Griffith's Favourites

ライフハックとまでは行かないけど、物好き記録の場所。良いものを永く使いたいな。(*Flickrリンク切れは随時修正予定)

 

Faber Castellの鉛筆を限界まで使ってみました


Category: Stationery   Tags: ---


鉛筆削りでも削れなくなって、更にナイフで削るのにも限界の短さになってしまいました。

測ってみるとわずか16ミリ・・・もう削るにも支える場所がありませぬ(^^;)

ちなみにFaber Castell 9000は10年近く、個人的好みな書き味不動の一位です。

でも、先日手に入れたコーリンもかなーり良いです。

早速削った2Hはあれから毎日使っています(笑




しかし、最近芯ホルダーの使用頻度ががくっと落ちちゃいましたね・・・

ま、そのうち回帰したりするでしょうから、特に心配する必要もありませんけど(^^*)ゞ

コーリンの鉛筆を買いました


Category: Stationery   Tags: ---
さすがに1ヶ月近く放っておくのも悪いな・・・ということで新年一発目はこれです。




先々週、仙台より客人を迎えたのですが、その道中で見つけた古ぼけた駄菓子屋。

そこで見つけた文房具がまさかのコーリン鉛筆でした。








さすがにHBより濃いやつは残るはずがないのでHと2Hですが(笑

でもちょうど、2H〜4Hぐらいの鉛筆を書いたそうと思っていてときだったので良かったです。









さっそくナイフで削って使ってみました。

2Hだけど国産なので、Faber Castell 9000のHBぐらいです。

これなら普段用にでも全然いけるってことで早速毎日使っています♪








みんカラ、FC2、Facebookと3つもあって地味に大変ですが、やはりこのブログは記録用として止めるわけにはいきませんね。

あとから読み返して、あのときあれをいくらぐらいで買ってこうだったのかー

となるので。そのときは真剣でも、案外人間の記憶って廃れるのが早いものです。

ま、年取った証拠でもあるかな(笑

逆に些細なことでも一生覚えてたりするのは面白いですけどね〜

Lamy Spirit Palladium Coatを購入しました


Category: Stationery   Tags: ---


というのも、去年の年の瀬だったりするのですが・・・(笑

もう何年も前から欲しかったSpiritのPalladium Coat、急に物欲が上がり

その上既に廃盤ということに気づき購入したわけです。

確かヨドバシオンラインで最後の2つで送料込み5k超えでした。







一昔前の在庫の豊富な頃よりは高いのですが、これが最後のチャンスとばかりの購入でした。

届いて実物を見てみて、色合い・表面の仕上げを眺めてみるとやはりステンレスではなく

パラジウムを選んで良かったなぁ、と思いました。

シャンパンゴールドっぽい感じですが、イエローさは抑え気味の風合い。

20代前半でも身につけてておかしくない色合いですし、安っぽさも皆無。





細身を利用したこんなところでも入りますし、







かのロールペンケースにも規格外の場所に収まります(笑





リフィルはLamyの純正青を購入しました。

やはり書き出しは悪いです・・・1文字、3文字ほど書かないとマトモにインクが出ません。

ただ、出だすとぬるっとした感触で非常に好みです・・・(笑

色合いはLamyらしいというか、普段使ってるCaran d'Acheよりも派手目。

ややマゼンタよりで彩度が高い、という表現をすれば正しいでしょうか。

(写真ではホワイトバランスの悪い光源なので、色を再現できていません)






手帳に適した細身のペンということで、5月からはQuovadis手帳に付けっぱなしです。

昔っからこの手の用途では話題の、モレスキンのペンホルダーを付けてみました。

Spitritは細身なのでそのままでは無理ですが、絞れば上手く使えそうです。

暫定ですのでクリップで留めていてカッコ悪いですが、そのうちピッタリサイズに縫ってみようかと思います。

Quovadis Executenotesに絶賛回帰中です


Category: Stationery   Tags: ---



去年からスケジューラをiCalにまとめてしまい、

2010年から使い始めたExecutive Notesは2013年度は買わず仕舞いでした。

手書きの手帳が無い寂しさと引き換えに、iCalの便利さを堪能していたのですが、

転機は今年の5月。所属部署が設計やらなんやらやるところなので、情報機器の持ち込みが禁止でして(汗

携帯もカメラも持ち込めないのですが、これはまだいいです。

もともとひっきりなしに携帯・スマホ使うタイプでは無いですし、カメラも普段必要ないかと。

ただ、出勤を早くして朝にiPadで新聞やナショジオを読んでから業務へ・・・

という夢は見事に打ち砕かれました(笑

代わりに2014年度から再びQuovadisを運用中なのですが、

手書き手帳が復活する愉しみもありまして、一概にも欠点とはいえないのが複雑・・・(笑

変わらぬ書き心地、使い勝手。

どうやら、これからもお世話になりそうな予感です(笑

恒例行事


Category: Stationery   Tags: ---


毎年恒例の年賀状・・・を書くためのペン選びですww

何気に全部ではないので、今度手持ちのペンの集合写真撮ろうかな?

このあとインク選びも待ってます・・・これも選択肢が軽く20以上(爆

でもでも、諸先輩方を見てるとまだまだ軽傷序の口だと思っています(笑





さっき包丁を研いだ手はお風呂で綺麗になったけど、この度はまたインクで汚れる始末・・・

インク、残り半分切ってくるとどうしても手が汚れちゃうのよね。

某店舗で試筆用にMontblancのインク瓶にPelikanのBBを入れてるんだけど、その意味がよく分かります(笑

セーラーのペンクリに行ってきました


Category: Stationery   Tags: ---
_C135143

先週は大阪梅田阪急でペンクリが開かれてまして、平日ですが金曜日に行ってきました。

平日だから少ないだろうと思いましたが、11時半に着いたところ既に2時に来てください状態でした(^^;)



_C135146

↑阪急の9階。なんだか心やすらぐスポットでした・・・(笑





今回の患者さんはキャップレス デシモです。

実は筆記角が合わなかったのですよね・・・(汗

でも、筆記角が合わないだけで調子が悪い子ではなかったので、

逆に僕がペンに合わせるカタチで使っていました。

それがストレスで徐々に使わなくなり、ここ半年ほどはずっと休ませたままだったのです。

2013年前半は関西地区でのペンクリ回数も少なかったですし、

去年から待ち続けて今回やっと持ってこれたという感じですね~




インクは抜いて持っててたので、その場でボトルインクにちょんちょんと漬けて、試し書きしながら実は・・・

と言いかけたところで、「はい、大体わかりました」と長原先生。

お、流石と思いつつ安心して一任(笑

長原先生には前回、カスタム823を思いっきりスタブ調に砥いで貰いましたが、

これがもう至高の使い心地なのですよね〜(笑

さてさて、研いで貰っている間は長原先生の研いだ細字のペンを試し書きしたり、

万年筆について色々聞いてみたり。

まず、キャップレスのニブは特殊ですか?と聞いてみたところ、

やはり特殊なようで、ニブの先端が蓋を押し出すので上面には手を付けられないそうです。

ちなみに父は研がなかったそうですが、

「私は節操のない研師ですから」

そう言いつつ相手にしてくれました(笑 そういえば823の時もそんなこと言われたなぁ・・・ww





そしてもう一つ、前々から聞いておきたかったのがLamy Studioのペン芯からインクが漏れる症状。

これについては、

 ・キャップはスクリュー式では無く、カチッと閉まるタイプ。カチッと閉める際、空気の流れに伴う圧力差でインクが出る。

とのことでした。これを助長しているのが、

 ・ペン芯に蛇腹が無いのでインク貯めが無いこと

 ・ボディが真鍮で熱伝導が良く、長時間使用していると体温で内部の空気が膨張→(以下略)


なるほどね〜


 ・キャップを締めるときは上向きで

 ・持ち運ぶ際もとにかく上向きで


との事です。もうね、一時期は故障かとも思っていたほどですが、非常に納得しました(^^)

これからも安心して使っていこう・・・

と、思ったのですが、このStudio君も出来ればペンクリに出したいのですよね(笑

でも最近使ってないせいで、何処が不満だったのか半分くらい忘れちゃったので思い出すためにまた使おう・・・w




_C135151


さて、調整後のデシモくんですが、当然筆記角は改善されました!(笑

あと、字幅はどうする?と言われたときにほんの少し細めで・・・(中字よりは太く)

とオーダーしたのですが、フローを少し減らす方向で調整されたようです。

お陰で書いた文字が乾くのが早くなり、さっと出してさっと使いたい目的で購入したデシモくんにはピッタリかも(笑

ただ、フロー自体は前のほうが書き味良かったかもです。

このニブはどうも紙の上を滑らせると「ニギニギする」(←なんて言ったらいいんだろう?)感触がありまして、

よく考えたら購入時からありましたし、フローを減らすと強調される模様。

これが気になるかどうかは今後使い続けてからまた考えますが、とりあえず筆記角のストレスよりはだいぶマシですね(笑






ペンクリ、ソネットとステュディオがあるので、最低でもあと2回は行かないとダメだなぁ。

ま、来年またゆっくりと考えましょう・・・(^^*)

コーリンの鉛筆をダース買い


Category: Stationery   Tags: ---
_1110816

これも北海道での話なんですが、二回目に釧路を通った際に、摩周湖方面へ向かう途中で文具屋を見つけたので

わざわざUターンしてまでINしました。

ここへ車での間も2〜3件、古びた文具屋が気になってたのですが、クルマを停める場所とかなんとかでずっとスルーしてました。



_8293727

鉛筆コーナーを物色していると早速コーリンの鉛筆が目に入ったので確保しました。

流石にHB以下の硬度は置いてなかったですが、Fとか2H、4Hは沢山あったのです。

店員さんが出てきたので、ついつい、

「これ結構古いでしょ?いつからあるの?」

とか少々興奮気味に話しかけてしいました(爆

「拘りがあるんですね。良かったらダースもありますが?」

こう言われたらダース買いするしか無いでしょうww

硬度的に国産のFならちょうど良く使えますし、これは大収穫でホクホクでした(ノ∀`*)

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10

12


 
Profile

griffith5000

Author:griffith5000
趣味や雑記を、気の向くままに書いていこうと思います。最近はカメラ・文具・デジタル機器の話題が中心です。
コメントはお気軽にどうぞ(^^)

TOTAL: 検索エンジン登録
TODAY: SEO対策
YSTRDY: メール配信

アクセスアップ


  • Administrator
  •  
     
     
     
     
    Internal Search
     
     
     

    Archive   RSS   Login