Griffith's Favourites

ライフハックとまでは行かないけど、物好き記録の場所。良いものを永く使いたいな。(*Flickrリンク切れは随時修正予定)

 

Mongol 800のCDを買いました


Category: Music   Tags: ---
_DSC1694.jpg


恐らくですが、邦楽のCDというものを初めて買いました。

ミソノの筋引のときにニコ動の料理動画を紹介しましたが、ぶっちゃけあれのBGMがキッカケなのです(笑

なんとなく好きになってしまったのを思い出したので、Amazonさんで中古CDを購入してみました。

2枚で1000円ちょっとです。ヤフオクだともうちょっと安いかもしれませんが、まあやりとりとか面倒ですし(笑

Mongol800について軽く調べてみると、どうやら沖縄出身のグループみたいですね。

確かに、ちょっと変わった響きのする箇所があるなぁ、と思っていたので納得です。

カラオケ行くと、人によっては歌う曲が本当にゼロなので、コレを機にレパートリーに加えてみようかな・・・

Atudiotechnica ATH-EM7


Category: Music   Tags: ---
_9294451.jpg

古いです。中学生のときに買ったものです。

確かデオデオで買って、7000円か8000円ぐらいしたっけなぁ。

耳掛けはあんまり良くないと言われつつも、デザインが好きなので買ってしまったものです。

最近になってもごくたまーに使ってたのですが、ご覧のとおりゴムがちぎれてしまいました。

この状態で使うと針金が直接耳に当たるのでちょっと痛いです(^^;)

ヘッドホンはポータブル用はAKGのK412Pに任せて、そのうち家用には古くていいからStaxでも買おうと思います。





そうだ、どんな人がここを見てるのかあまり良くわかってませんが、このゴムだけ補修する方法ってありませんかね?

1000円以下で直せるのなら直して使いたいなぁ〜

C.P.E.Bachのオルガンソナタ


Category: Music   Tags: ---
_2195922.jpg


実はコレ、買い直しなのです。

2年ぐらい前に実家から帰ってきたら、何故か中身だけなくなってて・・・

一枚千円ぐらいだった記憶があるので、買い直そうと思ったら当時は在庫切れ。

先日久しぶりにAmazonのWishlistを覗いてみたところ、在庫アリだったので注文しておきました。

C.P.E.Bachの中でも比較的聴きやすく良い曲が多いアルバムだと思います。

C.P.E.Bach好きでオルガン好きなら、オルガンソナタはこれ一枚で全曲入ってるらしいのでオススメです。

また、マイナーな作曲家は酷い演奏・録音のものも時々ありますが、これは一定レベル以上で十分鑑賞に堪えうるものなのも良い理由です。

Christopher HogwoodのCDを買いました


Category: Music   Tags: ---
_2025106.jpg

最近はボックスで買うことがあまりありませんね。

なので1枚、2枚で指名買いすることが多い気がします。

前から欲しかったけど在庫無しの状態が続いてたホグウッドのCD。

Clarinet、Oboe、Flute&Harpのコンチェルト3本立てです。

色んな楽器を楽しむのが好きなので、どうしてもコンチェルトや小編成の楽曲ばかり増えてしまいます。

演奏事態は比較的小編成の古楽器で演奏されてて、飾り気は無く地味ですが、最高に心地良いです。

古楽器の中でも比較的綺麗な楽器が多い様で、古楽器好き出なくてもそのちょっと変わった音色を気持よく楽しむことが出来ると思います。

華やかさや重厚な感じは無く、情熱的でもなく、優しく軽やかに感じます。

なるほど、これがイギリスらしさなのかもしれない・・・と、妙に納得してみたり。

一枚1,780円ですので、一枚1,000円が基準な僕としてはちょっと高かったのですが、その価値が十分ありました。

明けました


Category: Music   Tags: ---
おめでとうございます・・・って、もう遅すぎですね(^^;)

卒論で忙しい?というよりは、変な生活リズムのせいで無駄に時間を失ってるだけのような・・・気がします。

諸用があって、最近自宅の自作PCのシステム全部をオフィスに移動させました。

オフィスに現在出来る最強の環境を整えた。自作のミドルタワーPCに広色域フルHDモニタ。もはやネタレベル。寧ろネタの為かも。

1,2週間限定のつもりだったのですが、快適さはかなりのものです。

修士でいる間もう2年、こうやってオフィスに置いておこうかなと考えてるぐらいです。

電気代は掛からないのも大きいです。

自宅に要る時間 < オフィスに居る時間 なのに、暖房代わりに意味もなく24時間も稼働させてたりして・・・

かなりムダでした(^^;)









それと、先日Gustav Leonhardtが亡くなったらしいですね。

去年の5月に西宮のホールで彼の演奏を聴いておいて良かったと、改めて思いました。

この数年は身体の衰えが進んでるように見受けられましたので、そう長くは無いなと思っていたのも事実です。

ご冥福をお祈りいたします。

チェンバロコンサート


Category: Music   Tags: ---
予てから目を付けていた小ホールにてチェンバロのコンサートを見つけたので行ってきました。

このホール自体は大阪に来た瞬間にリストアップしていたのですが、古楽器は年3~4回ぐらいなのと、イマイチ日程が合わないのとでずっと縁のないままでした。

今回は中田聖子さんという方だったのですが、曲目が全てJ.S.Bachで、Goldbergの大曲を始めとした4曲の演奏でした。

Photo 18-12-2011 18 16 49

今回は20~30人しか入れないホールでしたので、響きの悪いところでしたが、実は一度こういうところで聴いてみたかったのですw

その上直前に入室したにも関わらず、楽器のすぐ近く、それも1.5~2mぐらいの距離の席に座ることが出来ました。

今年は良い演奏を聴き過ぎたのか、音がバラついてるのと何度か肝心なところでコケそうになってるのとが気になりました。

が、一応はプロですので安心して聴くことが出来るときはかなりゆったりと出来ます。

個人的にはBWV.974が少しゆっくり目の演奏で一番気に入りました。

この曲は何度か聞いたことががあって、LeonhardtのScarlattiのアルバムに収録されていた(と思う)

本人も今回はこれが最も思い通りに近い演奏が出来たと思っているのではないでしょうか。

しかしまあ、学生2,000円でこれだけ聴けるのならまた行きますw

とりあえず、チェンバロの生音は最高です。癒されます(笑

Knneth Wiess Goldberg Variationen


Category: Music   Tags: ---
今日は待ちに待ったハープシコード(チェンバロ)のコンサートの日でした。

Kenneth Weiss氏(ケネス・ワイス)によるゴルトベルク変奏曲(Goldberg Variationen)です。

実はチケット発売とほぼ同時に購入してました(笑

詳細はこちら http://www.allegromusic.co.jp/KennethWeiss2011.html

ま、皆さんあまり興味ないとは思いますが・・・


雨は止んでたので開場にたどり着くのは思いの外楽で、ラッキーでした。

予想よりも早く着いたので、開場と同時に入場したのは良いのですが、

コーヒーの匂いに誘われて・・・

Photo 11-11-2011 18 34 55

誘惑に負けました。一杯400円なんですよねー。この一杯が一日の食費の半分って・・・w





で、肝心の演奏について。

Ariaが始まったとき、演奏が速いかと思いましたがその後は丁度良い感じでした。

緩急の変化はやや強めでしたが、嫌味な感じではなく、弦の使い分けはほぼ理想通りで結局始終安心して聴くことができました。

流石にGoldbergともなると聞き込み過ぎるてるのか、ミスタッチがやや気になりましたが・・・やはり生音は最高です。

スピーカーが鳴ってるのではなくて、ちゃんと空気を伝って耳に入る感じです。

特にチェンバロの場合、複雑味のある中低音、透き通る高音ですかね。

ただし、今回はA席で真正面にも関わらず最後尾の席だったので、音の小さいハープシコードでは少し遠く感じました。

(前回のLenhardのときは真ん中より1列後ろの、ほぼ正面のかなり良い席でした)




アンコールは2曲。最初は結局誰の曲かよく分からないけど、ショートピース。

作風はバッハよりはヘンデルに近い感じでした。帰りにアンコールの曲目を見て帰るのを忘れました。。。

2曲目はスカルラッティのソナタって言ってました。

Scarlattiは大好きだけど、何が来るかなー?と期待。

・・・K.492で、知ってる曲でした。曲自体は完璧に覚えてたけど、番号は流石に帰ってからiTunesのライブラリを捜索しましたが。

ま、スカルラッティは555曲をほぼ聴き込んでるので仕方ないですね(笑

因みにジャーマンで聴くスカルラッティは初めてでした。

それはそれで不思議な感覚で良かったのですが、今度は歯切れのよいイタリアンで生音を・・・と、思わざるを得ませんでした(笑







しかし、チェンバロのリサイタルは毎度のこと年齢層が高いです。

平均年齢が50ぐらいじゃないの?って感じ。

僕より若い人はパッと見では、親に連れられた子供3人だけでした・・・w

ま、仕方ないですがね。

その代わり、有名な指揮者や演奏家がわざわざやってきたときと違って、観客のマナーが良いです。

これって実際に鑑賞するときには意外と大きなファクターだったりするんですよね。

そういう点も含めますと、チェンバロリサイタルは毎回かなりの満足感に包まれる感じがします(^^*)

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03

05


 
Profile

griffith5000

Author:griffith5000
趣味や雑記を、気の向くままに書いていこうと思います。最近はカメラ・文具・デジタル機器の話題が中心です。
コメントはお気軽にどうぞ(^^)

TOTAL: 検索エンジン登録
TODAY: SEO対策
YSTRDY: メール配信

アクセスアップ


  • Administrator
  •  
     
     
     
     
    Internal Search
     
     
     

    Archive   RSS   Login