Griffith's Favourites

ライフハックとまでは行かないけど、物好き記録の場所。良いものを永く使いたいな。(*Flickrリンク切れは随時修正予定)

 

Pilot823と長原氏のペンクリ


Category: Stationery   Tags: ---
ちょっと時間が経ちましたが、先月の月末に茶屋町のNagasawaで行われたペンクリに行ってきました。

今回のpatient(患者)はPilot823。実は去年の年末に新品をオクで購入してましたが、

あまりに合わないニブだったのでここでの紹介を避けていました。

_DSC7349.jpg

じーっと見た感じ、半年間でインク全量が3,4回無くなるまで使った感じでは、完全に研ぎだけの問題っぽい感触。

こりゃペンクリ対象だなーと、春からずっとペンクリが関西圏か広島で行われるのを待っていました。

ついでにちょっとした、良からぬ注文も付けてみようかと、心の中では確定。



まあ、まずは823購入までの経緯。

823と言えばやっぱり特徴的なプランジャー吸入式。

万年筆好きなら、一本ぐらい使ってみたくなるものです(^^*)

_DSC7407.jpg

プランジャーの説明はここでは敢えて省くとして、僕が個人的に購入を決めた要素は2つ。

1つ目はキャップの刻印を始めとする、作り込み品質の良さ。

_DSC7353.jpg

厚みのあるリングに綺麗に彫られたCUSTOM 823の文字。

これはある意味決め手でしたね・・・だって定価3万円のペンで、こういう部分がしっかりしてるのは少ないんだもん。

あってもスティールだったりね…30Kでスティールなら、概ねガワはかなりしっかりしてます。

その代わりキャップ自体意外とずっしりとしてて、これを装着して筆記するには立てて書く人や、小柄な女性にはしんどいと思われます。823自体、分類上オーバーサイズだしね。

しかしこれを利用して、ピストンの下端あたりを軽く摘まんで、万年筆ならではの筆記角で書くと・・・最高に楽しいです(・∀・)

ペンクリ出す前はこれができなくって、書き出しで筆圧を入れるか少しねじって立てなければならなかったという



もう一つは作り込み品質という点では同じかも知れませんが、もちろん、Pilot 15号ニブの出来の良さです。

モリタで現物を見たときは、Pilotの最高峰のニブだけあって流石だなという印象でした。



さてさて、簡単ですが自分の視点で見つめてみた823の印象を少しだけ。

_DSC7355.jpg

先の丸いクリップ部分。保持力は比較的強い方なので、紙1枚ぐらいでもしっかり止まります。

個人的にはM800ぐらいがいいんだけどな。おー、そういやM800もここではまだだっけ・・・

_DSC7358.jpg

書き始める前に、お尻を回す必要があります。

書き始めの儀式、としてこれも楽しみのひとつであります(笑

これをやらないとA4一枚ぐらいでだんだん掠れてきて、あれ?...アッ(゚Д゚)!ってなります(笑

これがだんだん、クマンバチの腹に見えてきちゃったたんだけど・・・皆さんどうですか(^^;)?



さてさて、ペンクリのお話。

今回の要望は筆記角の改善と、できればちょっとスタブ調に研いで下さい・・・と。

そこで長原氏、此方を見ながら、

「本当にちょっとでいいの( ̄ー ̄)?」(←本当にこんな感じの眼つきで)

思わず、「じゃあ思いっきり、ミュージックみたいにお願いします!」

って言ってしまいました(^^;)

まずはスルッとニブを分解して洗浄を始める長原氏。

「んー、これ、紙が削れたカスが溜まってるねぇ。合わないニブはどうしても、ね。」

_DSC7375.jpg

なるほど・・・主にMont BlancのB.B.を使っていたので、沈殿物か何かかと思っていましたが、そういうことだったのですね。

そして超音波洗浄器にかけながら、あの専用の研磨機でガンガン削ってゆく長原氏。

ふーん、お尻は流石に分解しないのかあ

次に待ってる人とも楽しく会話しながら15分?20分?ほど。

出来ました~

Griffith「おぉ、確かにミュージックみたいに思いっきり変化が出て、これはとってもいいです!」

長原氏「カリグラフィーって言ってもいいぐらいよ、それ(笑」

_DSC7371.jpg

当初よりも断然使いやすくなりました。

筆記角が自分好みになっただけでなく、スタブ調に仕上げることで実用面での改善も。

狙い通り、6mmの罫線に詰めて書くことも出来るようになりました。

しかもこの万年筆ならではの味のあるこの筆跡・・・うふふですよ。

ちなみにインクはDiamineのTeal(青緑)

これはもう、長原氏を追いかける人が居るのも分かる気がしました(・∀・)

いやいや、5分10分でペン先の調整を済ませてしまう川口氏も、お世話になりましたが素晴らしいです!




さあ、今度は何にしよう?900円のペンを持ち込んだら怒られるかな(^^;)

ペンケース色々


Category: Stationery   Tags: ---
_DSC7346.jpg

ご要望にお答えして、普段使ってるペンケース。

Pnecle(ペンクル)のコットンポケットです。

Bundoki.comにて2007年春に購入。

友人と共販することにより送料を浮かせた記憶があります(笑

購入当初はロールペンケースが丁度注目を集め始めた頃で、選択肢が少なかったですね。

それに堂々と広げるのは気恥ずかしかった記憶があります。

(今はそれが日常なので、なんとも・笑)


_DSC7347.jpg

これが現在の基本的な構成。

その時々によりどのペンにどのインクを入れているかが異なるので、一部は週替わりですが基本要素はずっと同じ。

定規1本、万年筆やローラーボール等のやや大きめのペンが3本、Caran d'Ache849のBPが3本(黒青赤、細字)、

たまに使いたい芯ホルダーが1本(最近はずっとRotring 800)、

人に貸したり試験のときの為のシャーペン1本(Pilot S10 0.5mm)



_DSC7348.jpg

わりと頻繁に変わるのは万年筆2本だけ・・・

M600以外はそういえばまだ紹介して無かったので、また後日。

(3本とも現役バリバリで、大活躍してます!)


_DSC2279.jpg

購入してから間もない頃の写真。つやつやです(笑

コットンなので、やっぱりちょっとはヘタレてきます。

それにしても今と随分と中身が違いますね。この写真だけで分かる人は、流石に少ないだろうなぁ(^^;)

(じゃあ、全部答えられたら手持ちのVISAの商品券2000円分、あげちゃう!ほんと!

まあきっと、誰もコメントしてくれないだろうけど・笑)





これ買って使い方に慣れてきた頃に、今度はもうワンラク上のスエード生地のが欲しくなった記憶があります。

いや、今でも一応欲しいですが、最近は小さめの消しゴムもちゃんと収まるロールペンケースが欲しいです。

本数はもうちょっと少なくてもいいので。

まあ実質コレコレなんですけどね。

コッチだ!と思ったら買ってしまいたいのですが、値段も値段だしそう思う瞬間も今のところ無いので、決断はまだまだ先になりそうです(^^;)

LEE 辛さ30倍カレー


Category: Gourmet   Tags: ---
_DSC7335.jpg

食べるものが無かったので、平日昼間から激辛レトルトカレー。

_DSC7336.jpg

附属の激辛ソースは一滴残らずきっちりとかけてやりました。

おおう、辛い・・・別に辛いものが食べたい気分でも無かったために、辛く感じる(笑

しかも20倍の方が断然美味しかった・・・激辛ソースの味なの?ここら辺は不明。

あとからかけるべきだったかな・・・

_DSC7338.jpg

10分少々で完食。

お腹を壊したり胃がむかむかすることも無かったので、これぐらいの辛さならまだ大丈夫ってことですね。

今度は45倍かなぁw

AKG K412P


Category: Music   Tags: ---
_DSC7339.jpg


オクで安くて怪しいのを購入してみました。

香港からの発送で、届くのに11日かかった・・・

海外通販の経験上、ちょっと遅すぎ。

でもちゃんと送られてきました。

聴いてみた感じはちゃんとしてて、明らかに1000円・2000円の音では無いので、きっと製造工場から流れてきた物なのでしょう。

塗装の仕上げが甘い部分がありますが、最近の製品って一流のメーカー品でもこういった普及価格帯の製品は

コスト管理が厳しくっなってて、細部に目をやると気になることは多いです。

なので気にすることは全然ないレベル。




さて、肝心のK412Pの使い勝手。

本当は白いのが欲しかったのでK430も考えてたのですが、用途的にセミオープンが良かったので値段も考慮してこれになりました。

(ちなみに送料入れて1800円)

研究室で作業妨害用BGMを聞くのにATH-EM7(7年前に買ったもの)ではやっぱり不満があるので、

こういったミニヘッドホンを探していました。

セミオープンなので会話や電話を取るのに不自由しないし、ばちぐー。

側圧も結構あるのでセミオープンでこのサイズながらも低音は結構鳴ります。

(僕はあまり低音を必要としない人種ではありますが)

解像感には流石に欠けるかな?伸びるような、ヌケるような高音も無いかな。

でもYoutubeやニコ動でちょいちょい音楽聴くぐらいには丁度良いです(^^*)

梅酒2010


Category: Gourmet   Tags: ---
_DSC7334.jpg

早くも残りはこれだけです。

大半人にあげちゃって、無くなるときはすぐに無くなる(笑

色んな人に喜ばれたので、2011ヴィンテージも作製予定です!

砂糖を1/3にしたとはいえ、それでもあんまり飲まなかったから作るかどうかさえ悩んでたのにね

LED電球


Category: Uncategorised   Tags: ---
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column_review/led2009/20110526_448216.html

いいのが出ましたね。

光に関するちゃんとした知識を持った人は、一般的にはごく僅かだと思うので中々スペックを比較しづらいLED電球。

ピンと来ないと思いますが、Ra90、6000Kで810lm。価格も納得の3980円です。

調光器対応型のLED電球、どれにしようかな?

って人は、ちょっと予算オーバーでもこれを買った方が幸せになれます。

寿命が長く何年も使うものですので良いものを買っておいた方がいいと思います。

Gustav Leonhartd


Category: Music   Tags: ---
_DSC7332.jpg


2年前の来日のときは泣く泣く諦めた記憶があるGustav Leonhardt。

まだまだご存命で、生演奏を聴くことが出来たのは本当に光栄です。

Leonhardtの来日公演が5月27日に西宮であると分かったのが、なんと一週間前。

当然A席もB席も一杯でしたが、電話でキャンセル待ちを予約するとA席を二席取ることができました。

もうこの時点で感激です(笑

演奏のほうですが、83歳という年齢もありとても穏やかな演奏でした。

4度目の生チェンバロの音を心行くまで堪能し、大変癒された一晩でした。






ちなみに・・・

内容が内容だけに、自分より若い人は一人だけしか居ませんでした。

高校生らしい制服姿で、とても熱心に聴いていたようでした。

演奏終了後もチェンバロに興味津々な姿に、思わず倉敷で初めて生のチェンバロを聴きに行ったときの自分を重ねてしまいました(^^;)

兵庫県立芸術文化センターは古楽器の演奏が多いようなので、これからも度々お世話になりそうです。

Berrardの三角スケール


Category: Stationery   Tags: ---
_DSC7324.jpg

分度器さんにて購入。15cmで630円なり。

定規に関しては10年来クツワの17cmの透明のものを使ってました。

マイナーチェンジで、何年か前から17cmから18cmになったようですが、デザイン価格等々は変わりません。

平行線を引くのが非常に簡単で(透明なのと、5mm方眼線があるのと)、15cmよりも2cmだけ長いというのが

大抵のペンケースにちゃんと収まりつつ出来るだけ長い線が引けるサイズだ、というのが魅力でした。

欠点は無造作にペンケースにじゃらじゃらと突っ込んでおくと、擦れてしまって線が消えるということ。

これは購入時の袋に入れておくことや、ロールペンケースに入れることで解決しました。

しかし三角スケールというものへのちょっとした憧れや、目盛りの正確さはずっと魅力的でした。

最近は幾何的なことを書くことが少なくなったし、そもそも定規自体あんまり使わないし・・・万年筆だしね

それに実験器具のサイズを測るにも正確な方が良いので、三角スケールがいいかなと。

でもあまり太いのは要らないと思うので持ち運び重視で・・・

そこで目に止まったのがBerrardの三角スケールでした。

_DSC7322.jpg

Studio FPよりも直径自体は小さいので、スマートに収まります。

色も綺麗なメタリックブルーで、Pelikan Turquoiseよりもキモチ水色寄りで、かつメタリックになった感じの色。

在庫のあった赤と白も悩んだけど、白は線が見えにくいし、赤よりは青かな?ってことで青にしました。

これから大いに活躍してくれるだろうと期待します(笑

06 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

05

07


 
Profile

griffith5000

Author:griffith5000
趣味や雑記を、気の向くままに書いていこうと思います。最近はカメラ・文具・デジタル機器の話題が中心です。
コメントはお気軽にどうぞ(^^)

TOTAL: 検索エンジン登録
TODAY: SEO対策
YSTRDY: メール配信

アクセスアップ


  • Administrator
  •  
     
     
     
     
    Internal Search
     
     
     

    Archive   RSS   Login