ここでE-M5の行列を見つけたので僕も参加してみます。

待ち時間40分と書かれてますが・・・気長に、ねw

_2255991.jpg

こうしてみると色んなユーザーが居るんだなぁ、と。

普通の一眼レフのカメラコーナーよりはやっぱり、女性ユーザーが多い気がします。

_2255989.jpg

待ってる間にアメちゃん貰いました。

時間に余裕があるので舐めながら、気長に待ちます。

・・・気長にって程でもなく、実際には20~30分でE-M5にありつけたようです(^^*)

ここまでゆるーい気持ちだったのですが、E-M5手にした瞬間スイッチが入り、かなり真剣に弄りまくってしまいました。

スタッフの方もこの人やけに真剣だなー、と思われたに違いありません(^^;)

実際に手にして思ったことですが、

・十字ボタン周りはふかふかした感触で若干使いにくい

・再生ボタン&Fn1がちょっと押しにくい位置にある

・サブダイヤルがちょっと硬い

・メインダイヤルがちょっと遠い

・しかし、シャッターボタンはとても良好


と、操作系についてはあまり好印象は持てず。

ボタン類の感触だけだったらE-P3の方が断然好みだなぁ。(配置には若干の不満がありますが)

しかしその他に関しましては、

・EVFは凄く見やすい

 →基本的にVF-2を踏襲したものかと思ってたのに、意外

・5軸手ブレ補正はホンモノ

 →M.ZD 12-50mmにて、40mm(=換算80mm)でシャッタースピードを1秒にして3ショット撮ったけど、

  1ショットに僅かなブレ、2ショットは完璧に補正された。EVFにてその効果を見ると歴然としていて、

  手ブレしてるハズなのにEVFの像が殆ど動かないのが逆に気持ち悪いぐらい。

・シャッター音はE-P3より静かに

 →やや派手な音色にされてるE-P3と比べれると断然静かです。

  E-P3と比べるとゴムが吸振しているような振動を感じました。

  感触はE-P3の方が好みですが、音量的に悪くは無いです。

・ボディ全体では作りは満足ゆくもの

 →見た目も含めた質感、バリアングルLCDの作り込みあたりからも、モノとしての出来は良さそうです。






ま、僕は買わないことに決めてるので、買いませんが・・・

高感度のノイズ制御も本物で、E-P3と比べると1~2段は優に期待出来そうですし、

5軸手ブレ補正の動作も素晴らしいので暗所性能は2~5段分期待しても良さそうです。

購入の勢いが付いちゃってる人は、買っちゃっても損は無いと思いますよ(笑

と、誰の背中を押すわけでもなくここで言っておきます(^^*)

HPの互換インクを買いました


Category: PC&Game   Tags: ---
ブログ用

Instagram, iPhone 4S



そんなに使ってないはずなのに気づけばインクが殆ど無く、折角だから限界まで使ってやろう、

という姿勢で居たらヘッドクリーニング後でも掠れるようになりました。

そろそろ来たなー、ってことですぐにヤフオクでブラック2本とYMC3本ずつ買いました。

どれも増量タイプのXLと謳っているので、純正よりも長持ちすることを期待します。

互換インクは今回が初めてですが、交換自体は全く難しくなく、

純正カートリッジからICチップをナイフで剥がして互換インクに貼り直すだけです。

よほど不器用でもない限り、失敗することは無いと思います。

しかしこの方法ではインクの残量レベルの検知が交換前の少ない状態のままになるようですね。

プリンタの電源を入れてるとMacを開く度に残量警告が出るので、出ないように工夫しないと。

その他は今のところ、特に問題ないように思えます。

C.P.E.Bachのオルガンソナタ


Category: Music   Tags: ---
_2195922.jpg


実はコレ、買い直しなのです。

2年ぐらい前に実家から帰ってきたら、何故か中身だけなくなってて・・・

一枚千円ぐらいだった記憶があるので、買い直そうと思ったら当時は在庫切れ。

先日久しぶりにAmazonのWishlistを覗いてみたところ、在庫アリだったので注文しておきました。

C.P.E.Bachの中でも比較的聴きやすく良い曲が多いアルバムだと思います。

C.P.E.Bach好きでオルガン好きなら、オルガンソナタはこれ一枚で全曲入ってるらしいのでオススメです。

また、マイナーな作曲家は酷い演奏・録音のものも時々ありますが、これは一定レベル以上で十分鑑賞に堪えうるものなのも良い理由です。

Toyonaka is beautiful


Category: Photo, Camera   Tags: ---
豊中って結構綺麗だと思います。

_2185862.jpg

Voigtländer Nokton 25mm F0.95



_2185871.jpg

M.Zuiko Digital ED 40-150mm F4.0-5.6



_2185892.jpg

M.Zuiko Digital ED 9-18mm F4.0-5.6


_2185903

M.Zuiko Digital ED 9-18mm F4.0-5.6


最後のは2枚を下手な合成してみました。

本当は数十秒のバルブ撮影したいんですけど、ロック付きのリモコンが無いのとNDフィルターが無いのとでやってません(^^;)

67mmのND8があるのですが、52mmへのステップダウンリングは持ってません。

Noktonなら附属のフードで付けられそうですが、昔PLフィルターをそれで付けたらコントラストがガタ落ちだったので試してません。




・・・



すぐ出来るんだから試せよ・・・というツッコミを自分で先に入れておきます。

Christopher HogwoodのCDを買いました


Category: Music   Tags: ---
_2025106.jpg

最近はボックスで買うことがあまりありませんね。

なので1枚、2枚で指名買いすることが多い気がします。

前から欲しかったけど在庫無しの状態が続いてたホグウッドのCD。

Clarinet、Oboe、Flute&Harpのコンチェルト3本立てです。

色んな楽器を楽しむのが好きなので、どうしてもコンチェルトや小編成の楽曲ばかり増えてしまいます。

演奏事態は比較的小編成の古楽器で演奏されてて、飾り気は無く地味ですが、最高に心地良いです。

古楽器の中でも比較的綺麗な楽器が多い様で、古楽器好き出なくてもそのちょっと変わった音色を気持よく楽しむことが出来ると思います。

華やかさや重厚な感じは無く、情熱的でもなく、優しく軽やかに感じます。

なるほど、これがイギリスらしさなのかもしれない・・・と、妙に納得してみたり。

一枚1,780円ですので、一枚1,000円が基準な僕としてはちょっと高かったのですが、その価値が十分ありました。

お散歩


Category: Photo, Camera   Tags: ---
日曜日の午後は天気も良く暇だったので、なんとなく服部緑地にでも行ってみることにしました。




_2125290.jpg

Twitterで写真見せて名前を聞いたら、オナガガモだそうです。

パンを千切って投げてる人が楽しそうだったので、今度は僕もパンを持ってこようと思います(笑




_2125339.jpg

蓮が立ち枯れしています。そっかぁ、そういう時期なのですね~と。

因みに先っぽだけが排水口にゴロゴロと転がってるのを最初に見たのですが、

一瞬蜂の巣に見えたので何故こんなに!?と少々驚いてしまったのでした(^^;)




_2125346.jpg

民芸博物館(だったかな?)というのは閉まっていました。

見た感じかなり前から閉館したままのようです。

建物自体はちゃんとした茅葺き屋根で、ちょっと面白そうな感じなのですが。





他には特に見るもの・撮るものも無く、2時間ぐらいぶらぶら出来るかと思ったら1時間で飽きてしまったのでそのまま帰りました(^^;)

an abandoned bike


Category: Photo, Camera   Tags: ---
P2025099.jpg

Voigtländer Nokton 25mm F0.95

E-P3のトイフォトモードを使いましたが、結構マッチした感じです。

微妙に手ブレしてるのが逆に良い仕事をしてるような気もしますw

Logicool Wireless Mouse M505を買いました


Category: PC&Game   Tags: ---
今まで使ってたのはロジクールのゲーミングマウスG3

大阪にきて1,2ヶ月で購入した記憶があるのですが、最近は右クリックの調子が悪くってOperaのマウスジェスチャーがうまく出来なくなっていました。

マウスジェスチャーみたいなやや複雑な操作でもない限り不調は出ないので、

5000円近くしたマウスだし1年以上放ったらかしにしてた気がするのですが、今回思い切って買い直すことにしました。

_2035108.jpg

LogicoolのM505

G3を選んだ時は、レーザー・有線・できれば分解能切り替え機能付き、という条件で探していたのでG3がマッチしたわけですが、

今回は レーザーでBluetoothでG3とそれ程変わらぬ重量で3000円以下、という条件で探してみました。

戻る・進むボタンぐらいあった方が良いと思う方は多いと思いますが、僕の場合ブラウザはジェスチャーかキーボードのショートカットを使うので困りません。

エクスプローラーやその他の画面でも使える利点はありますが、今回はシンプルさが欲しかったのでM505にしてみました。

ビックカメラにて送料込み2,200円でした。





元々有線のマウスに拘っていたのは接続の確実性と、何より無線マウスの重さを嫌っての事でした。

M505はAAバッテリー2本込みでもG3と遜色ない重量ですし、最近は机上の配線がごちゃごちゃしてきてるのが気になってたので

これはもう無線化するしかないと思った次第です。

安定性ですが、Bluetoothの受信機を間近に持ってくれば全く問題無いのは当然のことですし、

何よりM505は今まで使ってたG3と遜色ない重量で特に不便も感じる事はありません。

ついでにセンタースクロールのクリック感・トルク感も好みな感じになったので余計にお得な感じがします(笑

安くて良いお買い物でした(・∀・)

ひと月待った満月


Category: Photo, Camera   Tags: ---
_2085187.jpg

Voigtländer Nokton 25mm F0.95 - F7.0

2月8日は満月でした。

先月、雨上がりで満月前夜の月を出てきてすぐに地平線近くに見た月が綺麗でとても印象的でした。

そのときは時間が無かったので無理でしたが、来月は是非ともこれを写真に収めたいと思いました。

残念ながら2月7日は雨上がりでしたが雲がしっかりと出ていたので、月は撮れませんでした。

折角なので満月だけでも・・・と、大学の建物の屋上に三脚・カメラを持って登って撮りました。

(良いのかどうかは不明ですが、ちゃんと登れるところがあります。)

結局寒いのに40分ぐらい屋上に居たと思います。

最後の方はレンズ交換するのに手の自由が効かず、怖くなったので帰りました。当然、寒かったし(笑

折角なのでパノラマ合成もやってみました。

panorama6

Flickrには元の1/4サイズを上げてるので、是非ともオリジナルサイズで見てみてください。

こうして見ると、豊中の夜景も中々だなと思ってしまいます。

緑の観覧車らしきもの、方角・距離的にもHEPでしょうか?

あんなのまで見えちゃうんですね。

屋上、時々登ってみると楽しいですよ(笑

OLYMPUS E-M5 from OM-D series aanounced


Category: Photo, Camera   Tags: ---
予定通り発表されましたね。デジカメWatchさんに分かりやすいスペック比較表があったので、転載させて頂きます。

Screen Shot 2012-02-09 at 10.15.59


実勢価格ですが、思った程高くないというか、まあこんなもんかとか、そもそもE-P3が結構高かったとか。

画素数が増えたのは最初は残念に思いましたが、実は画素数を上げてもノイズにはあまり影響が無いという事実があるようですので、まあいいかなと。

それにNokton 25mmにとっては十分生かせそうですし、どちらかと言うとメリットに成りうるかなと。

OLEDディスプレイはE-P3よりも彩度が抑えられてより好ましいものとなるようです。

但しアスペクト比が4:3なのは当初は疑問に思いましたが、3:2で情報表示を下に持っていけるみたいなのでこれも良いでしょう。

バリアングル化されたことも素直に歓迎すべきでしょう。

長らくDSC-R1を使ってきたのでわかりますが、やっぱりあった方が便利です。

高感度ノイズはRAWレベルで1段差が付くそうです。

これに加え、5軸手ブレ補正を考慮しますと、勝手な推測ですが対暗所性能は2段分ぐらい期待しても良さそうです。

ウワサ通りEVFは内蔵となり、代わりにストロボが外付けとなりました。

使用頻度を考えると好ましいですね。

VF-2を後から購入することを思うとE-P3との価格差も丁度ペイ出来ちゃいます。

EVFはアイセンサー搭載で、一眼レフのように底に情報表示も出来るようですし使い勝手はかなり良さそうです。

但しNEX-7と違ってボディの真ん中についてるので、EVFを覗いてると液晶が曇ってしまうという不便さは生じてしまいそうです。

今の時期E-P3使ってると、ちょっと気になるんですよね・・・

連写はあまり使いませんが、AF/AEロックで9コマ撮れるのはイイですね。

限定的とはいえたまーに、使うかもです。

バッテリーはBLN-1という新しい型番のに置き換わるみたいです。

E-Pシリーズから乗り換えようと思うと、手元の資材が使えなくてちょっとガッカリですね(^^;)

ディメンションですが、幅だけほぼ一緒で厚みが7mmちょっと増え、高さもEVFのせいか20mm増えています。

その分56g増えていますが、VF-2の重さが32gなので実質殆ど変わらないかもです。

EVF内蔵でも2cmも高さが増えていますので収納性は残念ながらそれ程変わらないかもしれません。

が、逆に言えば外付けEVFと比べれば2cmちょっと、高さが減るみたいなので収納性は良くはなるのですか・・・

最後になりましたが・・・

実をいうとデザインがそれ程欲しいものでないという(^^;)

それとダイヤルはひとつ増えましたが、結局それ程操作性が向上してるように見えないのが残念です。

左手でボタンを抑えながらダイヤル操作でISO感度や露出を変えられたら良かったのになぁ・・・

E-P3売って見切り発車はしなくて正解だと思った次第です。






だらだら長く書きましたが、これが大体の素直なファーストインプレッションです。

2月25日に新大阪近くのイベント会場でE-M5と新しいレンズを見て触って遊歩会があるようです。

面白いそうだし近いので、天気が悪くなければ行ってみようかと思っています。

Photo from Instagram


Category: Photo, Camera   Tags: ---
研ぎたての包丁の刃はいつ見てもいいものだねぇ

先日撮った、研ぎたての包丁の写真がなかなかお気に入りなのでここへ貼付け。

このあとNokton 25mmで絞りまくって撮ってたのですが、ここまで被写界深度が出ないんですよねぇ。

案外iPhone 4Sのような焦点距離の短いレンズでないと撮れなかった写真です。




それにしても最近、ペティの方も研ぎグセが出て来ましたねぇ・・・

Voigtländer 17.5mm f/0.95 for micro four thirds


Category: Photo, Camera   Tags: ---
コチラによりますと、コシナより換算35mmのF0.95レンズが登場するそうです。

フィルター径58mm、重量540g、長さ80mm。

Nokton 25mm F0.95よりも大きく重いです。

一回りと言わず二回りぐらい大きく重いみたいです。

但しマクロ倍率1:4.0と、しっかり寄れるあたりは流石です。

気になるお値段は1300euroということなので、軽くNEX-7のレンズキットが買えるぐらい・・・

無理せずF1.7ぐらいに抑えてくれてたら気になるレンズでしたでしょうが、このスペック的にはパスです(^^;)

これでしたらNEX-7 + Sonnar 24mmを目指しますね、僕なら。

換算35mmはとっても使いやすい画角なのでもうちょっといいレンズが欲しいですが、

M.ZD ED 17mm/F2.8で暫くは満足しそうです(^^*)





高性能パンケーキってもう出ないのかなー?

やっぱりLumix G 20mm/F1.7いっとくべき?

ついでですが、他にレンズを揃えるとすれば中望遠の明るい単焦点一本と、換算400mm以上の望遠が欲しいかな。

例えば望遠でしたら今度こんなのが出るとか。

ただし望遠はそんなに使わない(と思う)ので完全にお遊びになってしまうのと、

なんだかんだで大きく重くてもAPS-Cの一眼レフで揃えた方が満足できる見込みがあります。

但しAPS-Cに手を出したら手を出したで、どうせ標準レンズもひと通り揃えたくなることは眼に見えてますので、

僕としてはよほど望遠の需要が生まれない限り手を出さないほうが無難です。

となると新しい中望遠レンズでしょうか。

60mm/F2.8 macroはなんと0.19mまでの接写が出来るそうで、花撮りには威力を発揮しそうです。

45mm/F1.8はデザイン・価格とも魅力的なのですが、画角・倍率に難があるので見送ってます。

意外と屋内でのスポーツ撮影に向きそうな雰囲気がしますが、そんな機会はそれ程無いので(^^;)

75mm/F1.8はその明るさが魅力的ですね。ポートレートには最適かと思います。

でも、ポートレートよりは猫撮りや自然風景の切り取りが多そうなので、100mmぐらいでも良いかも?

ま、いずれにせよその価格や描写、レンズのデザインには期待しておくことにします。





また、例えば75mmですとMFレンズで良ければこういう選択肢もあるんですけどね・・・

実写サンプルは見ましたが、十分よく映るみたいなので以前から気になってます。

また、これぐらい明るいと日中以外でも換算150mmの撮影が出来そうなので、魅力的です。





いやー・・・こうしてみると、マイクロフォーサーズのレンズラインナップは益々充実・魅力的になってきますね。

今年辺りにはひと通り出尽くす感じに見えます。

あまり熱くならずに静かにワクワクと見守れれば・・・良いですね(´ー`)

Mac Book Air in an enveloop


Category: PC&Game   Tags: ---
昨日の適当な記事は適当に読み飛ばして下さい。

本当は10月に書きたかった内容なので・・・orz



先日、11インチのMBA用のケースを探してたらかなり良さそうなのがお手頃価格で発見されたので秒速で注文。

メール便でしたが2、3日で自宅に届きましたのがコレです。

_2025094.jpg

色やデザインもさる事ながら、MBAの薄さを損なわないところが最高です。

折角あれだけ薄いのに、ケースで厚みが出てしまっては台無しです。

ちょっとしたスレキズから守ってくれればそれで良いので(笑

_2015081.jpg

探してみたらわかりますが、意外と無いんですよ。

しかも僕が買った頃は、11インチのケース自体殆ど無かったので(当たり前といえば当たり前)、いくつかのうち散々悩んだ挙句裸で持ち歩くことを選んだのでした。

_2015082.jpg

中は柔らかく、このケースのせいでMBAに傷が入ることは無さそうです。

また、合皮ではあるもののツヤツヤした感じではなく、本物のカーフに近い柔らかさがあるのもポイントです。

合皮でもこういうのなら持ってて全然嫌になりません。

何より送料込みで2,000円を切ってますから(笑

_2015083.jpg

11インチのMBAが過不足なく入ります。よく考えてあるんだなーと実感。

_2015084.jpg

最後まで入れてこんな感じ。奥行きも過不足なく~です(笑

_2015085.jpg

最後はくるくるっと赤い糸を巻いてあげれば完成です。

現在見渡す限り、このケース唯一の欠点はこの丸い留め具の耐久性でしょうか。

何度か開け閉めしているうちに糸が入り込んで、既に革が剥がれてきました。

1週間の使用ではまだ大丈夫ですが、どうしようもなくなってきたら自分で接着してみよう・・・

あと、糸も細いのでいつか切れてしまいそうです。

そのときには自分で糸を付けてあげよう・・・

ですが、総合的にはパーカーポイント97点ぐらいの出来なので、予備の購入まで考えている程です(笑








最後に余談ですが・・・

年明け早々に僕のMBAは不慮の事故に遭い、2週間前に新調されたのでした。

_1295036.jpg

仕事に使ってるPCが壊れるというのが、どれ程大変なのか身に染みて理解しました。

これでもDropboxのお陰で重要なデータは守られたのですがね。

Timemachineが使えなかったので、環境の再構築は手動でやるハメになりました。。。

E-P3の不満・・・


Category: Photo, Camera   Tags: ---
E-M5発表まであと3日というタイミングですが、E-P3について思うことを書いてみようかな。

まずは良い点から。

_DSC7853.jpg

上面のボタン類は特に操作に困ることも無いし、作りもしっかりしてるので良いです。

Fn2にはAF/MF切り替えを割り当てていますが、EVFを覗いていてもブラインドで操作出来るので良い感じです。

サブダイヤルの操作感は最初、あんまり良くないかなと思ったのですが、慣れるとそれなりに使いやすいので合格点です。

_DSC7852.jpg

内蔵のフラッシュは、普段の撮影には殆ど使いませんが、やはりいざとなったら日中シンクロが出来るのは旅行先なんかでは便利です。

ISO200・mでGN10なので大したこと無いといえば大したこと無い明るさですが、それなりに使い物になります。

また、集合写真を撮るときも、本当は必要なくても光らせてあげた方が撮られた側は安心するらしく、便利です。

よって内蔵フラッシュは○(笑

_DSC7856.jpg

背面のLCDはやや彩度が高いですが、その分撮った写真を素人に見せるとウケが良いです。綺麗ねぇ~って(^^;)

画素数は60万画素ですが、Nokton25mmぐらいですと拡大すること無しにほぼピントは出せます。

拡大しても最も倍率の低い5倍で十分です。

OLEDのお陰か日中でも綺麗に見えるので、覗いて撮ることに意義を感じる人を除けばEVFは必要ないのかも知れません。






ここから不満な点をいくつか・・・

まずは操作系ですが、メインダイヤルはどう考えても使いにくいです。

露出補正をここに割り当てているのですが、親指の腹で操作するには向かないらしく、いつも爪で操作してます。

操作感も軽いのでついつい回しすぎてしまうことも多々あります。

露出補正は最も頻度の高い操作であるが為に、地味に不満が慕ってきます。

それでも、最近は慣れてきてこんなもんかなーと、納得気味ですが(^^;)

因みにデフォルト状態では一旦メインダイヤルの[↑ボタン]を押してから補正に入りますが、あれは論外です。

ISO感度切替えを[→ボタン]に割り当ててますが、一旦押してからでないとメニューに移れないのが不便で仕方無いです。

戻るときもいちいちOKを押さなきゃなりませんし。

Finepix F700の露出補正ボタンやDSC-R1のISO切り替えボタンみたいに、押しながらダイヤルを回すことによって素早く選択出来るようにして貰わないとダメですね。

その上拡大・INFOボタンもEVF覗きながらで迷うことが多く、もうちょっと配置を工夫できないものなのかなぁと思ってしまいます。




目玉のタッチスクリーンも結局全然使いません、やっぱり(笑

あれでスマホみたいにメニューの移動・選択が出来たら面白いのにな、と思いました。

シャッター切るときはやっぱりシャッターボタンを押したいですしね。

タッチで撮るのはiPhoneだけで十分です。




あと、機能的なことをあげますと、ボディ内手ブレ補正がちょっと怪しいだとか、センサーサイズの割にノイズが多いだとかありますが・・・

個人的に不満なのはAFのエリアですね。

全面に35点配置されても、正直困ります(笑

画面の隅に合わせたいときなんかは、素直にカメラを動かしてAFエリアを持ってった方が手っ取り早いので全く意味がありません。

すぐに9点モードを常用しだしましたがひと月もすれば結局、1点AFを動かして使うようになりました。

常々感じるのは結局AFのカーソルって、中央重点の奇数点測距が一番使いやすい気がします。

十字状にカーソルが並んでて、斜めもちょっとだけ出てるアレのことです(笑

DSC-R1はそのモードと中央一点モードと任意点モードとがあって、どれも切り替えて使ってましたので、

改めて思うと使いやすかったなーと。どうにかならないかなー?

あ、でもAFが速いのは撮ってて気持ちいいです。そこそこ明るければ狂うことも稀ですし。

まあ、正確さはR1に若干劣るのですが・・・暗いところでも合わせられるし、補助光も実際に役に立つので利便性は確実に向上。

結局は測距点だけが、ちょっと惜しいという感じなのです(^^;)







まあこれぐらいかなぁ・・・

外付けEVFは見た目はちょっとカッコイイですが、カバンの収まりは悪いので内蔵に勝るもの無し。

赤外線感知による自動切り替えも無いしorz

操作性が改善されてて、GPSでも付いてる機種が出たら・・・E-P3は乗り換えたくなっちゃいます(^^;)

細かい買い物 - レンズキャップ


Category: Photo, Camera   Tags: ---
Nokton 25mm F0.95についてたレンズキャップですが、

カッコイイのはいいんですけどとっても外れやすいんですよね。

いつか絶対無くなるなぁ、と思ったら年末無くしました。

まぁ、実際は次の日すぐ見つかったんですけど、内側がちょっとボロボロになったので丈夫なものを探すことにしました。

かといってそこら辺のカメラ屋で安いのを買うとちょっと残念な感じになるので(R1のレンズキャップをブルゴーニュに忘れてからがそう)

ヤフオクで52mmのキャップを探してみると、Lumixのが綺麗そうで送料入れても400円ぐらいだったので即札。

年明け帰ってきてからはずっとこれを使ってます。

_1164966.jpg


これ、いいです、かなり。カバンの中で気づいたら外れてたなんてことも、殆ど無くなりました。

Lumixのレンズキャップは前に友人に20mm/F1.7を借りた際に外れにくくていいなと思って目を付けてました。

Lumixならマイクロフォーサーズもあるし、あんまり違和感も無いしね(笑

Olympusも9-18mm/F4.0-5.6用に52mmのは出してるし、考えなかったの?

と聞かれますと、Olympusのレンズではないのでそれに拘ってる訳でもないし、機能的にはLumixの方を高く評価してるのでこれでOKです(^^;)





あと、9-18mm/F4.0-5.6についてた後ろ玉のキャップ。

はめ込み式の、ただのプラスティックの蓋みたいなやつです。

これが大変使い勝手が悪く、何もこんなところでコストを削らなくても・・・

ツインレンズキットに付いてる二本、40-150mm/F4.0-5.6も、ねじ込み式の使いやすいやつなのでどうして広角ズームだけ?

我慢ならなかたったので、去年のことですがAmazonにてコレを注文しました。

絶対こっちの方が使いやすいし、安心感もあります。

9-18mm/F4.0-5.6はそんなに安いレンズではないので、最初っから装備されなかったのにはちょっと残念です。





最後に、M.Zuiko ED 9-18mm/F4.0-5.6用のレンズフード。

純正品はクラシカルな四角いフチがちょっとカッコイイですよね。

ちょっと欲しかったんですけど、それだけに4000円以上も出すのは気が引けます。

・・・が、やっぱりヤフオクにアヤシイ類似品があったので早速買ってみました( ̄ー ̄)ニヤッ

_1164962.jpg

お値段は2000円をちょっと切ったぐらいですが、届いてみるとマトモです。早速装着してみます。



_DSC7851.jpg

おー・・・

惚れ惚れする程ではありませんが、この値段ならあって損はない感じですね(笑

元々フレアやゴーストには強いレンズな上に超広角なのでフードも浅いですし、どれ程役に立つかは不明ですが、

レンズフードの役目はそれだけでもないので、やはり無いよりは絶対あった方が良いです。

しかしこの広角ズームレンズ、あまり本格的に使ってないという・・・

まだ100枚ぐらいしか撮ってないんじゃないですかね。

とりあえず今年の桜は広角で撮ってみたいなーと、密かな目標を立ててはいるのですが(^^*)

Kenko LED電球 KDL5FW26


Category: Flashlight and LED   Tags: ---
トイレと風呂場用に購入したのは、Kenko Tokina(ケンコー トキナー)が出してるKDL5FW26です。

_1214975.jpg

光学メーカーらしく、この製品もRaが85と他製品に比べて抜きん出ています。

その代わり発光効率はやや大したことがありませんが、ここは完全にトレードオフの領域なので文句は言いません。

_1214976.jpg

パッケージ開封でちょっとガッカリしたのが、この質素な梱包・・・

というか、裸電球と同じ状態で入ってます。

そんでもってLED電球って、ヒートシンクやサーキットで重量が嵩んでしまうもの。

そのせいで輸送時の擦れ傷がついてました。

実際に使用する分には殆ど問題ないのは分かりますが、ここはメーカー側に対応を求めるべきところだと思います。

善良な消費者である僕は、後で意見書の一通でも出しておこう。

_1214978.jpg

こんな感じね。分かりますかね?ちょっと表面に傷がいってるでしょ?

_1214981.jpg

装着後の様子。電球よりは色温度が上がります。

点灯直後でしたら赤みの強いパラトンとは異なり、ちょっと黄色味がある感じです。

折角なのでいい加減ですが比較写真も用意してみました。



60W型電球

_1214979.jpg


こちらが今回のLED

_1214980.jpg


確かに、ちょっと清潔感漂う光色です。

パラトンと比べれば若干Raは落ちるかな、という感じはしますが、トイレには必要無いですね。

ちょっとだけ気になったのは、光の拡散が減るために影が生まれやすくなることですが、1日で慣れてしましました(^^;)

今は快適に使ってます。何より440lmというのは、トイレの広さにはピッタリの光束です。間違い無いです。

対して風呂場はカバーのせいか、もうちょっとだけ明るくても良い気がしました。

これも想定通りです。演色性にコダワリが無ければ500~600lmのものを選んでおけば間違いないです。

よっぽど広いお風呂ならまた別ですけどね・・・w

それでも、440lmでも60W型より僅かに暗くなったぐらいで、実用上問題ありません。

この時期は立ち上がりの遅さが気になる季節ですので、利便性としては大幅に向上しました。

総合的には満足ですし、寿命からするとこの先何年も使うことになるでしょう(^^*)




因みに余談?ですが、KenkoのこのLED電球はHIDランプを点けた時みたいに、パッと点きます。

対して先日のParathonの方はボワッと点くようになってるみたいです。

LEDですと普通に考えるとKenkoの方が自然なのですが、Parathonの方はなんだかちょっと、コダワリを感じますね

実用上はどちらも変わりないです(^^*)

Pentax K-01 リーク画像


Category: Photo, Camera   Tags: ---
コチラより

デザインはちょっと変わってる?といえば変わってますね。

僕は一昔前のレンズ一体式(ネオ一)の高倍率ズーム機を思い出したのですが、如何でしょうか?

例えばこんなのとか、こんなのとか・・・似てません?(笑

コダック、懐かしいですねぇ(´ー`)



厚み9.2mmのレンズは本当に薄そうです。これで焦点距離40mm(=61mm eqv.)だとか。F値は2.8だそうです。

でもボディがこれだけしっかりしてたら、全く意味が無いような・・・

SonyのNEXやパナのGFあたりなら薄いレンズでは取り扱いが良さそうですが、これはなんだか勿体無い。

あと、一眼レフみたいにシャッターボタン手前に液晶パネルを搭載してるあたりは本格的な撮影を前提としているのでしょうね。





ま、あくまでウワサはウワサです・・・w

OLYMPUS OM-Dシリーズ第一弾はE-M5?


Category: Photo, Camera   Tags: ---
(FT5) Camera name is “E-M5″! Same GX1 sensor :(

4/3 rumorsより。

E-M5ってことは、とりあえずEシリーズの一貫ってことをアピールしたいのかな?

次に、M5は何処から来るんだろう、と考えますが・・・不明(^^;)

それと、センサーはGX1のものらしい、です。

それだとしたら本質的にはそれ程変わらないので、なんだかなーって感じです。

でも逆に、このタイミングで出せるという事には納得できちゃいますね。

ま、あくまでウワサなのですが、FT5ですし、過去の傾向からも信憑性はそれなりにあると思って構わないでしょう。

センサーが本質的に変わらないのであれば僕は欲しくないかなぁ・・・

高感度もRAWで2段分稼げるのなら話は別ですが、どうやら例の話もjpeg比較の場合に限られそうですね。

02 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

01

03


 
Profile

griffith5000

Author:griffith5000
趣味や雑記を、気の向くままに書いていこうと思います。最近はカメラ・文具・デジタル機器の話題が中心です。
コメントはお気軽にどうぞ(^^)

TOTAL: 検索エンジン登録
TODAY: SEO対策
YSTRDY: メール配信

アクセスアップ


  • Administrator
  •  
     
     
     
     
    Internal Search
     
     
     

    Archive   RSS   Login