Griffith's Favourites

ライフハックとまでは行かないけど、物好き記録の場所。良いものを永く使いたいな。(*Flickrリンク切れは随時修正予定)

 

Longines Pocket Watch


Category: watches   Tags: ---
予てから念願のLonginesの懐中時計を買いました。

_DSC6594.jpg


もちろん中古です(笑

適当に入札してたら案外安く買えちゃいました。

安く買えた分OHにでも出してみようかと思っていましたが、

普通に使ってて日差があまり無いので、その必要もないようです。平置きで-20secでした。

あまりお金を出したくなかったのでクオーツでもいいかなと思ってましたが、

やはり機械式に目がいっちゃうものですね。

ちなみに手巻は初めてです。巻き過ぎぬよう注意せねば。

まぁ、シンプルなスプリットセックという条件が第一だったので。

但し、"simple"だけど、決して"plain"なわけではありません。

インデックス、針、ダイヤル…

どれもよく考えられて作られているので、眺めていて飽きません。

そしてテンプが大きいからか、鼓動が大きいです。

ちょっと静かな部屋だと、チッチッチッ…と煩い(^^;)

それもケースに響いて、弾けるように金属が振動しているような音が聞こえます。

そう思うと、腕時計の音ってやっぱり健気な音だなぁ。チキチキチキチキ…ってね。





最近は携帯やスマホで簡単に時間を知ることが出来るので、懐中時計の出番なんて皆無でしょう。

完全に趣味の世界です。腕時計すらしないという人も、珍しくないですね。

腕時計は要らない、と言われると流石につまらない人だなぁ、と思ってしまいます。

学生のうちは携帯/スマホでもいいのかもしれませんが、

最もスマートに時間を知ることが出来るのは腕時計で間違い無いですよね。

携帯/スマホで十分、という言い方は、

 万年筆は要らないからボールペンで十分

 重いカメラは要らないから携帯のカメラで十分

なんて言ってるのと似たように聞こえます。

まぁ、拘りや興味が無ければそれで事足りるのだろうし、強要する必要もありませんが、

もうちょっと物事に関心を持てば日常が楽しくなるのに勿体無いなぁ、と思ってしまいます。





因みに後からチェーンも注文してみました。

今の状態だとそのうち落としてしまいそうなので、ちょっぴり不安です(^^;)

SEIKO 7T32-7H50


Category: Uncategorised   Tags: ---
_DSC6577.jpg


中学入学祝いの時計です。

広島の福屋にて、定価35,000円が当日限りで半額だったところを買ってもらいました。

実は当時から時計自体は好きで、丁度3針クロノが欲しいなぁ、なんて思ってたので滅茶苦茶嬉しかったですね。

中1でこれぐらいの時計付けてる人は周りにはそう居なかったから、

時計にちょっとでも興味のある人とはよくこれで話題になったし、

スピリットセカンドも、よく秒針が止まってると勘違いされましたね(笑

GMTが面白かったので、6時位置にはとりあえず標準時を表示させてましたねぇ。

因みにとっても大事にしていたので、年間10日程しか使ってません。

今は違う意味で年間10日しか使ってませんが、大切にしているのはあまり代わりがないかも。

(あぁ、そういえば中1当時は大学生になったらこの時計を毎日付けてやるんだ!

なんて考えてたけど、今はそれ以上のモノをいくつも手に入れてしまったなぁ)


GMTが便利そうなのでヨーローッパ旅行で付けていこうかと思いましたが、なんとなく止めにしました。

就活にはこの時計が比較的ピッタリなので、これを使おうと思っています。

_DSC6578.jpg

これもクロノ針のデザインが大好きなのですが、今となっては長針と短針だけがちょっと安っぽいかなと思うことがあります。

他は全体的にもお気に入りなのですがね(^^*)




そうそう、この値段になると月差20秒と1,2万のクォーツよりも精度がちょっと高くって、

入手時はそれまた嬉しかったものなんですけど、この前計ると15秒ズレてました。

もうそろそろ10年選手だし、OHに出しても良いのかなと思ってます。

今年も手帳はQuoVadis


Category: Stationery   Tags: ---
_DSC6119.jpg

一度だけちょろっと紹介しましたが、一昨年からQuoVadisの手帳を使っております。

去年からは思い切ってExecutive Notesにしてみました。もちろん伝統のスクエアサイズ。

そして今年のリフィルは去年の10月には購入するという、気合の入れよう(笑

(上の写真はそのときのもの)



QuoVadis Executive Notesを買うに当たり、当時の条件は、

・monthlyのページ(出来れば日曜始まり)

・ヴァーティカルで1週間分が見開きになってる

・メモ欄がある程度確保されていること


でした。当時出たばかりのTime and Lifeとは直前まで迷ったけれど、

Excecutive Notesのアンティークな紙の色が気に入ったのでコレにしました。

最初はある程度時間軸も使ってみて履いたのだけれど、最近はコレを完全に無視して使うようにし、

メモ欄をRhodia代わりに使うようにしているので殆どこれ一冊で済ませるようにしています。

(Rohidiaはバッグに入れっぱなしにしたり、切り取ったりするときのみに使用)

重要度の高いものは上の方に、低いものは下に書いてみたりと、まだまだ試行錯誤の途中ではあるのですが、

去年よりは上手く使えるようになってきているような気がします。

_DSC5350.jpg

手帳で欠かせないのがmonthlyのページ。

これがないと一ヶ月~数ヶ月単位の様子が見えてきません。

一応土曜日と日曜日に色をつけて分かりやすくしています。

基本WatermanのBBで記入して、他にカラーを使う部分といえば特に重要なものを赤で書く程度です。

そしてカヴァーの色と一致するのにニヤニヤ、日にちが経って退色してるのを見てまたニヤニヤ…

…それは、いいとして、QuoVadisの特徴としては、もうひとつがコレ。

_DSC5351.jpg

端っこをちぎっていけば今週のページが一発で開けます。

これ採用してるダイアリーって案外無いよですよねぇ。

使ってみたら分かるけど、本当に便利。

表紙からちぎっていけば、monthlyページも一発で開けるようになります。

_DSC5346.jpg

巻末付録も、世界地図から日本の郵便の料金表、ワインのヴィンテージチャートまで充実しております。

ヒマなときこの地図を眺めるのが楽しいです。

フランスだけでなく世界の主要な国々・地域が載っているので、渡航先でも使えそうです。






購入時の写真。

_DSC5341.jpg

Rhodia No.12 5冊と一緒に購入し、送料をタダにしました(^^*)

今後もずっとExecutive Notesを使い続けるかどうかは分かりませんが、

もしExecutiveを止めたとしても代わりにVisoplanは使うことになりそうです。

スクエアのExecutiveはもうちょっと書く量が多い人に適していると思います。

Visoplanは最高に使いやすいのだけれど、2冊持ちが前提になってしまうのが欠点です。

Citizen Alterna


Category: watches   Tags: ---
_DSC6567.jpg

中1~中3?高1?まで使ってたCitizenの8000円のクオーツ(インデックスがラインのみで、青ダイヤルデイデイト)のデイト表示が2回修理しても直らなくなったので、買い換えたものです。

青ダイヤルはSEIKOのを一本持っていたので、黒にしました。

そうそう、これは広島のフジ本店(現フジグラン本店)の時計コーナーで、

普段用の時計が要るのでどうしても、ってその場で選んだものです。

なんとなく納得の行く買い方をしたわけではなかったので、その後の扱いは荒いです(笑

G-SHOCK買うまでスポーツ時でもずっとコレ付けてるし(100g以上あるので普通に重いですよ)、

出先で温泉に一緒に入るし、汗かいたら洗剤で洗うし…

でも一度も音を上げずに動きつづけてくれています。感謝。

今は色々時計が増えてしまったので、夏場に黒文字盤の時計でコーディネートしたいときだけ使っています。

毎年夏になると、黒ダイヤル+金属ベルトでまともなのが一本欲しくなります(笑

鳥羽水族館とその他の写真をUP


Category: Photo, Camera   Tags: ---
去年行った和歌山の写真(3枚だけだけど)

http://www.flickr.com/photos/28864801@N07/sets/72157625762051266/


鳥羽水族館の写真(ゆっくり撮れ無かった)

http://www.flickr.com/photos/28864801@N07/sets/72157625708260405/




他にも地味にちょっとずつあげてるので、良かったらご覧になってくださいな(^^*)

agnés bの時計


Category: watches   Tags: ---
_DSC6566.jpg

元々は父親のもので、母親の懐中時計(これもagnés)とペアで買ったものだそう。

ところが気づいたら父親が懐中時計を取り上げてしまい、

この腕時計の出番が減ったところで自分が使い出して、何年か前にそのまま公式的に自分の物になったという。

だから10年ちょっとが経ってるんじゃないかな?

ケース径が34mmと小振りで50g台と軽量なので、腕時計が邪魔臭いなぁってときは専らコレです。

ベルト・インデックス・ハンズがシルバーで、ダイヤルだけがパールという完全ツートーンな時計です。

ヨーロピアンなインデックスのデザイン、細くシルバーな秒針がとくにお気に入り。

ダイヤルも光の当たり方で若干輝きが変わるから、プレーンな感じがしなくて好い。

かなりのお気に入りの一本です。



_DSC6561.jpg

因みに超音波洗浄機をかけたとき、最も効果の高かったのがこの時計でした。

ベルトの真っ黒い汚れが一気に落ちて、ピカピカになりました。

自分の時計は昔からちゃんと、汗をかいたら簡単に水洗いするなどして使ってきたのですが、

あの父のことだから汗っかきな上に使ったらそのままだったのでしょう。

まぁ、サビ等無かったので、良し(笑

皆さんも時計は大事にしてあげてくださいね~

Pelikan Blue Black


Category: Stationery   Tags: ---
_DSC6558.jpg

万年筆のインクと言えばBlue Black。

Pelikanが古典型のB.B.だと知らずに購入したあの日から4年。

どう頑張ってもスポイト以外ではインクをまともに吸うことが出来なくなったので、

友人とモリタ万年筆店に寄ったついでに2本目を購入しました。

古い方のボトルは、2年前からグレイとした言えないような色合いになっており、改めて新品との色合いの差にビックリです。

_DSC6528.jpg

あぁ、ブログに出すぐらいならもっと綺麗に書けば良かったorz

上の段が2007年に購入したB.B、下二つが2010年11月です。

真ん中と一番したとで色合いが違うのは、同じペンでもインクを浸けた直後でフローがだくだくの状態なのと、

コンバータの容量8割使って安定してきたときとの差です。インク自体はほぼ同質。

いやー、こんなに青かったっけ?と最初は思いましたが、

同時にあの渋い青色にちょっと戸惑いを覚えた高校時代を思い出しました。

今見ると、派手とは言いませんが、十分鮮やかな青色に感じられるのですが・・・(笑



PelikanはMontBlankと比べれば緑系統のB.B.であり、間違いなく自分の好みです。

古典B.B.ではLamyのみ未経験なので、いつかは一応試してみる予定ではあるけれど・・・

Pelikan B.B.はお気に入りなので、これからもずっと、お世話になる予定です。

Eunos Roadster


Category: Uncategorised   Tags: ---
DSCF0808.jpg

本当に昔っからこのクルマが大好きなんです。

ちょっと前まではSR LTDやS-specialのような、スポーティーなグレードに目が行っていましたが、

最近はひたすら緑のV-specialにタン色の内装が気に入っています。

DSCF0809.jpg

まぁ、緑自体昔っから大好きだったんですけどね。

ご覧のとおり、トミカ2台、ラジコン、京商の1/18スケールと所有していますが、そのうち3台が緑色です(笑

そういえば幼稚園の頃も緑のミニクーパーや薄緑のスバル360がお気に入りだったなぁ。

この1/18スケール、今売ったらいくらになるんでしょう・・・

Ebbroの1/24でさえ、緑色は人気過ぎて定価の倍近くで取引されているのを見たことがありますが、

1/18なんて流通してるのを見たことがないです。

これまでの人生のうち最も成功したと自分で思えることは、10年前にこの1/18スケールの緑のVspを購入してたことですかね。

(↑言い過ぎ)

Nardiの内装が再現されていないので、今度自分で塗装してみるかなぁ。

木目ってどうやって再現すればいいんだろう・・・




あぁ、早くこのクルマが自分の元にやってきて、可愛がれる日が来ないかなぁ。

ランプ類を北米仕様に改造して、トランクにキャリア付けてみたいなぁ。

平日はカバー掛けて保存して、休日には朝から洗車してWAX掛けして・・・

あ、妄想スミマセン。



もうひとつ、ロードスター関連でレアなもの。

DSCF0831.jpg

ロードスターの後ろ姿が描かれた、テレカサイズのプレート。

元々何の為に存在しているのかは分かりませんが、母親の実家が広島で、マツダ関係者も多いのでよくこういうモノを貰います。

他にも787Bのテレカとか、BG型ファミリア4WDの新品テレカなんかもあります。

家を建て替えるときに整理したときなんか、コスモスポーツが発売されたときマツダがREをアピールする為に作った冊子が、それもかなり綺麗な状態で出てきたこともありました。

同時期の古~いカタログなんかも、一緒に・・・全く物持ちの良い祖母だったこと(笑

これらの遺産は、これからも大事にしていきたいと思います。

Misono UX10を使い続けて1周年


Category: Gourmet   Tags: ---
_DSC6554.jpg

購入時には、自分の技量には全く見合わない代物をまた買ってしまったなと思ったものです。

実を言うと、去年の春頃までは少し恐れながら使っていました。

いつ左の人差し指・中指を切るかなぁ、って思ってまして。

実際玉ねぎをスライスしているときに、ほんの1,2ミリほどですが、2回ほど切りました。

でも、血が出ない程の切り方でした(笑

夏には白ワインに合うおつまみを作りながら料理する、というのを結構やっていましたので、それでこの包丁の扱いにも慣れたのかも?

440ステンレスのペティナイフを手に入れた時に思ったのですが、なんだかしっくりこないんですよね。

よほどこの牛刀に身体が慣れてしまったようです。

要するに ←久しぶりに大きい文字使ってみた

MisonoのUX10のバランスは、素晴らしいです。本当にしっくりと、手に馴染みます。

牛刀を選んだ理由の7,8割が、「あの三徳包丁よりも細身のデザインが好みだった」 なんですけど、

最初はスライスはやり難いんじゃないかと思ってましたけどね。

今では手にしっかりと馴染んでますので、リズムよくスライスは出来るようになりました。

ここら辺は、単なる技量の向上も寄与してはいますが、間違いないと思います。

寧ろ最近は牛刀の刃先の細さが大変便利で、もう三徳包丁は要らないと思っています。

(例えば、タッパーに入れたバターを切り出したり、といった場面で大活躍。ペティも使うけどね。)




それと、Mixono UX10の謳い文句は、「ハガネ包丁なみの鋭い切れ味と砥ぎやすさ」

ハガネ包丁は普段からは使っていないので良くわかりませんが、とりあえず刃付きだけでも安物とは大違いです。

福山や広島に帰る度に包丁を5,6本砥いでいるのですが、食いつきが悪い割に切れる刃が付かない包丁もあります。

対してUX10ですが、とりあえず切れる刃は付けられる程度の技量の自分でも、簡単に切れ刃が付きます。

どうやら、ちょっと砥いだらよく切れるというのも、間違いないようです。

シャプトンの#1500と#5000で仕上げていますが、新品時を思い出すような、触れただけでサクリと刃が入るような切れ味が復活します。

それでも、1,2回使うと"サクリ"感は消えますが、良く切れます。

一人暮らしなのもありますが、2週間~3週間は砥がずに使えます。

年末包丁を研いでから帰ろうかと思ってたのですが、帰ってきたら実家の砥ぎ直してあげたどの包丁よりもよく切れたので、再び感動しました(笑

トマトが切れない状況なんて、もう考えられません。(もちろんこれには手つきも重要ですが)

但し、本気で永切れする包丁が必要な場合には、ハガネが良いと思います。

体感的には例の堺の包丁の2,3倍永くもつかな、という感じです。





結論。

ステンレスで(←ココ重要)簡単に砥げて刃持ちも良い包丁をお探しなら、UX10はベストチョイスであろうと思います。

高い包丁ですが(今更ながら定価が2万を超えていることを再認識し、驚いた)簡単に砥げるし、意外と気軽に使えます。

冷凍モノ、極端に硬いモノを避け、刃をこじったりするような使い方をしなければ刃こぼれも殆どありません。

なによりステンレスなので酸や水気に強く、清潔です。ここが気軽に使えてしまうポイント。

本当は年末に書きたかった記事ですが、2010年で購入して一番良かったものはこのMisonoの包丁でした。

got a pro account on Flickrr


Category: Photo, Camera   Tags: ---
HERE my photo stream

アカウント取得以来2年以上が経ってますが、twitterとの連携が便利だと感じて本格運用を始めたFlickrr。

取得時はブログとの連携を考えていましたが、FC2は事実上容量無制限だし、そもそもproアカウント取る気は無かったしで結局殆ど使うことがありませんでした。

時々臨時で、写真のファイルサーバー的に使ってはいましたが、それもどうせ自分用なのならとGmailでやりだして、益々使う機会が減っていたところに、twipicの代わりにと使い始めたのが本格運用のキッカケ。

本格運用し始めて気づいたのが、やはり写真を公開する場としてFlickrは世界の多くの写真家が求める機能がちゃんと揃っているなと。

簡単・便利・高機能・直感的操作・・・といった基本要素が上手く盛り込まれている。(と思うよ!)

その上、円高が続いている今はproアカウントの年間$24も気にならないかと。

いや、本当は一ヶ月だけ、$2ならいいやーって登録しようと思ったんですけど、

一ヶ月ってのが無かった+その日は気分が良かった

というある意味不順な?理由で、pro userになってしまいました(^^;)




まぁ、これからは過去の写真、それもF700で撮ったものも含め、公開していく予定です。

Lightroomを7に移行させたついでに、フォルダの整理をしたり、F700の写真もLightroomで処理するようにしたついでに、

昔の写真もほぼ全部目を通してみたのですが・・・

年を経るにつれ、多少は撮るのも上手くなってる気がしました(^^;)

最近になってやっと、綺麗な写真を撮りたいなぁと思うようになってきました。

実を言うと、今までの心意気は、不鮮明で意味不明な素人写真だけはヤメよう、という程度のものでした。

ブレ・ピンぼけ・露出・日の丸構図が避けらればいいかなぁって。

確かに撮るのは好きで、F700でも色々変えながら撮っては楽しんでましたが、なんかこう、表現するのは好きじゃなかったんですよね。

極端な話、切り取ればいいとか写ればいい、みたいな感じ。

最近は人様の綺麗な写真に魅せられたせいか、自分も少しは綺麗な世界を表現できたらなぁ、と思うようになりました。

Team Viewer


Category: PC&Game   Tags: ---
Team Viewer Official site

Screen shot 2011-01-02 at 23.43.09


こんなに簡単なのに、こんなに便利だとは思いませんでした。

正月はメインPCの電源をONにしたまま帰省し、実家のPCからTeamViewerを介してLightroomのslideshowを楽しむことができました。

一応かなりの負荷らしく、Lightroom使用中はQ6600ですが4つのコアが常に30~80%動いているような状況。

quality優先状態でサムネイルを一気に表示するときなどは、流石に処理の重さが気になりましたが、

それもバッチ処理させるように上手く操作すれば普段操作するスピードとほぼ同じになるので問題なし。

これならMacBookAirを持ち歩いてるだけで、学校からも気軽に家でやっている操作を行えるわけです。

勿論、LANに繋がれたPCであれば、他人のPCであっても可能なわけです。

あとは出先から誤ってshutdownさせない、ということに注意するのみ(笑

興味のある方はお試しあれ(・3・)

賀正


Category: Uncategorised   Tags: ---
新年おめでとうございます。

12月はちょっとサボってました・・・

が、今年もよろしくお願いします。

01 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

12

02


 
Profile

griffith5000

Author:griffith5000
趣味や雑記を、気の向くままに書いていこうと思います。最近はカメラ・文具・デジタル機器の話題が中心です。
コメントはお気軽にどうぞ(^^)

TOTAL: 検索エンジン登録
TODAY: SEO対策
YSTRDY: メール配信

アクセスアップ


  • Administrator
  •  
     
     
     
     
    Internal Search
     
     
     

    Archive   RSS   Login